癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 局所・領域再発 » 外科手術

外科手術

掲載している治療法は保険適用外の自由診療を含みます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

再発時に外科手術できる症状とは

外科手術ができるのは、再発した癌細胞が固まりになっており(固形癌)、1つの臓器だけに留まっている局所の癌のみです。局所のみの再発で癌細胞が確実に原発巣に留まっていれば、外科手術によって治癒が望めます。

ただし、リンパ節に転移していたり、遠隔転移したりしてしまった進行癌では、外科手術では根治が目指せません。再発時は他の臓器への転移をしている可能性が高いため、手術することができないのです。

外科手術の優れている点

癌における外科手術とは、癌細胞がある組織を直接切り取って摘出する方法です。癌細胞を安全に切除するためには、癌細胞のある部分だけではなく、場合によっては正常な部分も含む一定範囲を一度に切除する必要があります。

以前までは癌の切除の際に身体への大きな負担となることが懸念されていました。しかし近年では医学の進歩に伴い、小型カメラのような内視鏡を用いて切除したり、腹腔鏡や胸腔鏡といったカメラを使った鏡視下手術をしたりすることで、そのリスクを大幅に軽減しています。

外科手術のデメリット・副作用

癌における外科手術は、癌細胞が局所に留まっている場合に、目視で確認できる部分を取り除く治療。そのため、癌細胞が血液やリンパの流れにのって他の部位に転移している場合は、手術は適応となりません

場合によって癌細胞だけではなく、正常な細胞も切除するため、手術後に臓器の機能が低下することもあります。例えば、咽頭癌の外科手術で癌細胞だけでなく声帯も切除しなければならない場合、声が出せなくなることが。

また、胃癌で胃を切除した場合は胃が縮小し、手術前よりも消化機能が低下する場合もあります。術中・術後共に体力を使うため、癌治療などで身体が弱っている患者さんの場合、適用が難しいことも少なくありません。

外科手術を行うまでの流れ

多くの場合が手術の1~2日前に入院します。外科手術が決まったら、事前に入院生活の説明や麻酔の説明や、必要に応じて手術に向けての検査を受けるためです。

手術当日は準備を整え、麻酔がかけられてから手術に臨みます。

手術自体は、短時間で終わるものもあれば10時間近くに及ぶ場合もあります。癌細胞の大きさや部位によっても、難易度が異なるためです。

手術後は、数日経過して体の状態が落ち着いたら退院となりますが、患者の希望や状態に応じて、再発の予防のための薬物治療や放射線治療が行われることも。その後も5年間ほどは定期的な検査を通じて経過を見ることになります。

放射線治療という選択肢も

近年優れた機器も開発され、癌の第一選択肢として標準治療の柱となっているのが放射線治療です。放射線には細胞の遺伝子に直接作用して細胞が分裂する能力をなくしたり、細胞自ら死んでいく現象(アポトーシス)を増強させて細胞を破壊させたりする力があります。放射線治療と手術は、局所にある癌細胞を集中的に治療するという点で共通の利点があります。しかし手術の場合、癌細胞を取り除く際に周辺の正常組織も一緒に取り除かなければなりません。放射線治療の場合、照射を受けることで正常細胞も影響を受けますが、正常細胞は回復力があるため臓器の機能不全を引き起こすことは極めて少なく、その機能を維持することができます。

ただし、放射線治療は少なからず副作用が生じます。その症状は、吐き気・食欲不振・下痢・腹痛・だるさ・脱毛・皮膚炎など。照射した部位や個人の体質などで差はありますが、治療中や直後など比較的早期に副作用が生じる場合と、半年から数年後に副作用が生じる場合があります。外科手術とどちらが患者さん自身の治療に適しているかは、医師との相談が必要となります。