癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 昭和大学病院

昭和大学病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

昭和大学病院は、がん診療連携拠点病院の一つです。2009年に腫瘍内科を開設。薬物療法などの治療を提供してくれます。腫瘍内科医や腫瘍外科医、放射線腫瘍医などさまざまな医師と連携を図りながら、最適な治療を提案していきます。

昭和大学病院の医師

院長:板橋 家頭夫

板橋院長の経歴

板橋院長の所属学会・資格・役職など

昭和大学病院の代表的な治療法

腫瘍内科による専門的な抗がん剤治療

抗がん剤治療は、どのようながん治療を選択しても必要不可欠な治療といわれています。抗がん剤によってがんの進行を遅らせるといった効果が期待されています。しかし効果がある一方で、抗がん剤の副作用に苦しむ方も多くいるのが現状です。

昭和大学病院は腫瘍内科を開設しています。腫瘍内科は、抗がん剤治療のエキスパートといえる診療科です。そのため症状やがんの病態に応じて、最適な抗がん剤の量や種類などを調整することができます。

もちろん腫瘍内科医だけでは、がん治療は不十分です。腫瘍外科医や放射線腫瘍医と連携を図ることで、より良い治療を提供することができるでしょう。抗がん剤にて病巣の進行をコントロールすることで、手術による侵襲を最小限に抑えられます。その結果、身体に及ぼす負担軽減につながるでしょう。

チーム医療による緩和ケア

昭和大学病院では「患者本位の医療」「高度医療の推進」「医療人の育成」を基本理念に掲げています。そのためがん治療を行なう方に対しても、医師が押しつけるようなことはしません。治療法を提案し、納得した上で治療を開始してくれます。

がん治療を行なう場合、身体的・精神的にストレスを感じやすくなるでしょう。身体的なストレスであれば抗がん剤を調整することによって、ほとんどの場合軽減することが可能です。

しかし精神的ストレスは、薬剤でどうにかなるわけではありません。精神的ストレスを軽減するには周囲のサポートが大切です。サポートを行なう場合、最も重要な点が他職種とのチームでおこなえるかどうかです。昭和大学病院では、他職種とのチームにて緩和ケアを行っています。医師だけでなく、看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーなどと連携することで、さまざまな角度からサポートすることができるでしょう。

昭和大学病院は、さまざまながんに対して治療を行っているので、症状によって治療内容を検討してくれます。より良い治療を受けるためにも、がん治療に関する悩みや不安な点を担当医に相談するようにしてくださいね。気になる方は予約をしたうえで、一度診察を受けるようにしましょう。

抗がん剤治療の副作用

個人の体質や薬剤の量などで差はありますが、吐き気・食欲不振・下痢・腹痛・だるさ・脱毛・皮膚炎などの副作用が生じることがあります。

昭和大学病院の病院情報