癌の再発と上手に付き合うためのサイト

癌の手術・治療を終えた後テーマとなるのが、癌の再発との付き合い方です。
当サイトは、再発癌の予防・治療の正しい情報を提供し、癌患者さんの支えになることを目指しています。
癌は発生する場所によって症状や治療方法、予後などに違いがあります。癌の原発巣の場所による違い、5年生存率、10年生存率、転移しやすい場所、症状、治療方針、再発しないための予防方法などを解説します。

癌が再発する原因

理論上、最初の癌治療でがん細胞が完全に取り除かれてしまえば、再発は起こりません。しかし原発癌の周りに検査では見つけられない微小な癌細胞が残っていた場合、徐々増殖し血管やリンパ管の流れに乗り、他の箇所へと運ばれてそこで増殖する事で再発・転移が起こります。
原因
原因

再発しやすいといわれる期間

一般に癌は治療後5年経過して再発しなければ、完治と見なされる事が多いです。ただし、胃癌や大腸癌は5年経過すると再発は稀となりますが、乳癌の場合は10年経っても再発の可能性があると言われています。それぞれ部位によって再発しやすい期間は異なるため、その期間にあわせた検査・治療が必要です。
期間
期間

癌の再発を発見するための検査

癌の検査の内容や進め方は、癌の種類や出現した場所によって異なります。主に行われる検査は診察にて問診や視診・触診、胸部CT、腹部CT、骨盤CT、腫瘍マーカーなどが挙げられ、これらを組み合わせて検査を行います。検査の種類や特徴、行うべきタイミングなどについて解説していきます。

再発した癌は完治するのか

癌の再発は2つに分けられ、1つは局所での再発で、切除しきれなかった癌が次第に大きくなり同じ部位で再発をします。もう1つは遠隔転移で他の部位に再発する癌です。遠隔転移の場合は完治させる事は非常に困難になります。しかし現代は医学が進み対処する事が可能となっています。その方法について解説していきます。

まだ癌の再発はしていないからこそできることがある

癌の再発させないための三次予防として有効といわれているのは食事療法、運動療法、術後補助療法、そしてストレスを溜めないことなどです。つまり普段の生活習慣が重要となり、これを改善する事が予防には必須といえます。癌によくない食べ物や予防に取り入れたい食べ物、また主な術後補助療法の種類、ストレスを溜めないにはどうしたら良いのか、具体的な方法を挙げながら解説していきます。

局所再発だからこそ取れる手段

局所の再発、または領域再発の場合、根治を目指した外科手術が行われます。癌細胞を安全に切除するためには癌細胞のある部分だけではなく、正常な部分を一定範囲いっしょに切除する必要があります。外科手術によって癌細胞を完全に取り去る事ができれば、無限に増殖し続ける癌細胞が体内に存在しない事になるため有効ではあります。ただし、手術を受ける体力などに問題が生じる場合もあるため、医師との話し合いが必要です。

放射線による、広範囲の癌細胞への治療

遠隔転移癌に対する治療で、短期間で行えるものとして放射線治療と抗がん剤治療が挙げられます。放射線治療は細胞の遺伝子に直接作用して癌細胞が分裂する能力をなくする、または細胞自ら死んでいく現象(アポトーシス)を増強させて癌細胞を破壊します。癌が再発した場合、他の部位への転移が考えられるため、これらの治療は有効な方法となります。また、抗がん剤治療は薬物を点滴や内服により身体の中に入れることで、全身的に効果を期待できる治療法。放射線治療と合わせて行うと相乗効果が期待できます。

身体に負担をかけず、じっくりと治療を行う免疫療法

遠隔転移癌に対する治療で、長期間行う治療として免疫療法があります。人間の身体には体内にあるウイルスや細菌など自己ではない異物を識別し、体外に排除しようとする免疫機能が備わっています。癌細胞も自己の本来の細胞ではない点で異物の1つです。そこで免疫機能を増強する事に通って、癌細胞を排除させる方法が免疫療法です。手術、抗がん剤、放射線治療が癌の3大治療法といわれますがそれに次ぐ治療法として近年注目されています。

複数の病巣へ同時に照射が可能な放射線治療
トモセラピーとは癌病巣を包み込みように放射線を照射し、正常細胞への照射を大幅に軽減させることが可能な治療のこと。脳と脊髄の同時照射、リンパ腫の広範囲照射、全身に転移した広範囲の照射、骨髄移植前の全身照射など、強弱をつけ複数の病巣へ一度に照射できるため、遠隔転移を伴う再発癌の治療として、注目を集めています。再発癌治療へトモセラピーがどのように用いられているか、その情報をお届けします。
癌の治療を行う病院の中でも、特に再発・転移癌への取り組みに力を入れている、都内近郊の病院を紹介します。
掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。
Clinic C4
引用元HP:Clinic C4
http://cccc-sc.jp/
短期 通院

Clinic C4

癌に厳しく、身体に優しい治療をモットーとし、末期癌、多発転移癌に対しても分子機構の修正を行う薬剤とトモセラピーとの併用による、短期間で広範囲の治療を行います。
アクセス 東京都渋谷区元代々木町33番12号
小田急線代々木八幡駅・東京メトロ千代田線代々木公園より徒歩6分
電話番号 03-6407-9407
診療時間 診察日:月曜~金曜 9:00~18:00 予約制
休診日:土曜・日曜・年末年始
医師の経歴 院長 青木幸昌
東京大学医学部医学科卒業
第一種放射線取扱主任者、日本医学放射線学会専門医、日本放射線腫瘍学会認定医、日本放射線腫瘍学会評議員
医師について 説明と選択の医療、人事を尽くすがん医療をモットーとしています。癌治療に携わること30年以上、1万例以上の臨床経験を有し、その多くが進行期・末期という豊富な経験をお持ちの医師です。
東京放射線クリニック
引用元HP:東京放射線クリニック
https://www.troc.jp/
中期通院

東京放射線クリニック

高精度放射線治療を用いて、再発・転移した癌に対して局所放射線治療(いわゆるモグラ叩き療法)を行うクリニック。中期的な治療として、身体への負担を考えた治療プランが組まれています。
アクセス 東京都江東区有明 3-5-7
りんかい線国際展示場駅より徒歩5分
電話番号 03-3529-5420
診療時間 診察日:月曜~金曜 9:00~18:00
休診日:土曜・日曜・祝日
医師の経歴 院長:柏原賢一
京都府立医科大学卒業。徳島大学医学部放射線医学教室講師、Hahnemann大学(客員教授)、MGH/Wachington大学にて研修。愛媛県立中央病院放射線科部長を経て東京放射線クリニック院長に就任
医師について 何より、患者さんの生活の質の向上に重きをおいて、放射線治療にて毎日快適に過ごせる事を目指した治療を行っています。
国立がん研究センター中央病院
引用元HP:国立がん研究センター中央病院
https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/
中期 長期 通院 入院

国立がん研究センター中央病院

各がん種において、国内最大規模の診療実績を持ち、手術療法・化学療法・放射線療法による集学的治療、精神心理的ケアを含めた緩和ケアを実施しています。治験の実績も我が国トップクラスで、医師主導治験にも積極的に取り組んでいます。
アクセス 東京都中央区築地5丁目1-1
東京メトロ日比谷線築地駅より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線築地市場駅より徒歩3分
電話番号 03-3542-2511
診療時間 診察日:月曜~金曜 10:00〜16:00(再診予約8:30〜16:00)
休診日:土曜・日曜・祝日
医師の経歴 病院長 西田 俊朗
大阪大学医学部を卒業
大阪大学医学部附属病院教授、大阪警察病院の副院長・外科系統括部長、国立がん研究センター東病院院長などを歴任し、現在の国立がん研究センター中央病院の院長就任
医師について 希少がんの克服やがんの支持療法の確立、正確ながんデータの集約のための電子カルテ開発に取り組んでいます
東京ベイ先端医療・幕張クリニック
引用元HP:東京ベイ先端医療・幕張クリニック
http://www.aoikai.jp/tokyobay/
短期通院

東京ベイ先端医療・幕張クリニック

高精度放射線治療を民間レベルで行う医療施設です。CTシミュレーターを用いた放射線治療にて早期発見、早期治療を目的とした先端医療に取り組んでいます。
アクセス 千葉県千葉市美浜区豊砂 1-17
JR京葉線 海浜幕張駅よりバス5分
JR総武線・京成線 幕張本郷駅よりバス10分
電話番号 043-299-2000
診療時間 診察日:月曜~日曜 8:30~17:30<
休診日:なし/td>
医師の経歴 院長 幡野和男
日本大学医学部卒業後、国立病院医療センター、千葉大学医学部放射線医学教室 助手・講師
米国ペンシルバニア・ハーネマン医科大学 放射線腫瘍学・核医学フェロー
千葉県がんセンター放射線治療部部長を経て現在に至る
医師について 放射線治療、特に脳腫瘍(悪性神経膠芽腫)、頭頸部腫瘍、前立腺がんなどへのIMRT、MRIを用いた画像誘導子宮頸癌放射線治療を得意とします。
東京ミッドタウン先端医療研究所
引用元HP:東京ミッドタウン先端医療研究所
https://www.midtown-amc.jp/
長期 通院

東京ミッドタウン先端医療研究所

3つの免疫療法(樹状細胞ワクチン療法、ナチュラルキラー細胞療法、活性化リンパ球療法)の組み合わせて相乗効果を狙います。さらに提携クリニックで精度の高い放射線治療も受けられます。
アクセス 東京都港区赤坂9丁目7−1 ミッドタウン・タワー 6F
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅より直結
電話番号 03-5413-7920
診療時間 診察日:月曜~金曜 9:00〜17:00
休診日:土曜・日曜・祝日
医師の経歴 所長:田口淳一
東京大学医学部卒業後ワシントン州立大学へ留学。東京大学医学部附属病院助手、元宮内庁侍従職侍医、東海大学医学部付属八王子病院循環器内科准教授を経て、東京ミッドタウンクリニック院長、東京ミッドタウン先端医療研究所所長に就任。
医師について 循環器医療を中心に専門的な知識を有する。さらにその枠を超え、先駆的、総合的な視野から幅広い分野の医療に携わってきた医師です。
プルミエールクリニック
引用元HP:プルミエールクリニック
https://premiereclinic.net/
長期 通院 入院

プルミエールクリニック

リンパ球療法、がんペプチド搭載の樹状細胞療法、がん幹細胞ワクチン療法などの各種免疫細胞療法を中心に治療を展開。科学的な免疫解析によって治療法を選定し、患者さんに合わせたテーラーメイドの治療プランを提案しています。
アクセス 東京都千代田区九段南3-2-12エルミタージュタワー
JR市ヶ谷駅より徒歩7分
電話番号 03-3222-1055
診療時間 診察日:月曜~土曜 10:00〜17:00
休診日:日曜・祝日
医師の経歴 星野泰三
東京医科大学卒業。同大学大学院にて腫瘍免疫を研究。米国国立衛生研究所(NIH)にてフェローシップを受けた後、プルミエールクリニック開設。その後東京・京都統合医療ビレッジ開設。同クリニック理事長就任。その後統合医療専門学校を設立。
医師について 免疫治療に力を入れ、プルミエールクリニック付属研究所 Astron Institute 研究チームと協働しながら、先端細胞医学から伝統医学までを駆使した芸術的プライベート医療を行っています。
瀬田クリニック東京
引用元HP:瀬田クリニック東京
https://www.j-immunother.com/
長期 通院 入院

瀬田クリニック東京

国内で初めての癌免疫細胞治療専門医療機関として、現在は主に樹状細胞ワクチン療法やアルファ・ベータT細胞療法を提供。19年の実績の中で、20,000名ほどの治療経験を積んでいます。
アクセス 東京都千代田区神田駿河台二丁目1番地45
ニュー駿河台ビル3階
JR・東京メトロ 御茶ノ水駅より徒歩6分
電話番号 03-5280-0086
診療時間 診察日:月曜~金曜 10:00~13:00/14:00~17:00
休診日:土曜・日曜・祝日
医師の経歴 院長:瀧本理修
産業医科大学医学部卒業、ペンシルバニア大学ハワードヒューズ研究所などを経て札幌医科大学附属病院腫瘍診療センター化学療法管理室室長就任。その後札幌医科大学医学部腫瘍・血液内科学講座 准教授を経て現在は瀬田クリニック新横浜院長
医師について 一人ひとりの患者さんに適した個別化医療とQOLを重視した身体に優しいがん治療を目指しています。
UDXヒラハタクリニック
引用元HP:UDXヒラハタクリニック
https://www.udx-hc.com/
長期 通院 入院

UDXヒラハタクリニック

癌の遺伝子診断によって、がん関連遺伝子の突然変異など、131種類の発現状態を全て検査し、患者様の遺伝子変異をきちんと把握したうえで、治療を行っていきます。また、癌抑制遺伝子を体内入れることにより、異常な遺伝子を正常化へ促す癌遺伝子治療法も可能です。
アクセス 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル6F
最寄
秋葉原駅から徒歩約3分
末広町駅から徒歩約3分
秋葉原駅から徒歩約4分
電話番号 03-3258-8080
診療時間 診察日:月曜~土曜 10:00~13:00/15:00~18:30
休診日:日曜・祝日・お盆・年末年始
医師の経歴 平畑徹幸
東邦大学医学部卒業。米国留学を経て、渋谷にヒラハタクリニックを開業。秋葉原でUDXヒラハタクリニック、研究所を設立。
医師について 医療法人社団創友会 理事長。がん遺伝子診断・治療研究所 所長、A4M「米国抗加齢学会」認定医など数々の功績を持っています。