癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院

再発癌・転移癌の治療に取り組む病院リスト

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

Clinic C4

Clinic C4は、がんをあきらめないクリニックです。がん細胞を攻撃しつつ負担の少ないトモセラピーによる放射線治療を行っていて、転移したがんに対しても治療実績を積んでいます。複数の器官への多発転移にも対応できるため、転移癌で放射線治療を受けるならClinic C4を検討してみてください。患者さんへの説明を怠らない医療が青木院長のモットーです。

また、このクリニックではがんにかかってからも生活の質を下げないよう、スタッフが積極的にサポートしてくれるようです。治療から普段の生活のことまで幅広くケアし、患者へのよりよい治療提供を目指していきます。

Clinic C4の病院情報

Clinic C4の治療方法

再発癌・多発転移癌に対しても、分子機構の修正を行う薬剤とトモセラピーとの併用により積極的な癌治療を行います。

Clinic C4の医師

院長

青木幸昌

青木院長の主な経歴

東京放射線クリニック

東京放射線クリニックは、人にやさしい放射線治療を目指しています。治療を受けに通院する患者さんの負担を減らせるよう、落ち着いた音楽をかけるなどの工夫をしているとのこと。放射線治療で毎日病院に通うことが、人生の息抜きタイムを過ごすような時間にできるようにしているようです。

クリニックは完全予約制で、待ち時間なく治療が受けられます。仕事をしながらといったライフスタイルに合わせた治療が可能です。

東京放射線クリニックの病院情報

東京放射線クリニックの治療方法

高精度放射線治療を用いて再発・転移した癌に対して局所放射線治療(モグラ叩き療法)を行います。

東京放射線クリニックの医師

柏原賢一

柏原医師の主な経歴

国立がん研究センター中央病院

全国民の2人に1人ががんにかかる時代に、国立がん研究センター中央病院では希少がんにも対応した医療を提供しています。がんに対する医療の開発、治療など、がんにおける治療の実績を積み重ねているのが特徴です。

国立がん研究センター中央病院では、家族ケア外来も設置しています。家族ががんにかかったとき、どうすればいいか悩んでしまうかもしれません。どういう生活が望ましいのか迷うこともあるでしょう。患者の家族として以上に、1人の人間としてどう向き合っていくべきかアドバイスをくれるはずです。

国立がん研究センター中央病院の病院情報

国立がん研究センター中央病院の治療方法

各癌種において、国内最大規模の診療実績を持ち、手術療法・化学療法・放射線療法による集学的治療、精神心理的ケアを含めた緩和ケアを実施。治験の実績も日本トップクラスで、医師主導治験にも積極的に取り組んでいます。

国立がん研究センター中央病院の医師

病院長

西田俊朗

西田病院長の主な経歴

東京ベイ先端医療・幕張クリニック

この病院は切らないがん治療を心がけています。従来の放射線治療より精密な照射が可能です。体への負担も少ないでしょう。

特徴としては、PET-CTが可能です。PETとCT、2つのスキャンを同時に行える診断となります。全身のがんを判断して、早期発見につなげることに有効です。

この検査は診断が得意ながんと苦手ながんがありますが、がんの進行度や腫瘍の判別を知りたい時やがんが転移していないか検査しておきたい人は、PET-CT検査を受けてみるのも1つの手です。

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの病院情報

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの治療方法

最新のPET-CTや内視鏡、MRIなどによる癌早期診断と定位照射、高精度放射線治療を民間レベルで行う医療施設です。CTシミュレーターなどを用いた放射線治療にて早期発見、早期治療を目的とした先端医療に取り組んでいます。

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの医師

院長

幡野和男

幡野院長の主な経歴

東京ミッドタウン先端医療研究所

六本木の駅に直結している、東京ミッドタウンに位置した施設です。患者さんの考えを大切にしたサービスを目指しました。クリニックでの治療中は、アロマを炊いて気分転換ができます。リラックス効果が期待できるでしょう。治療は自由診療になることに注意してください。

体を整えるために気分転換も必要です。東京ミッドタウン先端医療研究所へ通院する際は、自分へのご褒美として東京ミッドタウンでショッピングしたり食事をしたりするのも良いかもしれませんね。

東京ミッドタウン先端医療研究所の病院情報

東京ミッドタウン先端医療研究所の治療方法

3つの免疫療法(樹状細胞ワクチン療法、ナチュラルキラー細胞療法、活性化リンパ球療法)の組み合わせで相乗効果を狙います。提携クリニックで精度の高い放射線治療もすすめています。

東京ミッドタウン先端医療研究所の医師

所長

田口淳一

田口所長の主な経歴

プルミエールクリニック

プルエミールクリニックでは、免疫療法を行っています。このクリニックで行なわれているのは、免疫細胞療法や温熱療法など、なるべく体への負担を減らしたがん治療です。

短期集中治療では、進行が早いがんへの対応を行っています。通常の治療では、がんの進行に追いつかないこともあるでしょう。期間を設定してがんと闘うのが特徴です。

プルミエールクリニックの病院情報

プルミエールクリニックの治療方法

リンパ球療法、癌ペプチド搭載の樹状細胞療法、癌幹細胞ワクチン療法などの各種免疫細胞療法を中心に治療を展開

プルミエールクリニックの医師

星野泰三

星野医師の主な経歴

瀬田クリニック東京

瀬田クリニック東京では、免疫細胞治療(免疫療法)を行っています。がん治療の三本柱は、外科療法と放射線療法、化学療法となりますが、併用した治療として期待できるとのこと。

たくさんの種類で治療ができ、患者さんにあわせた個々の治療ができます。個別に違うがん細胞に対して、対抗する細胞が異なる、それが免疫療法です。再発予防としても有効とされ、副作用の心配も少ないことが特徴でしょう。治療だけではなく、大学病院とも連携してがんの研究にも努めています。

瀬田クリニック東京の病院情報

瀬田クリニック東京の治療方法

免疫療法(免疫細胞治療)を提供する専門医療機関です。19年の実績と20,000名を超える治療経験をもとに、標準治療にも携わってきた専門医が最適な免疫細胞治療を提供します。

瀬田クリニック東京の医師

院長

瀧本理修

瀧本院長の主な経歴

UDXヒラハタクリニック

UDXヒラハタクリニックでは、精密な遺伝子検査により131種類ものがんの遺伝子を発見することが可能です。小さながんの存在や、遺伝子検査のあと3~5年ほどでどこにがん細胞ができるかの判断ができます。

これがマルチプレックスがん遺伝子検査システムです。このクリニックでは、抑制遺伝子を利用して異常な遺伝子を正常な遺伝子へ戻していくことを目的とします。一方で、副作用として発熱や不眠などの症状が現れる可能性も。治療内容を決めるときは、医師と綿密な相談をし、よく情報を集めましょう。

UDXヒラハタクリニックの病院情報

UDXヒラハタクリニックの治療方法

癌の遺伝子診断によって、癌の関連遺伝子の突然変異など、131種類の発現状態を全て検査し、患者様の遺伝子変異をきちんと把握したうえで、治療を行っていきます。

UDXヒラハタクリニックの医師

平畑徹幸

平畑医師の主な経歴

山手CAクリニック

山手CAクリニックでは、患者さんのトータルバランスを判断してがんと過ごしていきます。これが「がん複合免疫療法」です。体の中で免疫細胞を通過してしまうと、がん細胞は育っていきます。免疫細胞をすり抜けたがん細胞を、再び異常細胞と体に認識させダメージを与えることが目的です。

言葉では簡単なようにとらえられがちですが、体の働きから見ると簡単なことではありません。がん細胞を攻撃するリンパ球が必要なのです。「標準治療よりも免疫療法で治していきたい」と考えている人は、相談してみると良いでしょう。

山手CAクリニックの病院情報

山手CAクリニックの治療方法

複合免疫療法。樹状細胞免疫療法と免疫チェックポイント阻害剤を合わせた免疫療法を行っています。

山手CAクリニックの医師

院長

木村修

木村院長の主な経歴

公式サイトに記載なし

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニック

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニックでは、がんを治したい、という患者さんの意思を汲み、積極的な治療を行っています。標準治療を受けながらネオアンチゲン免疫治療という複合癌免疫治療ができるのが特徴。診療は完全予約制で、自由診療です。

がん治療には重要な判断が必要になります。所属する医師たちは、豊富な免疫治療から患者さんにあわせた治療を行っているようです。治療を受ける前に気になっていることがあれば、まず問い合わせてみましょう。スタッフが質問に丁寧に答えてくれるはずです。

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニックの病院情報

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニックの治療方法

ネオアンチゲン免疫治療というアプローチに基づいた複合がん免疫治療を提供しています。

医師の経歴

院長

宇野克明

宇野院長の主な経歴

国立がん研究センター東病院

国立がん研究センター東病院は、レベルの高いがん治療の提供と、新しいがん医療を創り出すことを目標として掲げているがん専門の医療機関です。

できる限り臓器の機能を残しながら治療できる方法を模索し、時には放射線治療や化学療法を組み合わせた治療を提案しています。

つくばエクスプレス柏の葉キャンパス西口からバスに乗り換える必要があるため、公共交通機関の利用が必要になりますが、がんを専門に診ているので気になる方はチェックしてください。

国立がん研究センター東病院の病院情報

国立がん研究センター東病院の治療方法

千葉県柏市にある国立がん研究センター東病院は、国内でも広い診療規模と実績を持つがん専門の医療機関です。1人ひとりの患者と綿密に関わっている各科医療チームが治療法を組み立て、ケアに当たります。

国立がん研究センター東病院の医師

大津敦

大津病院長の主な経歴

がん研有明病院

がん研有明病院は日本で初めてできたがんの専門病院です。患者さんの期待に応えられるよう、努力を続けています。

また、がんの治療中には食事の配慮も必要です。場合によっては食べたいものを食べたり、控えた方がいいものがあったり、ケースによって変わってきます。患者さん向けのレシピ集も出版し、発売しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

がん研有明病院の病院情報

がん研有明病院の治療方法

がん研有明病院の治療は外科手術・放射線治療・化学療法を柱にして行われます。患者ひとりに対して、各科の専門家がチームを組み、最適な治療法を組み立て治療にあたります。

がん研有明病院の医師

佐野武

佐野院長の主な経歴

東京都立駒込病院

東京都立駒込病院の理念は、「医療を通して人がその人らしく生き抜くことを支援する」です。再発がんの治療には外科手術や抗がん剤(化学療法)が行われています。

もともとは感染症を治療する診療所だったため、がんだけではなくその他疾病にかんする診察・治療も可能です。

日々進歩する医療では、医師たちスタッフにも勉強が必要です。最先端機器を使いこなせるよう、勉強や研究を忘れない姿勢が魅力です。

東京都立駒込病院の病院情報

東京都立駒込病院の治療方法

都内はもちろん、全国的に見ても治療実績が認められている東京都立駒込病院は、癌の免疫療法(免疫細胞治療)を提供する専門医療機関です。

さまざまな部位のがんに最適の治療法を提供しています。主に樹状細胞ワクチン療法、ガンマ・デルタT細胞療法、NK細胞療法、アルファ・ベータT細胞療法を用いた治療法を提供しています。

東京都立駒込病院の医師

院長

神澤輝実

神澤院長の主な経歴

東京医科歯科大学付属病院

JR御茶ノ水駅より徒歩3分という好立地にある東京医科歯科大学付属病院。37の診療科を開設しており、腫瘍センターやがん相談支援センターなど、がん患者に寄り添った医療やケアを提案できる環境を整えているのが特徴です。

がん治療では、外科手術と化学療法をあわせたオーダーメイド治療を提供しています。

東京医科歯科大学の病院情報

東京医科歯科大学付属病院の治療方法

37の診療科を持ち、年間約54万人の患者を診る大学病院。内科や外科という診療科をはじめ、悪性腫瘍を専門にした「腫瘍センター」もあります。化学療法や緩和ケアなどに関する相談なども行い、患者とその家族の支援にあたっています。

東京医科歯科大学付属病院の医師

院長

大川淳

大川院長の主な経歴

石井クリニック京橋エドグラン

※2019年9月20日現在、石井クリニック京橋江戸グランは閉院しています。

東京メトロ銀座線「京橋」駅直結、アクセス抜群の立地にある石井クリニック京橋エドグラン。内科や循環器科、胃腸科などの診療科目もあります。がん治療では、患者さんにとって最適な治療の選択ができるように面談を重視。病気や体の状態を面談で確認しながら、患者さんに合わせた治療の提案をしてくれます。

石井クリニック京橋エドグランの病院情報

石井クリニック京橋エドグランの治療方法

こちらのクリニックでは、免疫治療のひとつANK治療を主に行っています。

石井クリニック京橋エドグランの医師紹介

理事長

石井光

石井理事長の経歴

QST病院(旧:放射線医学総合研究所病院)

国内だけではなく海外からの患者さんに対応しているQST病院は、量子科学技術研究開発機構に指定されています。公式サイトでは海外の患者さん向けに英語対応のページがあり、治療の選択をサポートする医療コーディネーター対応のクリニックです。

ほかにもQST病院内でさまざまな病気の研究を進めるため、メディカルデータバンクが導入されています。診察情報や検査データなど、医療情報に関わる部分を集積して研究。新たな治療薬や治療法、今までにない診断・検査方法の開発などの成果に役立てています。

QST病院の病院情報

QST病院の治療方法

QST病院は、がんの放射線診療、とくに重粒子線がん治療を中心行っている医療機関です。

QST病院の医師紹介

院長

辻比呂志

辻院長の経歴

セレンクリニック東京

セレンクリニック東京では患者さんにがん治療のことを知ってもらうため、定期的にがんワクチン治療説明会を開催しています。説明会では免疫の基礎知識をはじめ、免疫の働き、セレンクリニック東京が行っている治療まで解説。担当する医師が事例をもとに説明してくれるため、がん治療への理解を深められるでしょう。有楽町駅前にある有楽町イトシアオフィスタワー内にクリニックがあるため、通いやすいところも魅力です。

セレンクリニック東京の病院情報

セレンクリニック東京の治療方法

セレンクリニック東京は、がんに対する免疫療法を提供している医療機関です。樹状細胞ワクチン療法を柱とした免疫療法を提供しています。

セレンクリニック東京の医師紹介

院長

大亀浩久

大亀院長の経歴

ビオセラクリニック

東京女子医科大学病院の関連施設でもあるビオセラクリニックは、クリニック内で治療施設と培養施設、研究施設を併設。患者さんが利用する治療施設には専用の医療相談室・診療室があるため、リラックスして治療相談がしやすいように設計されています。院内でのがん治療セミナーだけではなく、一般向けに開催されている特別講演で市民公開講座にも参加。地域医療に対しても積極的に活動されているクリニックです。

ビオセラクリニックの病院情報

ビオセラクリニックの治療方法

ビオセラクリニックでは、がんに対する「免疫細胞療法」をメインに、「温熱療法」「心理療法」などと組み合わせているのが特徴です。

ビオセラクリニックの医師紹介

院長

谷川啓司

谷川院長の経歴

湘南メディカルクリニック

湘南メディカルクリニックは治療や研究に携わる提携機関が多く、幅広い治療の選択肢があります。とくにがんの早期発見をするため、提携病院であるメディカル記念病院で女性専用・男性専用のがん検査オプションや90%の早期発見率を誇るマイクロアレイ血液検査が受けられます。

院長はもともと血管外科を専門科であり、下肢静脈瘤の治療のエキスパート。パキスタン・トルコ・ミャンマーの日本大使館で外務省参事官兼医務官の海外勤務を経験もあり、外国人でも治療が受けやすいように整備されています。

湘南メディカルクリニックの病院情報

湘南メディカルクリニックの治療方法

がん免疫療法を行っている医療機関です。クリニックが掲げる「アクセル&ブレーキ療法」の免疫療法で、多くの悪性腫瘍縮小の効果をあげている医療機関になります。

湘南メディカルクリニックの医師紹介

新宿院 院長

阿部吉伸

阿部院長の経歴

GENE東京クリニック

心のケアを重視しているGENE東京クリニックでは、患者さんだけではなくご家族の方にとっても安心して治療を受けることができる体制に力を入れています。治療前にはインフォームド・コンセントを導入。説明に対して十分な同意が得られているかを確認してから治療を進めてくれます。

また、GENE東京クリニックは医療コーディネーターが在籍。患者さんへの治療説明のフォローとヒアリングを行い、納得して治療が受けられるように対応してくれます。

GENE東京クリニックの病院情報

GENE東京クリニックの治療方法

がん治療において注目されている治療法のひとつ、がん遺伝子医療を提供している医療機関です。

GENE東京クリニックの医師紹介

院長

伊勢田尚彦

伊勢田院長の経歴

東京慈恵会医科大学附属 柏病院

柏市をメインに千葉県東葛北部の医療圏を支える東京慈恵会医科大学附属 柏病院。130年以上の歴史があり、地域がん診療をはじめ、救急救命センター、東葛北部地域難病相談支援センター、地域災害拠点としても機能しています。

「病気を診ずして 病人を診よ」という理念のもとに医師と看護師によるチーム医療を徹底。近隣262施設の医療機関と連携を強める登録医制度も導入されています。

東京慈恵会医科大学附属 柏病院の病院情報

東京慈恵会医科大学附属 柏病院の治療方法

がん治療においてさまざまな治療を行っています。その中でも早期胃がんに対して、先進医療を実施。さらに緩和ケア専門外来を開設しており、精神的ケアにも力を入れている病院です。多くの診療科との連携を図っており、最善の治療を提供してくれるでしょう。

東京慈恵会医科大学附属 柏病院の医師紹介

院長

秋葉直志

秋葉院長の経歴

聖路加国際病院

2018年7月に国際的医療施設評価機関JCIの認定を取得している聖路加国際病院。予防医療に力を入れており、人間ドッグや提携クリニックでの会員制健康クラブなど独自の医療サービスを提供しています。

15歳から39歳までの思春期・若年成人(AYA)に向けたサバイバーシップセンターを運営。患者さんが抱える身体的、精神的、社会的な悩みに対して療養サポートや患者さんごとにあわせた参加型プログラムなども導入されています。

聖路加国際病院の病院情報

聖路加国際病院の治療方法

日本国内でも比較的新しい診療科である腫瘍内科を開設。腫瘍内科では抗がん剤のコントロールを中心に全身状態のチェックし、治療を進めていきます。また免疫・細胞治療科も開設。免疫治療を中心にがん治療を提案してくれます。

聖路加国際病院の医師紹介

院長

福井 次矢

福井院長の経歴

虎の門病院

虎の門病院は「臨床」「予防」「教育」「研究」の4つの柱をもとに、医療と社会の理想的なつながりを重要視している病院。重点医療は、がん治療のほか地域貢献と連携を軸にした災害医療や老年医学をもとにした高齢者医療もあります。 施設は患者さんと家族が安らげるデイルーム、地上9階には開放的な屋上庭園も併設。セキュリティ対策も徹底しており、病棟や個室などの入室はセキュリティカードの導入をしています。

虎の門病院の病院情報

虎の門病院の治療方法

地域がん診療連携拠点病院として指定されている病院です。がんサポートチームを組織しており、緩和ケアを行っています。また強度変調放射線治療専用の治療装置の一つ、ラディザクトを導入。他の臓器への負担を減らしながら、放射線治療を行うことができるでしょう。

虎の門病院の医師紹介

院長

大内 尉義

大内院長の経歴

日本医科大学付属病院

総合病院が多い文京区で100年以上続く日本医科大学付属病院。高度救急医療センターとしての認定を受けており、地域がん診療拠点病院、災害拠点病院、エイズ拠点病院の指定を受けています。

また、日本医科大学付属病院は、2018年1月に医療の効率化と安全性の追求を考えた新病棟を開院されました。重症部門と検査部門をそれぞれ一元化させて院内を部門統一。患者さんを第一に考えて、スムーズな治療が提供できるようなシステムを導入しています。

日本医科大学付属病院の病院情報

日本医科大学付属病院の治療方法

日本医科大学付属病院は、がん診療科を開設しています。がんの早期発見・診断に力を入れているのが特徴です。また先進医療も行われているので気になる方は一度チェックしてください。緩和ケアで、苦痛を抑えながら治療を進めることができるでしょう。

日本医科大学付属病院の医師紹介

院長

汲田 伸一郎

汲田院長の経歴

東京都立墨東病院

隅田川以東唯一の公的病院として開院された東京都立墨東病院は、26診療科ある総合医療センター。2017年4月に地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、高度ながん診療体制で治療を提供しています。

がん治療の以外にも、高度救命救急センターとしての三次救急医療、都立病院初の総合周産期母子医療センター、地域に不足する精神科医療のサポートなどさまざまな取り組みが。重点医療課題に積極的で、感染症医療やリウマチ・膠原病系の難病医療、脳血管疾患医療なども対応しています。

東京都立墨東病院の病院情報

東京都立墨東病院の治療方法

地域がん診療連携拠点病院の指定を受けている病院です。さまざまながんに対し、臓器別に専門分野を定めて治療を行います。手術治療・化学療法・放射線治療など病状に応じて提供可能です。また緩和ケアにも取り組んでいるのも魅力の一つでしょう。

東京都立墨東病院の医師紹介

院長

上田哲郎

上田院長の経歴

昭和大学病院

患者さんとともにチーム医療を実践し、高度医療の推進、医療人の育成を目指す昭和大学病院。9つの医療機関と連携する地域医療に力を入れ、高度医療の提供や救命救急センターの役割も担っています。昭和大学病院では、患者数や治療結果など意義ある項目を指標化したクオリティインディケーターを設定。医療関係者だけではなく、患者さんにとってもわかりやすい定量的なデータをもとに医療の質を提示しています。

昭和大学病院の病院情報

昭和大学病院の治療方法

がん診療連携拠点病院の指定を受けている病院です。腫瘍内科を開設しており、最新の薬物量などの治療を提供してくれます。腫瘍内科医や腫瘍外科医、放射線腫瘍医などさまざまな専門医と連携を図りながら、最適な治療を実施してくれるでしょう。

昭和大学病院の医師紹介

院長

板橋 家頭夫

板橋院長の経歴

災害医療センター

災害医療センターでは、がん治療のほかに相談支援センターも運営。こちらではがん患者さん向けの就労支援相談や研修、緩和ケアなど幅広い支援サービスを実施しています。さらに、患者さんとご家族を対象にした家族かけはし交流会も定期的に開催。病気の基本知識や食事の仕方など、がん治療に必要な心のケアも行っています。

また、災害医療をけん引しているクリニックとして、医療従事者向けの研修や教育、訓練にも従事。必要に応じて人材派遣も行い、災害医療の現場に貢献しています。

災害医療センターの病院情報

災害医療センターの治療方法

広域災害時にも、すぐに対応できるような病院です。常に高度で良質な医療を心がけており、がん治療においてもさまざまな部位のがん治療を行うことが可能。一人ひとりの症状や要望に応じて治療方針を決定してくれるでしょう。

災害医療センターの医師紹介

院長

宗田 大

宗田院長の経歴

武蔵野赤十字病院

東京都武蔵野市に設立されて60年以上になる武蔵野赤十字病院は、急性期入院医療に特化した病院。がん治療に関連するセンター以外にも救命救急や脳卒中、肝疾患を専門とするセンターがあります。院内は病院の雰囲気を極力なくすために、室内樹木や絵画などのインテリアを豊富にそろえているのが特徴。コンビニやコーヒーショップ、理美容室などの施設も充実していて、患者さんやご家族にとって安らげる環境づくりに力を入れています。

武蔵野赤十字病院の病院情報

武蔵野赤十字病院の治療方法

厚生労働大臣により「がん診療連携拠点病院」に指定。専門知識や技術が必要とされる高度のがん治療を提供するだけでなく、それぞれの症状や病態に必要とされる医療を病院全体で支援していくことを心がけてくれています。

武蔵野赤十字病院の医師紹介

院長

泉 並木

泉院長の経歴

杏林大学医学部付属病院

東京都民3分の1を抱える多摩地域唯一の大学医学部付属病院(本院)です。「あたたかい心の通う、良質な医療を患者さんに提供します」という理念をもとにチーム医療を実践。都内で医療施設が少ない多摩エリアの地域医療にも、大きく貢献しています。杏林大学医学部付属病院では、中央手術部16室、外来手術室4室、手術台とエックス線投影装置が同室にあるハイブリッド手術室1室を完備。手術が滞りなく進められるよう24時間体制で受け入れをしており、スムーズな治療が受けられる医療施設としても評判です。

杏林大学医学部付属病院の病院情報

杏林大学医学部付属病院の治療方法

2008年にがんセンターが開設している杏林大学医学部付属病院。その中心とも言える診療科が腫瘍内科でしょう。「こころ」を大切にしており、安心してがん治療が受けられるように取り組んでくれているようです。科学的根拠に基づいた標準的化学療法などの治療を行っています。

杏林大学医学部付属病院の医師紹介

院長

市村 正一

市村院長の経歴

東京クリニック

高機能化クリニックを目指す東京クリニックでは、高度・先進医療機器を使用した医療を提供。5T(テラス)MRIやマルチスライスCT、デジタルマンモグラフィーやハイパーサーミアRF8などの医療機器を使用し、迅速な検査と治療を進めています。

診療科目に特化したドクターが担当をするほか、順天堂大学名誉教授や米国デュー大学教授も外来診察や治療指導をサポート。患者さんにとって質の高い治療が受けられるように運営されています。

東京クリニックの病院情報

東京クリニックの治療方法

2006年に開設された新しいクリニックです。免疫療法や陽子線治療、ホウ素中性子補足療法(BNCT)を提供してくれます。先進医療機器を備えており、治験も積極的に実施。一人ひとりに最適な治療を提案し、二人三脚で進めてくれるでしょう。

東京クリニックの医師

院長

宮﨑 東洋

宮崎院長の主な経歴

横浜鶴ヶ峰病院

横浜鶴ヶ峰病院では、内科系、外科系をはじめ21の診療科目に対応している病院。ほかの医療機関で受診をされている方向けのセカンドオピニオン外来も併設されているため、診断内容や治療相談がしやすいでしょう。横浜鶴ヶ峰病院では「心の通う医療」をテーマに、患者さんの心と体の健康に向き合う治療を提案してくれます。

横浜鶴ヶ峰病院の病院情報

横浜鶴ヶ峰病院の治療方法

NK細胞による免疫療法を実施している医療機関です。また低侵襲内視鏡外科治療センターを併設。大腸癌や早期胃癌などの治療を実施しています。開腹手術よりも体への負担の軽減が期待できるでしょう。さまざまな治療法から、患者の症状に合った方法を選択・実施してくれます。

横浜鶴ヶ峰病院の医師

院長

島田 畯介

島田院長の主な経歴

さくらクリニック

「あきらめる前に」をテーマに患者さんにあわせたがん治療を提案するさくらクリニック。QOR(生活の質)を第一に考えて、仕事や家事をしながら治療を受ける「ながら治療」にも対応しています。院内は患者さんのことを考えたインフォームドルームと処置室を完備。完全個室でプライバシーに配慮されているので、じっくり治療の相談がしやすいでしょう。

さくらクリニックとの連携医療機関も多いため、患者さんに合わせて最適な治療の提案をしてくれます。

さくらクリニックの病院情報

さくらクリニックの治療方法

がんの遺伝子治療に力を入れているクリニック。がんの遺伝子治療は、がんの原因となる遺伝子に対して直接的にアプローチする方法です。副作用が少なく、さらに体力が衰えている方も治療が受けられます。

さくらクリニックの医師

医院長

吉田 治

吉田医院長の主な経歴

銀座並木通りクリニック

銀座駅C8出口直結で内科・外科・呼吸器科の一般診療とがんの外来治療・緩和ケアを行っているクリニックです。緩和・ホスピスケアを希望される患者さんから支持されています。

院内は「クリニックらしからぬクリニック」をコンセプトに、おしゃれな喫茶店やサロンのような雰囲気。抗がん剤治療時に使用される点滴ルームには、ゆったり座れるリクライニングシートもあるので、リラックスしながら治療を受けられるでしょう。ほかにもがん治療セミナーやセカンドオピニオンなど、がん治療をサポートしてくれるサービスも充実しています。

銀座並木通りクリニックの病院情報

銀座並木通りクリニックの治療方法

がん休眠療法や自家がんワクチン療法に取り組んでいる医療機関です。がん休眠療法は保険診療での治療が可能で、副作用も少ないと言われています。がんの電話相談も行っているクリニックです。日常な不安や相談などは、医療コーディネーターが対応してくれます。

銀座並木通りクリニックの医師

理事長

三好 立

三好院長の主な経歴

東京西徳洲会病院

北海道から沖縄まで日本各地のエリアに340施設ある東京西徳洲会病院。2005年9月に徳洲会グループ初の都内開院、2016年6月には486床に増床した総合病院です。円滑な診療と治療を進めるためにセンター化を構築。患者さんの症状にあわせて診療科を横断して治療できる体制です。また、子育て世帯に向けた院内保育室「くじら保育室」を運営。3ヵ月~12歳前後のお子さんを対象に、東京西徳洲会病院の看護師や一般職員が子育てをサポートしてくれます。

東京西徳洲会病院の病院情報

東京西徳洲会病院の治療方法

包括的がん診療センターを開設し、乳がんにおいて東京都がん診療連携協力病院に認定されています。化学療法センターにて抗がん剤の治療に取り組んでいるのが特徴です。また、手術支援ロボット・ダビンチを導入し、前立腺がん全摘手術などを行っているようです。

東京西徳洲会病院の医師

院長

渡部 和巨

渡部院長の主な経歴

池袋クリニック

「あきらめないがん治療」をテーマに、幅広い先端医療の提案をしてくれる池袋クリニック。認定再生医療等委員会を設定している同クリニックは、第三者機関に治療の安全性、倫理性などの審査を導入しています。NK療法やαβT細胞療法、樹状細胞療法などの免疫療法は再生医療等提供計画を提出。厚生労働省の認可を受けたうえで、一人ひとりにあった患者さんへの治療を行っています。

池袋クリニックの病院情報

池袋クリニックの治療方法

NK療法を中心に、多くの治療法に取り組んでいるクリニックです。ほかにも癌遺伝子治療や高濃度ビタミンC点滴療法なども実施しています。厚生労働省に届け出済みの培養センターを併設し、クローンルームにてNK細胞を選択的に増殖・活性化させているのが特徴です。

池袋クリニックの医師

院長

甲 陽平

甲院長の主な経歴

多摩総合医療センター

患者さん中心のあたたかい医療をモットーに、地域支援医療に力を入れている多摩総合医療センター。がん医療のほかにも、救急医療、周産期医療、脳血管疾患医療、心臓病医療にも対応しています。2019年1月に一般財団法人日本医療教育財団「外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)の認証を取得。多言語による診療案内、宗教や異文化に対する配慮もされているため外国人の診療も円滑に対応できます。

多摩総合医療センターの病院情報

多摩総合医療センターの治療方法

がん治療では先進的設備を駆使。手術療法・内視鏡治療・放射線治療・がん薬物療法・造血器幹細胞移植などの集学的治療を実施しています。さらに緩和ケアチームや栄養サポートチーム、がん相談支援センターなど、あらゆる面で患者をサポートできる体制を整えています。

多摩総合医療センターの医師

院長

近藤 泰児

近藤院長の主な経歴

JCHO東京新宿メディカルセンター(旧東京厚生年金病院)

2014年、東京厚生年金病院から地域医療機能推進機構JCHO(ジェイコー)に運営が変わった病院です。JCHO東京新宿メディカルセンターは36の診療科目が連携。「患者さんの立場に立った親切で心温まる医療」をモットーにしたトータルケアの治療が特徴でしょう。チーム医療を軸としているため、医師だけではなく看護師も患者さんにあわせた看護と栄養サポートを実践。症状や患者さんの希望に合わせてきめ細やかな医療を提供してくれます。

JCHO東京新宿メディカルセンターの病院情報

JCHO東京新宿メディカルセンターの治療方法

高精度放射線治療センターを開設しています。これまでのライナックによる放射線治療に加えて、トモセラピーを採用。それらの機器を用いることで、病変部照射のための正確な位置決めと線量設定を実現しています。

JCHO東京新宿メディカルセンターの医師

院長

関根 信夫

関根院長の主な経歴

板橋中央総合病院

「for the patient~新しい薬・医療機器を待ち望まれている患者さんのために~」を理念にした板橋中央総合病院は、ロボット手術センターを併設。ロボット手術をメインに取り扱う医師が在籍しており、前立腺がんに対応した手術ロボット「ダビンチ」の手術事例もあります。ほかにも脳卒中の急性期治療に対応した脳卒中ケアユニット(SCU)も開設しており、治療技術だけではなく設備や医療機器の拡充にも力を入れている病院です。

板橋中央総合病院の病院情報

板橋中央総合病院の治療方法

リアニックの高精度な放射線治療装置フルオプション「トリロジー」やサイバーナイフ「G4」を導入。さまざまながんに対し、効果的な放射線治療を選択できる環境を整えています。そのほか、外科的治療や化学療法などでの治療も可能です。

板橋中央総合病院の医師

院長

新見 能成

新見院長の主な経歴

文京クリニック

文京クリニックは、がんの再発に対してがん免疫療法を行っているのが特徴です。がん免疫療法の中でもセルメディシン社の開発した「自家がんワクチン療法」と呼ばれる手法を採用しています。

ホルマリン漬けになった状態のがん細胞でも培養に使えるといった利点を持つ同手法は、人間本来の免疫力を高める方法でがん細胞を抑えこみます。抗がん剤や放射線治療は免疫力を弱めてしまう働きを持つので、併用はタイミングをみて行う必要があるのがデメリットです。

文京クリニックの病院情報

文京クリニックの治療方法

東京メトロ千代田線「千駄木駅」より徒歩4分でアクセスしやすい立地。コンビニ内科、呼吸器科、アレルギー科をはじめとする診療も行う文教クリニックは、患者さんのQOL(クオリティオブライフ)向上を目指しています。がん治療では、セルメディシン社が開発した自家がんワクチン療法を採用。患者さん自身のがん細胞を使用してワクチンを作り、キラーT細胞の誘導もできるため注目されています。

文京クリニックの医師

院長

倉根 修二

倉根院長の主な経歴

東京医療センター

国立病院機構のなかでも780床もの病床をもつ東京医療センター。患者さんとともに健康を考える医療を実践するために、救命救急センターや地域医療支援など地域に根付いた医療を提供しています。高度急性期医療にも力を入れており、ダビンチによるロボット支援手術やPET-CT検査も導入。患者さんにとって最適な治療を提案したのちに、早期社会復帰ができるようにサポートしてくれます。

東京医療センターの病院情報

東京医療センターの治療方法

地域がん診療連携拠点病院にも指定されている東京医療センターは、現在のがん治療の主な方法である外科手術に加え、放射線治療やがんゲノム外来という科を設けて遺伝子カウンセリング・ゲノム治療にも力を入れています。

他に特徴的なのは緩和ケア科という科を設けていることです。病気の症状を緩和し副作用を和らげることを目的に投薬治療を行うなどをしており、心身ともに患者が本来の生活の質を取り戻せるよう、患者をトータルでサポートしてくれます。

東京医療センターの医師

院長

大島 久二

大島院長の経歴