癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 苑田放射線クリニック

公開日: |更新日:

苑田放射線クリニック

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページでは、放射線治療に特化したクリニックとして癌患者や再発癌患者をサポートする「苑田放射線クリニック」について、クリニックの特徴や放射線治療の強み、医師の情報などを詳しく解説しています。

苑田放射線クリニックの医師

齋藤勉院長の目指す医療

苑田放射線クリニックの院長を務める齋藤勉医師は、放射線治療を必要としている患者に対して、「常に患者様を受け入れます」という基本方針を掲げています。高精度放射線治療を可能とするリニアックを導入し、様々な放射線治療のニーズに対して、医学的根拠にもとづいて適切な放射線治療メニューを提供することを重視していることがポイントです。

また、個人クリニックならではのサービスとして、各患者に寄り添い、きめ細やかなサービス提供に努めている点も重要です。

齋藤勉院長の経歴

齋藤勉院長の所属学会・資格・役職など

苑田放射線クリニックの代表的な治療法

苑田放射線クリニックは放射線治療に特化したクリニックであり、リニアックという放射線照射装置を導入することで、高精度放射線治療を含めた幅広い放射線治療を提供しています。

高精度放射線治療

あらかじめ専用CTなどを活用して患者の体内を観察し、治療を要する部位や癌の位置といった情報を収集した上で、ピンポイントの放射線照射を実施する治療法です。

必要な部位へ放射線を照射することで、癌の治療について効率性を高めつつ、他の健常細胞や組織へ与える被曝ダメージを低減できるといったメリットがあります。

高精度放射線治療はさらに、定位放射線照射(SRI)や強度変調放射線治療(IMRT)といった治療法に分類されます。

強度変調放射線治療(IMRT)

癌の形状やサイズなどを事前に精査した上、さらにリアルタイムでも確認しながら、それぞれの癌に合わせて照射する放射線の強度を随時調整する高精度放射線治療です。

IMRTにはリアルタイムの放射線調整や照射を叶える補助技術が重要であり、苑田放射線クリニックではコンピュータ制御下で放射線照射装置と連動するロボット寝台などを導入しています。

定位放射線照射(SRI)

定位放射線照射(SRI)は、複数の方向から1点に向けて弱い放射線を照射し、ターゲット部位で放射線を集合させることでエネルギーを強める高精度放射線治療です。

それぞれの放射線による周辺組織へのダメージを軽減しつつ、ターゲットとなる癌に対して放射線の治療効果を発揮することで、副作用のリスクを抑えながら治療効果を追求できると考えられています。

苑田放射線クリニックの特徴

苑田放射線クリニックは放射線治療に特化したクリニックだからこそ、必要な設備機器の導入についても積極的に行っており、さらに治療効果を高めるための取り組みについても複数のものが用意されています。

必要な機器の積極的導入

苑田放射線クリニックでは高精度放射線治療を実現するための装置として、エレクタ社製のリニアック放射線治療装置(エレクタシナジー)を導入していることが特徴です。加えて、照射位置を合わせるために必要なCTも導入されており、照射位置の微妙なズレも6軸ロボット寝台と合わせてコンピュータ制御で適切に調節されています。

なお、どのような放射線治療が適しているかどうかは、あらかじめ日立社製の放射線治療計画装置(ピナクル3)を利用し、事前検査にもとづいて計算していることも特徴です。

※設備内容は2022年6月時点の情報です。

医療相談外来による相談やセカンドオピニオン外来

放射線治療について疑問や不安を抱いている人のために、医療相談外来が設置されて、癌治療や放射線治療に不安を抱える患者や家族に寄り添っています。

また、現状の治療や治療計画についてセカンドオピニオンを求めている人に対しても、セカンドオピニオン外来が設置されており、放射線治療の専門医として患者の相談に乗ってくれることが強みです。

苑田放射線クリニックの治療の流れ

苑田放射線クリニックでは以下の流れで治療が進められます。

1.診察・面談

患者の現状を診察した上で、これまでの治療内容や診療情報とも照らし合わせながら、どのような治療が適しているのか検討します。なお、放射線治療のメリットだけでなくデメリットなどについても細かく説明されることが重要です。

2.事前検査・放射線治療計画

改めてCT検査など事前検査を行い、具体的に放射線治療計画を策定します。また、計画の検討は医師だけでなく放射線技師や医学物理士が協働します。

3.治療実施

治療計画にもとづいて放射線照射を実行しますが、必要に応じてCT検査なども実施しなければなりません。また、副作用に対するケアも同時に考えます。

4.経過観察

放射線照射が完了した後も、具体的にどのような治療効果を得られているのか経過観察とアフターケアを行います。

苑田放射線クリニックの基本情報

関連ページ