癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 東京ベイ先端医療・幕張クリニック

東京ベイ先端医療・幕張クリニック

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

高精度放射線治療と呼吸時を含む高精細画像診断で、「治す」と「防ぐ」を両立した医療を提供しています。このクリニックの院長を務める幡野医師は、実は日本ではじめて強度変調放射線治療を開始したという実績があります。

放射線治療が優れているのは、からだにメスを入れずに治療ができること。切らずにがんを治療し、正常な組織への影響を最小限に抑えることを治療目標としています。

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの医師

院長:幡野 和男

幡野院長の目指す医療

日本人の死因トップにのぼるがんの早期発見と治療を重要視する幡野院長。食道がんや胃がん、大腸がんなどの治療も早期発見によって治療の選択肢が広がることを伝えています。

きめ細かながん医療を提供するため、患者さんとご家族が納得できる治療が受けられるように初診を重視。より精度の高いがん診断を行なうべく、PET-CTや内視鏡、MRIなどの早期診断ができる医療機器を導入しています。

さらに強度変調放射線治療(IMRT)は日本で治療をスタートさせたスタッフが中心に担当。医師だけではなく、看護師や、医学物理士、診療放射線技師も力をあわせてチーム医療を推進しています。

幡野院長の主な経歴

幡野院長の所属学会・資格・役職など

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの代表的な治療法

強度変調放射線治療(IMRT)や画像誘導放射線治療(IGRT)、ピンポイントで癌組織を狙い撃ちする定位放射線治療(SRT)等、最新鋭の高度放射線治療装置を使用した治療を導入。健康組織への影響を最小限に抑え、癌組織に 集中して放射線を照射することが可能です。

また高精度放射線治療装置を支える、放射線治療計画専用の治療位置決めCT装置も装備。副作用を抑えながら治療を行うことが可能ですが、治療方法、部位によってはどうしても避けられない場合があり、症状も個々で異なります。

治療の副作用

放射線治療は少なからず副作用が生じます。照射した部位や個人の体質などで差はありますが、治療中や直後など比較的早期に副作用が生じる場合と、半年から数年後に副作用が生じる場合があります。主な副作用は吐き気、食欲不振、下痢、腹痛、だるさ、脱毛(照射箇所のみ)、皮膚炎、口内炎などです。

PET-CT検査について

PET-CT検査は、CTやMRIなどの組織の形態を調べる診断とブドウ糖に類似した検査薬を使用して生理機能を調べる診断を組みあわせた検査です。検査ではほぼ全身組織のがん検査に対応しており、新たな部位での転移やがんの発見にもつながります。

検査できるがんの種類は、頭頚部がんから乳がん、食道がん、大腸がんなど。ほかにも悪性リンパ腫や悪性黒色腫の発見にも役立ちます。発見された腫瘍に対して悪性か良性かの判断ができるため、ステージ診断の精度が高いところも魅力でしょう。

PETスキャンやCTスキャンが一度に行なえるため、検査はだいたい2時間。コースによって異なりますが、受付から会計までで見ても3~5時間と比較的短時間で受けられる検査です。

さらに、PET-CT検査の被ばく量は、約3ミリシーベルトでバリウム検査と同レベル。他の検査と比較しても3分の1~5分の1の量にあたるため、比較的安全と言えるでしょう。検査による痛みや不快感も、検査薬の注射時でほとんどありません。

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの特徴

路線バス「蔦屋書店口」より徒歩2分。イオンモール幕張新都心と豊砂公園近くにあり周辺環境は抜群です。 車でのアクセスも可能で、東関道「習志野IC」「谷津船橋IC」もしくは、京葉道「幕張IC」から約8分。敷地内には無料駐車場が30台分完備されているため、アクセスが便利です。

受付では笑顔にあふれたコンシェルジュがお出迎え。ラグジュアリーな内装は、検査室のドア飾りまでこだわりが広がっています。医療機器はPET-CTやMRI、マンモグラフィなど。先端医療を意識された治療室は高精度放射線治療装置やCTシミュレータなども完備しています。

ほかにも東京ベイ先端医療・幕張クリニックでは、受診される患者さん向けに特別料金で宿泊できる提携ホテルもあり。遠方からがん治療を受ける方にとっても利用しやすいサポートをしています。

東京ベイ先端医療・幕張クリニックでの放射線治療の流れ

  1. 初回診療
    放射線腫瘍医による診察と画像問診。診療情報とあわせて治療方針の提案をしてくます。
  2. 放射線治療前の準備
    放射線の照射位置を固定。検査の段階で患者さん専用の固定器具や補助具の作成をします。
  3. 治療前の説明
    専用コンピューターを使用して、がん位置に照射を合わせて放射線の角度や強度などを調整。治療前に最終説明をしてくれます。
  4. 放射線治療
    担当放射線技師とともに治療室に入って準備。検査時に作成した固定器具や補助具を装着したあと、放射線を照射していきます。治療中は担当放射線技師がカメラとマイクを使用して会話。患者さんの様子を細かくチェックします。
  5. 経過観察
    日々の変化や体調などを考慮したうえで、その後の治療を進めてくれます。

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの基本情報