癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 慶應義塾大学病院

公開日: |更新日:

慶應義塾大学病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページでは、地域がん診療連携拠点病院(高度型)として癌患者の治療へ当たるとともに、AIやロボット技術などを活用した新しい癌治療の研究開発を積極的に行っている「慶應義塾大学病院」について、特徴や医師の情報などを紹介しています。

慶應義塾大学病院の医師

放射線治療科教授・診療科部長:茂松 直之

茂松直之教授の経歴

慶應義塾大学病院の放射線治療科において、診療科部長や教授職を牽引する放射線治療の専門家です。日本医学放射線学会治療専門医や日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、日本核医学会専門医といった複数の専門医資格を取得しており、さらに日本医学放射線学会研修指導者として後進の育成にも努めていることが魅力です。手術が第一選択とされていた様々な癌治療に対しても、医学的に効果を認められる放射線照射を中心とした治療プランによって、患者への負担を抑えた低侵襲治療を目指しています。

また、同科には他にもさまざまな資格を持つ医師、指導者が所属しており、プロフェッショナルをまとめるリーダーとしても活躍しています。

茂松直之教授の所属学会・資格・役職など

慶應義塾大学病院の代表的な治療法

慶應義塾大学病院では様々な癌に対して、それぞれの担当科が複数の治療プランを比較検討しながら、医学的な効果や有効性を追求していることが特徴です。積極的な技術開発にも取り組んでおり、放射線治療や薬物治療、手術など複数のアプローチを融合させた治療法も提案されています。

内視鏡治療(低侵襲治療)

慶應義塾大学病院の腫瘍センターにある低侵襲療法研究開発部門では、患者が速やかに癌治療を終えて日常生活へ復帰できるように、患者の肉体的ダメージを抑えた治療法を開発しています。

内視鏡を使った非穿孔式局所全層切除と、腹腔鏡を使ったセンチネルリンパ節ナビゲーション手術の、2つの手術を融合させたハイブリッド低侵襲治療のような先進医療を臨床導入し、癌患者の回復をサポートしていることも強みです。

集学的治療

放射線治療や化学療法、内視鏡治療など複数の治療法を組み合わせることで、癌治療としてのメリットを追求し、デメリットやリスクを最小限に抑えられるような治療プランも構築されています。

化学放射線療法と手術を組み合わせる方法や、診断的内視鏡治療と手術を組み合わせる方法、内視鏡治療と放射線治療を組み合わせる方法など、それぞれの患者にとって担当医とじっくり相談できることが重要です。

慶應義塾大学病院の特徴

がん専門初診外来による癌患者の治療支援

慶應義塾大学病院では癌患者の早期発見・早期治療を実現できるよう、「がん専門初診外来」を設けており、包括的な癌治療の提供を実践していることが特徴です。

資格を有する医師や専門看護師だけでなく、癌治療に特化した専門薬剤師や理学療法士、歯科衛生士などがワンフロアに集まっており、診療科の枠を超えた治療体制を確立しています。

AIホスピタルモデル病院に認定

慶應義塾大学病院は「がんゲノム医療中核拠点病院」や「地域がん診療連携拠点病院(高度型)」など、癌治療の専門病院として公的に認定されており、癌患者の治療を実践するだけでなく新しい治療法やシステムの開発にも積極的に取り組んでいます。

また、2018年には内閣府戦略的イノベーション創造プログラムが策定した「AIホスピタルモデル病院」として認定されており、民間企業と連携してロボットシステムやAI技術、センサー機器などを活用した先進的医療サービスの提供を構築していることも強みです。

慶應義塾大学病院での癌治療の流れ

慶應義塾大学病院は原則として、かかりつけ医からの紹介状を持っている癌患者へ治療を提供する医療機関となっており、初診時には事前に用意されている紹介状を提出することが必要です。また、事前予約制が導入されているため、来院の前に予約した上で受付を行うように推奨されています。

  1. がん専門初診外来予約窓口(03-5363-3020)へ電話で予約
  2. 必要書類の提出(送付)
  3. 初診受付
  4. がん専門初診外来で専門チームの診断を受ける
  5. 癌の状況や患者の体質に合わせた治療プランの検討

慶應義塾大学病院の基本情報

関連ページ