癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 遠隔転移した再発癌 » その他の治療:緩和ケア

その他の治療:緩和ケア

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

緩和ケアとは?

緩和ケアとは、重い病を抱える患者さんやその家族1人ひとりの身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアとされています。

病気を治すという観点だけではなく、身体や気持ちのつらさ、生活そのものに対する悩みを解決するという視点でも対応策を考えていく、そして人生の質を高めていくことが緩和ケアといえます。

緩和ケアは患者さんを苦しめている辛い症状を軽減する目的で行われるケアを指し、痛みや呼吸困難などの症状のコントロールなどの医療ケア、さらに看護、介護、福祉なども含まれます。

緩和ケアの基本方針

主に次の内容が基本方針となります。

化学療法や放射線治療などの他の延命を意図する治療と併用しながら、疾病の初期から適用可能です。さらに必要ならば、それらの治療に伴う副作用の緩和を行うこともあります。

緩和ケアに対する考え方の変化

癌に対する緩和ケアは1990年頃までは「終末期医療」とされてきました。しかしWHOの2002年の改定で癌治療の早期から開始すべき積極的な医療へと変換しました。

日本でも2007年、「がん対策推進基本計画」が制定され、癌患者、および家族も初期の段階から緩和ケアの実施を推奨していくことが掲げられています。

しかし、緩和ケアはこれまでのような手の施しようのない終末期医療、ターミナルケア、というイメージが未だ拭えない現状にあります。こうしたイメージを払拭しようと、近年医療機関でも早期の段階から緩和ケアのサポート体制を整えるような動きも見られてきており、手術、抗がん剤治療、放射線治療にならぶ癌治療の柱にしようとする考えが広まってきています。

緩和ケアに期待できること

緩和ケアを早期から受けることにより、次のような内容が期待できます。

緩和ケアは治療中の病院や緩和ケア病棟のある施設、自宅にて受けられます。

在宅型では住み慣れた自宅で、地域の医師や看護師、介護士などがチームを組み24時間対応できる体制で訪問でケアを行います。介護支援を受けると訪問介護や訪問入浴、訪問リハビリテーションなど多くのサポートを受けることができます。

緩和ケアはまず標準治療を行なってから

緩和ケアは苦痛を取り除き、精神面の安定を図ることが可能です。それは癌の治療においては重要ですが、治療とは少し意味合いが違ってきます。

癌の標準治療である手術、薬物療法、放射線治療を行いながら、緩和ケアを行うことが治療効果を高めることに繋がります。まずは癌の標準治療をしっかりと行い、それをサポートする形で緩和ケアを受けるのが望ましいといえます。