癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 癌治療で押さえておきたい情報 » 再発癌治療の選び方

再発癌治療の選び方

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

癌治療には保険適用の標準治療から、民間療法のような治療まで色々とありますが、再発癌治療にはどのような治療法を選べば良いのでしょうか。ここでは再発癌治療の選び方について解説しています。

再発癌治療の種類

再発癌治療には大きく分けて、保険適用となる「標準治療」と、保険適用外の治療の、2種類があります。

標準治療

標準治療とは、科学的・医学的根拠にもとづいて推奨される治療であり、国内で現在利用できる治療として「最良の治療」考えられている治療法です。また、治療効果や安全性が公的に認められている治療法でもあり、健康保険の適用対象となっていることも特徴です。

癌の標準治療としては一般的に、手術、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療の3種が「三大治療」とされており、癌の種類や進行度によってそれぞれ適切な標準治療が選択されます。

標準治療は必ずしも最先端の治療法ではなく、場合によっては最初に癌を発症した時の治療と、再発癌の時の治療と、全く同じ治療になるかも知れません。そのため、標準治療を受けても癌が再発してしまった場合、もっと他の治療法がないかと考える人もいるでしょう。

そのような場合は、セカンドオピニオンとして他の医師の意見を聞いて、改めて別の標準治療を検討することも可能です。

その他の治療

標準治療の他にも、現在は国内の個人クリニックなどで独自の癌治療が提供されている場合があり、その種類は遺伝子を使うものや免疫力を高めようとするものから、食事や運動などを活用するものまで様々です。また、国内で標準治療として認められていないものの、海外では保険適用の治療として認められているものもあります。

標準治療ではない癌治療の中には、「最先端の治療」という宣伝文句を使っていたり、古くから伝わってきた民間療法を応用したりと、色々なものがあります。しかし、いずれにしても日本で公的に効果や安全性が認められているものでなく、癌治療の選択肢として優先順位は低いと覚えておきましょう。

標準治療でない治療を受けると保険が使えない?

標準治療ではない治療を受ける場合、原則として保険適用がされず、全て自由診療となります。また、標準治療を受けていたとしても、民間療法を同時に受ける場合、標準治療まで保険適用外となってしまうこともあり、注意しなければなりません。

専門医の診断で適切な標準治療を選ぶ

民間療法を受けた癌患者の中には、治療効果を感じていたり、実際に癌が治ったりするケースもあります。しかし、そもそも本当に安全性や信頼性が高い治療法であれば標準治療として認められるため、そのようなケースは例外的に幸運だったと考えることが自然です。

そのため、再発癌治療を選ぶ際は、何よりもまずしっかりと専門医の診断を受けて、最適と思われる標準治療をきちんと検討していくようにしてください。