癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 部位別に見る再発癌 » 肝臓癌

肝臓癌

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

肝臓癌の5年生存率と10年生存率

5年生存率

10年生存率

肝臓癌が転移しやすい箇所

肝臓癌

肝臓癌の転移は肝臓内で起こる事が多く、再発の80%は肝臓内転移ともいわれています。その他転移が多いのは肺、骨、リンパ節、副腎などです。

また、肝臓は他の部位の癌も転移してきやすいという特徴があり、転移してきて肝臓癌に至ったのを転移性肝癌といいます。

肝臓癌はどのような癌か

肝臓癌は肝臓の細胞が癌化して起こる「原発性肝癌」と他の臓器からの転移で起こる「転移性肝癌」があります。

原発性肝癌は肝臓の細胞が癌になる「肝細胞癌」と、胆管の細胞が癌になった「胆管細胞癌」とにわけられ、その大部分は肝細胞癌です。肝細胞癌は主に慢性ウイルス性肝炎(B型、C型)や肝硬変から発症する事が多いのが特徴です。

肝臓癌の主な症状

肝臓癌は初期の頃はほとんど自覚症状はありません。進行してくると全身の倦怠感、腹水、黄疸、肝性脳症、消化管出血といった肝炎や肝硬変で見られる症状が出現してきます。

肝臓癌特有の症状としてはみぞおちあたりに硬いしこりが生じたり、腹部に圧迫感、軽度の痛みが生じてきます。

肝臓癌が再発しやすい理由

肝臓癌は他の癌と比べても再発の可能性が非常に高い癌です。5年間で約70~80%の再発率といわれ、慢性肝炎や肝硬変といった癌になりうる病態が改善されない限り再発を繰り返します。肝臓には門脈という太い血管があり、全身に渡った血液が心臓に戻る際の通り道となるため、転移が多いとされています。

肝臓癌に用いられる治療法

肝臓癌の再発の場合、再発前に行った治療や進行度、患者の肝機能によっても異なってきます。再発が肝臓内での再発である肝内再発の場合、可能であれば外科手術で切除を行い根治を目指します。

肝臓以外にも転移が見られている場合や完全切除が出来ないと判断された場合は、癌と全身の状態に合わせて、マイクロ波凝固療法、ラジオ波熱焼灼術、エタノール注入療法、肝動脈化学塞栓術、肝動注化学療法、放射線治療などが行われます。

肝臓癌を再発させないための予防法

肝臓癌のリスクを高める要素として肥満、糖尿病、高脂血症、脂肪肝が挙げられます。これらは生活習慣の乱れから生じるため、普段の生活の見直しが重要となります。動物性脂肪の多い食物を避けたり、アルコールの過剰摂取は肝臓癌のリスクを高めるといわれています。またコーヒーが肝臓癌の予防に良いとのデータもあり、食事療法は有効となります。

他には、適度な運動を行う事で肥満や糖尿病、高脂血症を予防する事が可能なので運動療法も大切です。癌が再発した場合は、癌治療専門病院へ行き、早めに適切な治療を行う事が重要です。