癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 三次予防の方法 » 運動療法

運動療法

癌の再発予防には運動療法が有効といわれていいます。なぜ運動療法が有効なのか、その具体的な方法などを解説していきます。

癌の再発予防になぜ運動療法が有効なのか?

運動が癌予防に及ぼす効果は明確にはされていませんが、「運動することで化学療法の効果が増した」「乳癌や大腸癌の死亡率や再発率が低下した」といった研究結果が報告されています。

運動により、免疫力の向上、身体の代謝の活発化、ストレス発散といった効果が得られることが知られています。血液循環が良くなり身体機能や倦怠感も改善。身体的にも精神的にも良い効果があるとされており、癌の再発予防にも繋がるのではないでしょうか。

また、運動による効果として肥満の防止があります。肥満は閉経後の乳癌や大腸癌、肝臓癌などのリスクが高まるといわれており、運動を継続して肥満を予防することが結果的に癌の予防になるのです。

癌の再発予防に望ましい運動とは

米国癌学会が癌患者に推奨する運動は次のいずれかです。

具体的には、ウォーキングや自転車エルゴメーター、軽いジョギングなどほんの少し息が切れる程度の軽めの運動を長時間行うのが良いでしょう。

また軽いストレッチやヨガ、体操なども効果的です。

※もちろん、年齢や癌の種類によっても好ましい内容は異なってきます。

毎日のウォーキングなどが癌のリスクを低下させる

2016年に米国の医師会雑誌(JAMA)内科学にて発表された研究で、「ウォーキングなどの活発な運動を週に5回以上行っている人では、ほとんど運動しない人と比べて癌の発症リスクが20%も低下する」ことが明らかにされています。

その時の発表では、運動によって予防できる癌は13種類に及ぶとされました。効果的な順序で挙げると次のようになります。

  1. 食道腺癌
  2. 肝臓癌
  3. 肺癌
  4. 腎臓癌
  5. 胃噴門癌
  6. 子宮体癌
  7. 骨髄性白血病
  8. 骨髄腫
  9. 結腸癌
  10. 頭頸部癌
  11. 直腸癌
  12. 膀胱癌
  13. 乳癌

明確なエビデンスはないものの、毎日の適度な運動が癌の予防に効果的だと実証されつつあります。

安全な運動療法を行うには、専門家に診てもらうのも有効

身体の状態によっては、運動をすると返って身体への負担を強めてしまうこともあるため、普通の人では運動量の判断が難しいことも。

最近では癌患者専門のリハビリテーション科を設置してある病院も増えてきています。医師の診断を元に、運動療法の専門家である理学療法士などに適切なアドバイスを受けながら運動すれば、個々に合わせた内容となるため非常に有効です。