癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療トモセラピー » 肺癌へのトモセラピー治療

肺癌へのトモセラピー治療

このページでは、肺癌へのトモセラピー(強度変調放射線治療)を使った治療の特徴や、その他の放射線治療と比較した場合のメリット・デメリットについて、詳しく解説しています

肺癌にトモセラピー治療は効果を期待できるのか?

肺癌の特徴

肺に癌が発生した場合、組織や集団の形状によって大きく「小細胞肺癌」と「非小細胞肺癌」に分けられ、さらに非小細胞肺癌は腺癌や大細胞癌などに分類されます。

肺癌が局所的な場合、外科手術によって癌を除去することも可能ですが、肺には血管やリンパ管も多く転移しやすいため、癌の進行を防ぐために放射線治療が採用されることも一般的です。

小細胞肺癌に対する放射線治療

局所的に発生している小細胞肺癌であれば、通常は抗がん剤を用いながら放射線治療を行います。放射線の照射範囲があまり大きくなければ、治療開始から数週間ほどで治療を終えることも可能です。ただし、癌のサイズや位置によっては照射範囲が大きくなることもあり、あらかじめ抗がん剤によって癌細胞を縮小させてから、改めて放射線治療を行います。

非小細胞肺癌に対する放射線治療

非小細胞肺癌の場合、病巣が肺に限定的で他への転移などがなければ、腫瘍に対してピンポイントで放射線を照射する治療が効果的です。治療回数が比較的少なく、周囲の臓器への影響も少ないといったことが特徴ですが、正確な治療には腫瘍の位置を正確に把握することが欠かせません。

進行性の非小細胞肺癌の場合、癌の状況や患者の年齢によっては、外科手術による対応が難しく、抗がん剤治療と放射線治療の併用が一般的です。ただし、患者の状態によっては抗がん剤治療に耐えられないこともあり、放射線による治療が中心となることもあります。

肺癌にトモセラピーが期待できる理由

トモセラピーは、治療前に癌細胞の位置を立体的に把握した上で、癌細胞へ高強度の放射線を照射しつつ、周辺組織には放射線量を抑えながら治療することが可能な治療法です。また、複数の癌に対して同時に放射線を照射できるので、局所的な癌細胞だけでなく、肺から転移してしまった癌細胞に対しても治療効果を期待することができるでしょう。

トモセラピーによる放射線は、一方向からの照射でなく、360度から癌病巣を包み込むように照射できるので、特定の癌細胞にのみ放射線を集中させて、治療効果を発揮させることが可能です。そのため、手術によってアプローチすることが難しい癌細胞に対してもピンポイントで放射線治療を行えるので、早期の肺癌だけでなく進行性の肺癌への治療法としても幅広く利用できることがポイントです。

さらに、照射する放射線の強度に差をつけることで、サイズや位置の異なる癌細胞に対しても一度の治療で効果を与え、治療期間を短縮できます。

肺癌治療におけるトモセラピーのメリット・デメリット

メリット

副作用のリスクを抑えられる

トモセラピーでは、必要な治療部位を見極めた上で、必要量の放射線を適切に照射することが可能です。そのため、正常な細胞への放射線被ばく量を抑えられるので、体への余計なダメージを軽減し、副作用リスクを抑えられることはメリットです。

副作用リスクが少ないということは、治療対象となる患者の幅も広いということであり、従来の放射線治療では体への負担が大きくて治療継続が困難であった人でも、トモセラピーならば治療を進められる可能性があります。

治療回数や期間を減らせる

複数の位置へ放射線を照射できるため、一度の治療によってアプローチできる癌細胞の数も増えます。そのため、従来の放射線治療よりも治療回数や治療期間を少なくして、患者への肉体的負担や精神的負担を和らげられる点もメリットです。

治療の確実性を向上させられる

治療部位を確認しながら放射線照射を進められるため、治療の確実性を高めながら、必要最小限の範囲へ放射線を届けることができます。

デメリット

副作用リスクは0でない

トモセラピーは従来の放射線治療よりも副作用リスクが低いとはいえ、人によって皮膚炎や脱毛、吐き気といった副作用が発生する可能性も0ではありません

トモセラピーだけで根治は難しい場合も

トモセラピーの特徴は、正常臓器と癌病巣が隣接しており、できる限り高精度の治療に適しているという点です。また、転移している範囲が広い癌に対しても、放射線治療を行えることも特徴です。ただし、進行性の肺癌で転移先が多かったりサイズが大きかったりする場合、トモセラピーだけでは対応が難しく、抗がん剤治療など化学療法を活用しながら根治を目指すケースもあるでしょう。

そのため、トモセラピーさえあれば大丈夫と油断するのでなく、専門家と相談して、適切な治療プランを検討することが重要です。