癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療トモセラピー » 脊椎腫瘍へのトモセラピー治療

脊椎腫瘍へのトモセラピー治療

ここでは、脊椎骨(背骨)に発生する脊椎腫瘍について、トモセラピー治療の有効性や、脊椎腫瘍にトモセラピーを活用するメリットやデメリットを総合的にまとめました。

脊椎腫瘍にトモセラピー治療は効果を期待できるのか?

脊椎腫瘍/脊髄腫瘍の特徴

脊椎腫瘍とは、脊椎骨(背骨)に発生する腫瘍であり、脊椎腫瘍には原発性のものと、他の癌から転移してくる転移性脊椎腫瘍の2種類があります。また、原発性脊椎腫瘍の場合、骨の組織細胞から腫瘍が発生するもので、良性腫瘍と悪性腫瘍(肉腫)があります。なお、転移性脊椎腫瘍の場合、他の臓器の悪性腫瘍が脊椎に転移してくるため、基本的に全て悪性です。

脊髄腫瘍とは、脊椎の中にある脊髄・脳脊髄を保護している膜(軟膜・くも膜・硬膜)から発生する腫瘍であり、脊椎腫瘍と同様に原発性・転移性、また原発性においては良性・悪性があります。

自覚症状

脊椎腫瘍は骨転移癌と同様に骨の痛み(骨痛)がある他、腫瘍が神経を圧迫することによる神経症状なども現れます。その他、背中や腰といった骨の周囲に痛みが生じるケースもあるでしょう。神経症状については、脊椎腫瘍の位置やサイズによって異なる症状が現れます。

その他、体重がかかりやすい腰椎に脊椎腫瘍が発生した場合、骨がもろくなって骨折しやすいといったリスクにも注意が必要です。

悪性と良性の違い

悪性腫瘍の場合、腫瘍が短期間で進行し、症状も早く進みます。一方、良性腫瘍の場合は数ヶ月から数年をかけて症状が進行するため、症状を自覚しても軽度であればなかなか医師へ相談せず、発見が遅れることも珍しくありません。

良性の場合、すぐに治療や手術が必要でないこともありますが、基本的に違和感や症状に気づけばすぐに医師へ相談することが大切です。

脊椎腫瘍の治療方法

外科手術

脊椎腫瘍では、まず外科手術による腫瘍の除去が考えられます。しかし、腫瘍の位置やサイズによって癌細胞や腫瘍を取り切れないこともあり、化学療法や放射線治療が併用されることもあるでしょう。

化学療法

腫瘍の量が多い場合や、手術による全摘出が困難な場合、化学療法による治療も一般的です。どのような状態であれば化学療法が選択されるのか、担当医と詳しく相談することが必要です。

放射線治療

化学療法と同様に、手術による治療が困難であったり不充分であったりする場合、放射線治療も併用されます。また、転移性脊椎腫瘍/転移性脊髄腫瘍の状態によっては、最初から外科手術を行わず放射線治療のみが選択されることもあります

脊椎腫瘍にトモセラピーが期待できる理由

従来の放射線治療では、一度に照射できる部位は一カ所であり、照射部位を変えるたびに患者の姿勢を変えて機器を調整することが必要です。一方、トモセラピーではCTのように全身を360度方向からターゲッティングできる上、放射線の強度を個々に調節しながら照射できるため、一回の治療でスムーズに複数部位を治療することが可能です。

また、トモセラピーでは腫瘍へピンポイントで適切な放射線を照射できるので、他の組織や臓器へのダメージを軽減し、安全に放射線治療を進めやすいことも見逃せません。

原発性脊椎腫瘍であれ、転移性脊椎腫瘍であれ、トモセラピーはステージや条件に限定されることなく治療プランを立てられる、メリットの多い治療方法といえるでしょう。

脊椎腫瘍の治療におけるトモセラピーのメリット・デメリット

メリット

治療期間の短縮

一度に治療できる部位が多く、放射線の強度調整も行えるため、治療の総回数を減らすことができます。そのため、治療期間も短くなり、患者への負担を軽減できる点はメリットです。

治療費の節約

2010年の診療報酬改定によって、全身に転移しておらず(限局性)、血液癌などを除いた固形の悪性腫瘍に関しては、部位を問わずに保険適用となりました。そのため、トモセラピーも治療に幅広く活用しやすくなった上、治療回数を減らせるために治療費を節約できることも重要です。

デメリット

治療できる施設が限られている

高精度放射線治療であるトモセラピーを行うには、治療機器としてIMRT(強度変調放射線治療)の専用機と、経験豊富なプロのスキルが不可欠であり、必ずしも治療を行える環境が近くにない点はデメリットでしょう。

保険適用ができないケースもある

脊椎腫瘍には様々な種類があり、状態によってはトモセラピーが保険適用とならない可能性もあります。自由診療による癌治療は高額になるため、まずは治療プランなどについて担当医へきちんと相談するようにしてください。