癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 南東北がん陽子線治療センター
  

南東北がん陽子線治療センター

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページでは、南東北がん陽子線治療センターについての紹介をしています。受けられる治療の内容や所属している医師など、治療を受けたいと思っている人が気になる情報をまとめていますので、参考にしてみてください。

南東北がん陽子線治療センターの医師

南東北がん陽子線治療センター 村上昌雄 センター長

村上昌雄センター長の目指す医療

南東北がん陽子線治療センターの村上昌雄センター長は、これまで長きにわたってがんの放射線治療などに携わってきた、がん治療のベテランと言える人物です。また、獨協医科大学の特任教授でもあります。特に放射線の中の粒子線を用いた治療法について卓越した知識と技術を有しており、患者の体に必要以上の負荷をかけない形でのがん治療を可能としている医師。粒子線は同じ量の放射線でもX線とくらべてよりよくがんを死滅させることができるとして、非常に注目されている放射線治療です。南東北がん陽子線治療センターがある総合南東北病院では陽子線治療をはじめとするさまざまな技術を駆使できる機材をそろえており、患者の状態や症状の進行具合にあわせ、適切な形で治療をおこなってくれるでしょう。

村上昌雄センター長の経歴

村上昌雄センター長の所属学会・資格・役職など

南東北がん陽子線治療センターの代表的な治療法

陽子線治療

南東北がん陽子線治療センターでは、陽子線治療と呼ばれる手法をメインに用い、がん治療を実施。これは、従来の放射線治療では治療が困難な疾患にも効果を発揮するとされる治療法で、今までの生活や仕事を続けながら治療が受けられるという点でも注目されています。有効性が確認されている代表的な疾患としては、前立腺がん・肝がん・頭蓋内腫瘍・頭頸部腫瘍(副鼻腔がんなど)肺がんなどの塊状の腫瘍です。さらには小児がんの治療にも活用ができるということで、多くの注目を集めています。

陽子線治療には保険が適用される

とは言え、治療に際し高額の治療費がかかってしまうことを懸念される方も多くいることでしょう。それが保険適用外ということであれば、なおさらです。陽子線治療は、2016年に小児がん、2018年に前立腺がん、頭頸部がん、骨軟部腫瘍の一部において、公的医療保険で治療できるようになりました。それが後押しとなり、特に前立腺がんの患者の中には陽子線治療を受けたいという希望者が増えてきています。

合併症のリスクが少ない

前立腺がんは複数の治療方法があり、状態によって治療法を選んでいく必要があります。IMRT(強度変調放射線治療)やサイバーナイフ、小線源治療、ロボット手術などが該当しますが、それらは体への負担が少なく、生存率やPSAの制御など、がん治療としての有効性はこれまでに行われてきた臨床試験や実際の治療の中で認められている治療です。しかし、どうしても失禁、排尿困難、勃起障害などの合併症のリスクがあるため、治療法の選択については患者からも懸念材料を心配する声が多くなってきています。これが陽子線治療になると、それらの合併症はなく、血尿、血便というリスクが5パーセントほどになります。

陽子線治療で「切れない癌を治す」を目指している

南東北がん陽子線治療センターは、さまざまながんに効力を発揮する陽子線治療を軸に据えるとともに、他の治療法についても適宜取り入れていくことによって、がん患者の適応患者の拡大、そして治療率向上を目指しています。将来的には陽子線治療をがん治療における標準的な治療法と位置づけられるまでに成長させ、「切らずに治すだけでなく、切れないがんをも治す」ということを目標とし、日々治療技術の向上にあたっているのです。すべてのがん患者にとっての希望の光となれるような治療は、今現在がんに苦しんでいる方だけでなく、将来の備えを考えている方にとっても、非常に心強いものだといえるのではないでしょうか。

南東北がん陽子線治療センターの特徴

南東北がん陽子線治療センターは、陽子線装置を用いてのがん治療を行っている医療施設。設置されている陽子線装置は。静岡県のがんセンターに導入されているものをベースに設計されたもので、先進医療機器として国の認可を得た、医療用に特化された装置として高く評価されているものです。今後は国内のみならず世界にも普及していくことが期待される、がん治療における新しい技術の一つとなっています。

PET-CT装置を設置

また、南東北がん陽子線治療センターには陽子線照射後の範囲が確認できるPET-CT装置があり、これはセンターの大きな特色です。 陽子線を照射する治療室は3室あり、内訳としては自由な角度から照射できる部屋が2つ、水平ポートという固定式の部屋が1つと分かれています。これらはがん治療の内容やがんの種類によって使い分けられるものであり、それぞれにメリットがあります。また、陽子線治療装置の特徴として、全室フラットな寝台型ということも挙げられるでしょう。寝ている姿勢で照射ができるため、前立腺がんをターゲットととして利用できる点が大きなポイントです。

隣接する病院と総合的な医療を提供

南東北がん陽子線治療センターではこうした設備を充実させることによって、がん治療における地域の道しるべとなれるような体制を整えています。地域がん診療連携拠点病院である総合南東北病院と高度診断治療センターである南東北医療クリニック、および南東北眼科クリニックに隣接しているので、これらの施設が一体となった、総合的な治療が提供できるようになっているのです。これによって陽子線治療に加え、既存のがん治療である手術療法・化学療法・放射線療法についても、医学的根拠に基づいた適切な治療を受けられるのです。

南東北がん陽子線治療センターの基本情報