癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 三次予防の方法

癌を再発させない三次予防の方法

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

癌の三次予防としての食事療法

適切な食事摂取には、体力を維持・向上し、免疫力を高める効果が。そのため、食事療法による癌の再発予防が期待できます。

ポイントとして次のことが挙げられます。

また、蛋白質やカロリーは治癒の促進・抵抗力の増大・エネルギー供給に重要とされているため、高蛋白・高カロリーの食事も推奨されています。

運動療法

適度な運動によって身体活動を高めることは、癌の再発予防に効果的と言われています。

明確な効果の要因ははっきりとされていませんが、運動によって体力・回復力の向上、免疫力の向上、ストレスの軽減、肥満の防止などの効果が期待でき、結果的に癌の再発を予防することに繋がるようです。

個人によって適切な運動は異なりますが、無理なく体を動かせるウォーキングや体操、軽いジョギングなどを毎日継続的に行うことが推奨されています。

術後補助療法

術後補助療法とは、癌の術後に放射線や薬物治療を行うことです。

手術では一見癌を全て取り除いたと思われていても、小さな癌が残っていて後々血管やリンパに乗って転移・再発することもあります。

その可能性のある微細な癌を根絶させる目的で行われるのが術後補助療法で、再発のリスク・死亡率を大きく減らすことができると言われています。

ストレスとの付き合い方

ストレスも癌の再発に影響を与えます。ストレスによって体内の活性酸素が増加し、遺伝子を傷つけることによって発癌や再発を促進してしまうからです。

また、ストレスが溜まると身体の免疫力が低下するので、癌細胞を活性化させたり、新たな病気を招いたりしてしまいます。

ストレスは癌だけでなく、身体に様々な悪影響を及ぼすのは周知の事実。ストレスが全くない生活を送ることは難しいのですが、コントロールしながらうまく付き合っていくことが重要となります。