癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 湘南メディカルクリニック

湘南メディカルクリニック

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページでは、新宿にある湘南メディカルクリニックの病院情報と、がん再発治療法について調べています。

東京都新宿区にある湘南メディカルクリニックは、がん免疫療法を行なっている医療機関です。クリニックが掲げる「アクセル&ブレーキ療法」の免疫療法で、多くの悪性腫瘍縮小の効果をあげている医療機関になります。

湘南メディカルクリニックの医師紹介

新宿院 院長:阿部 吉伸 医師

阿部院長の経歴

阿部院長の所属学会・資格・役職など

湘南メディカルクリニックの代表的な治療法

アクセル&ブレーキ免疫療法を推奨

湘南メディカルクリニックが採用している治療法は「がん免疫療法(NK・T細胞投与)+抗PD‐1抗体 (二ボルマブ)」を合わせた免疫療法です。クリニックではこの方法を「アクセル&ブレーキ療法」と呼んでいます。さまざまな免疫療法を行なった結果、この方法が一番効果的を判断したそうです。

アクセルとは「攻撃する力」、そしてブレーキとはがん細胞の攻撃を「抑制する力」のこと。まずNK・T細胞と二ボルマブ(抗PD‐1抗体)が協力してがん細胞を攻撃します。そうすると、がん細胞はPD-L1という成分で反撃。しかし二ボルマブは、がんの反撃を防ぐ能力があります。反撃を防いでいる間に、培養により活性化したNK・T細胞が力を維持したままがん細胞を攻撃できる仕組みです。

アクセル&ブレーキ療法の治療法

まず患者さんから採取したリンパ球に、高濃度IL-2と各種抗体を加えます。そして特殊技術によってリンパ球を培養して活性化。そのリンパ球を再度体内に戻して、がんの治療を行なうのです。

投与は2週間ごとに5回の点滴治療を行ない、それを1クールとします。

治療費について

湘南メディカルクリニックは、初回カウンセリングを無料で行なっているというのが大きなポイントです(2019年5月現在)。さらにこちらのクリニックでは、培養士が院内で培養技術を行なっているので、他の医療機関より治療費が約半額になる、というメリットもあります。

がん免疫療法のデメリット

湘南メディカルクリニックの治療費は、相場よりも抑えられています。とはいえ、免疫療法は自由診療(保険適応外)のため、全額自己負担です。

がん免疫療法は、放射線治療や化学療法に比べて副作用はほとんどありません。しかし、点滴投与後に発熱を起こすことがあります。他にも、肝機能障害、甲状腺機能低下症、消化器障害なども起こす可能性があるので、医師とカウンセリングを行なった際に、しっかりと説明を受けましょう。

湘南メディカルクリニックの病院情報