癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 東京ミッドタウン先端医療研究所

東京ミッドタウン先端医療研究所

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

免疫療法、免疫治療による癌治療を柱にしているクリニックです。

癌免疫治療を提供するのはもちろん、高精度放射線治療をはじめとした標準治療や補助療法も含め、個々の状況に合わせた併用治療も提案しています。

東京ミッドタウン先端医療研究所の医師

所長:田口淳一

田口所長の経歴

田口所長の所属学会・資格・役職など

田口所長の目指す医療

がん治療を続けるにあたってどうしても避けられないのが、治療や薬などによって起こる副作用です。副作用による肉体的・精神的負担に苦しむ患者は多く、副作用からの解放を望んで、治療薬をあえて辞める選択を行うことも。残りの生活の質を上げる「緩和ケア」へ切り替える人も少なくありません。どちらを選ぶのかは患者の自由ではありますが、田口所長は患者にそういった「痛みを伴う治療か、痛みを減らすために治療をやめるか」という選択を迫ること自体が酷であり、幅広い選択肢をできる限り提示できるのが医師の仕事であると考えています。最終的な結論を患者が下すまで諦めずに治療を続けるべきという方針の下、研究所所長を勤めています。

がん診療部長 島袋 誠守

がん診療部長・島袋医師の経歴

がん診療部長・島袋医師の目指す医療

がんになった患者だけでなく、医師そして家族の連携により、ワンチームとしてがん治療に取り組むことを目指している島袋医師。かつてがんへの主な対処として選択肢に挙げられたのは「標準治療」と「緩和ケア」の2つのみでした。最近はそこへ、免疫療法も新たな手段として加わっています。かつては治療後の選択肢として使われてきた免疫療法ですが、現在は根治を目的として標準治療と合わせて行なうケースも少なくありません。また、術後の再発防止にも免疫療法を合わせて行うといったケースも増えてきています。島袋医師は様々な方法で患者をサポートし、選択肢を提供することで、がんに対抗しています。

がん診療部長・島袋医師の所属学会・資格・役職など

東京ミッドタウン先端医療研究所の代表的な治療法

体内でがん細胞に対抗する免疫細胞の力を使い、がん細胞に働きかける治療を「免疫療法」と言います。東京ミッドタウン先端医療研究所では、癌免疫療法として「樹状細胞ワクチン療法」を行っています。

樹状細胞ワクチン療法は、特定の癌細胞をリンパ球に攻撃させる治療法。リンパ球を教育するために、樹状細胞へ「癌抗原」という癌細胞の目印を覚えさせます。

放射線や手術のような局所治療ではないので、転移してしまったがんへの効果が期待できます。

肉眼では見つからないがん細胞へのアプローチも可能です。東京ミッドタウン先端医療研究所で利用されている樹状細胞ワクチンは、それぞれの患者にあった型を選んで投与するため、作用をより高められます。

NK細胞療法、活性化リンパ球療法といった、ほかの免疫療法にも対応しています。

樹状細胞ワクチン療法の副作用について

東京ミッドタウン先端医療研究所では、樹状細胞ワクチン療法と呼ばれる免疫療法の1つを提供しています。

樹状細胞ワクチン療法において副作用の可能性のあるフェーズは2回。採血時と治療時です。採血は樹状細胞を患者から採取するために行いますが、口の周りや手足の痺れが起こる可能性があります。これは一時的なもので、カルシウム補給によって治ります。次に、治療時ですが、樹状細胞ワクチンを患者の身体に注入する際に、注射部位の赤みが発生する可能性と、注射後に身体が発熱する可能性があります。これらも一時的な症状で、時間の経過によって改善するので心配はありません。採血時・治療時のいずれの場合でも、重篤な副作用は報告されていません。

免疫療法のデメリット

免疫療法は開発段階の治療のため、医学的な根拠を示すデータが少なく、治療実績が十分ではないといわれています。徐々に研究や実績が増えてきてはいますが、まだ発展途上の治療方法なので科学的に有効と証明されていない免疫療法も多数あります。効果が認められていないものは保険診療として認められていないため、患者が全額負担する自由診療で治療をしている医療施設が中心です。

提携医療機関による放射線治療

東京ミッドタウン先端医療研究所は東京放射線クリニックと提携し、放射線治療を行っています。治療は様々な患者に対して行われており、早期がん・進行がん・または再発や転移が認められた患者が対象です。腫瘍の治療や痛みの軽減、止血への効果が期待できます。東京放射線クリニックでは、高精度放射線治療という治療が可能。使われる放射線は従来より精度が高く、対象の部位に集中して照射できます。また高精度放射線治療には副作用が少ないというメリットも。患者毎に高い効果が期待できる治療を適切に提案してくれるようです。どのようながんに効果があるのかについては、ホームページ上で説明しています。

東京ミッドタウン先端医療研究所の特徴

東京ミッドタウン先端医療研究所はその名の通り、東京ミッドタウン内にあります。東京メトロ日比谷線六本木駅や都営地下鉄大江戸線六本木駅に直結しているという好立地。天候が悪くても、雨に濡れずに研究所まで向かえます。

研究所内は清潔に保たれており、診療に必要な設備も充実。CTやMRIなどが揃っています。研究所で働くスタッフは優しく、丁寧に説明してくれるため、評判も高いです。一般外来や歯科も併設しているため、他の疾患にも対応可能です。治療時には患者をリラックスさせるため、アロマを部屋内で焚くなどの対応も行っています。東京ミッドタウンという都心にありながら近くには公園もあるので、治療後に散歩を楽しめる環境です。

東京ミッドタウン先端医療研究所での免疫療法の流れ

東京ミッドタウン先端医療研究所が力を入れている治療は、癌免疫療法です。同研究所で治療を受ける場合の流れはシンプル。医師への相談から始まり、検査、治療計画策定、アフェレーシス(成分採血)、治療、そして最後に治療の評価を行います。同研究所では、医師に症状を説明して相談する段階においては無料となっているのも特徴の1つです。免疫療法は自分の持っている免疫を活用するため、採血が必須。採取された血液を用いて、樹状細胞ワクチンや活性化リンパ球を準備するため、実際の治療開始までには採血から2~3週間かかります。治療評価の断面では、行った免疫療法がどの程度効果があったのかを確認し、同じ方法を続けるか他の療法を試すかといった治療方針を検討します。

東京ミッドタウン先端医療研究所の病院情報