癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 東京女子医科大学がんセンター

公開日: |更新日:

東京女子医科大学がんセンター

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページでは、平成19年10月から癌治療・癌研究に関する全学的な医療機関として運営されている「東京女子医科大学がんセンター」について、癌治療の取り組みや病院の特徴などを紹介しています。

東京女子医科大学がんセンターの代表的な治療法

低侵襲治療の腹腔鏡下手術・胸腔鏡下手術

東京女子医科大学がんセンターでは手術部位として、患者の体へ3mm~2cm程度の穴を数カ所だけ開けて癌へアプローチする腹腔鏡下手術・胸腔鏡下手術を行っています。

従来は大きな穴を開けなければ行えない手術でしたが、現代は光学機器や手術器具の進歩によって穴のサイズが小さくなっており、患者への負担を抑えられていることが特徴です。また、出血などが少なく術後の回復も早いと期待されています。

ガンマナイフ・パーフェクション

高精度(0.1mm単位)のガンマ線によって、脳幹や脳神経といった重要組織に対して病変のみを治療するガンマナイフが導入されています。

東京女子医科大学がんセンターではガンマナイフとして「パーフェクション」が導入されており、数十カ所の多発性転移性脳腫瘍も1日で治療できるようになりました。また、治療精度の単位が0.05mmにまで発達しており、より正常組織へのダメージを抑えられていることも重要です。

頭蓋底髄膜腫術前シミュレーション3D画像

癌の位置やサイズ、周辺の神経や血管といった重要組織などを解剖学的に診断し、専用コンピューターによって3Dイメージへ変換して術前シミュレーションを行うシステムです。

手術の手順や治療部位の確認などを実際の流れにもとづいて具体的にシミュレーションできるため、神経損傷や血管損傷のリスクを低下させて患者のQOLを高めるために役立ちます。

東京女子医科大学がんセンターの特徴

積極的な設備や手術法の導入

東京女子医科大学がんセンターではさまざまな癌治療のプランや医療機器について、国内外を問わず情報のアンテナを張り巡らせており、効果があると判断された内容に関しては積極的な導入な実践を進めています。

癌治療と癌研究の両方を行う医療機関

東京女子医科大学がんセンターには、癌の治療と研究をそれぞれ行う部門が開設されており、全学的な医療機関として運営されていることもポイントです。

新しい研究内容を治療として実践し、効果を高められる方法について常に検討されている点は見逃せません。

東京女子医科大学がんセンターでの癌治療の流れ

予約診療が行われており、初診の際は予約センターで予約が必要です。

また、癌に関する無料の専門相談室が開かれており、多分野の専門家と治療の方針や流れについて話し合えることも魅力です。

東京女子医科大学がんセンターの基本情報

関連ページ