癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 国立がん研究センター中央病院

国立がん研究センター中央病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

各癌種において、国内最大規模の診療実績を持ち、手術療法・化学療法・放射線療法による集学的治療、精神心理的ケアを含めた緩和ケアを実施しています。

治験の実績も国内トップクラスで、医師主導治験にも積極的に取り組んでいます。

国立がん研究センター中央病院の医師

院長:西田俊朗

西田院長の目指す医療

西田院長は、病院のスローガンである「社会と協働し、すべての国民に最適ながん医療を提供する」という言葉だけでなく、医療の向上なども大切にしています。国内でも有数ながんの病院として、どのようにがんに関わっていけばいいかについて取り組みました。

がんの治療に関して、末期がんの患者以外ではケアを受けられないと思っている方も多いかもしれません。ほかのがん治療中に行うケアとして「支持療法」というものがあります。がんの治療を行ううえで、つらい思いをする患者さんの気持ちに配慮する必要があるという考えから、取り入れていくことを考えられたようです。まだ確立されていないケアの方法なので、病院でエビデンス(医学的根拠)をつくる研究を探しています。

また、院長は国立がん研究センター中央病院を、インタビューでオーケストラの指揮者に例えています。指揮者だけがスペシャリストではオーケストラは成り立ちません。つまり、全国の病院のレベルも高くすることががんの治療を行う病院での課題ということ。西田院長によれば、新しいがん医療を目指す人にこそ、この病院で働いてほしいと考えているようです。

また、がん治療においては病院の選び方が重要です。急性期かそうでないかによって、利用する病院は異なってくるでしょう。西田院長率いる国立がん研究センター中央病院では、急性期のがん治療を受け入れています。

西田院長の経歴

西田院長の所属学会・資格・役職など

国立がん研究センター中央病院の代表的な治療法

治験

人での効果や安全性について調べる試験を臨床試験といい、このうち厚生労働省から薬として承認を受けるために行う臨床試験のことを治験といいます。国立がん研究センター中央病院では医師主導治験にも積極的に取り組んでいます。

治験のメリットとして、新たな治療の選択肢が増える、通常の診療以上に細かな検査や診察を受けることができるといったことが挙げられます。

しかし予測しない副作用が出る場合や効果がみられない可能性がある、来院回数が増えるといったデメリットもあります。

先進医療科での治療

先進医療科で新たな治療法をつくるための治験や研究を行われています。治験に参加したい場合は、病院の相談支援センターに問い合わせると良いでしょう。

患者さんの病状などにより、治験に参加できるかは変わってくるため、確実に治験に参加できるとは限りません。日本での医薬品開発は製薬企業のみが認められていました。2003年から範囲が医師にまで広がっています。

国立がん研究センター中央病院では、効果に期待ができる抗がん剤で治療に使える種類を増やすため、医師主導の治験を進めているのです。治験を行うときには、参加する患者さんの権利を守り、新薬の効果がみられるかの判断が必要です。治験を受ける患者さんには、どのような内容で治験を行うかの説明が大切になります。

放射線治療

定位放射線照射

定位放射線治療とは、SRTと呼ばれています。いろいろな方向から放射線を当てる方法です。がんの病巣が大きくないときに使われる治療法で、一般的な放射線治療より正常な組織へのダメージが少ない治療とされています。

定位放射線照射では、ガンマナイフという装置を使うこともあるでしょう。ガンマナイフでは放射線照射装置で使う装置の一種です。装置の穴から放射線を出すことで、小さな病巣へ集中してビームを当てることが可能となります。

サイバーナイフ

サイバーナイフは放射線治療を行うときに有効な装置です。放射線をあてるロボットで、いろいろな方向から放射線をあてることが可能になりました。正常な組織への負担が少ない治療を行うサポートが可能です。

サイバーナイフでは固定器具を使わなくても良いため、放射線治療時の負担を減らすことができます。頭の治療を行う際は、簡単な固定が必要です。呼吸を行うことで腫瘍が移動した場合には、動いた腫瘍の位置に放射線を当てることができます。

放射線治療時に呼吸を止める必要などのストレスを減らすため、必要とされる機器がサイバーナイフです。

TrueBeam(X線照射装置)による治療

TrueBeamは、放射線治療を精密に行うためのX線照射装置となります。呼吸を行うと臓器は動きますが、動いたあとの臓器を追いかける機能があるため、治療時の負担が少ないでしょう。

この装置では放射線を多く出せるため、治療にかかる時間を短くすることができます。放射線治療を行いながら画像も確認でき、より精密な治療を行うことが可能でしょう。

TrueBeamの装置は、使用するがんと使用しないがんがあります。この装置が利用できないがんでも、ほかの種類の装置を使うなど、患者さんにあった方法の選択が必要です。

即時適合型体外照射

放射線治療では、装置や放射線を組み合わせた治療が可能です。即時適合型体外照射は、治療できる部位や病変が決まっている固形の腫瘍で行います。放射線治療のシステムでは、放射線で治療をしている間に放射線を当てた部位や周辺の情報を得ることが可能です。

従来の治療法より、腫瘍や周辺の臓器の状態を把握しやすくなりました。MRIを併用することで。画像を見ながら治療を行うことにより、患者さんにあわせた治療計画を立てやすくなっています。

治療の副作用

放射線治療は少なからず副作用が生じます。照射した部位や個人の体質などで差はありますが、治療中や直後など比較的早期に副作用が生じる場合と、半年から数年後に副作用が生じる場合があります。主な副作用は吐き気、食欲不振、下痢、腹痛、だるさ、脱毛(照射箇所のみ)、皮膚炎、口内炎などです。

また、抗がん剤は正常細胞にも影響を与えます。骨髄細胞、口腔や腸の粘膜細胞、卵巣や精巣にある生殖細胞などは、特に抗がん剤の影響を受けやすく、その結果、白血球の減少や胃腸障害、生殖能力の低下、脱毛といった副作用が現れます。

国立がん研究センター中央病院の特徴

国立がん研究センター中央病院では、「社会と協働し、全ての国民に最適ながん医療を提供する」ことを理念としています。そのため、がんの研究を行い、がんに関する専門スタッフの人材育成を目指しました。

この国立がん研究センター中央病院のコンセプトは、「従来型医療では満たされない、患者のニーズにお応えするために」です。治療支援プログラムでは臨床心理士や管理栄養士など、さまざまな観点からケアを考えています。

がんにかかると、人生設計に迷いが生まれるかもしれません。その時に支えとなれるよう、病院のスタッフも家族とともにサポートを行っているようです。

国立がん研究センター中央病院での治療の流れ

国立がん研究センター中央病院を初めて受診する場合、かかりつけ医からの紹介状が必要です。また、受診は予約制。脳脊髄腫瘍科と乳腺外科は検査結果があれば紹介状なしで受診可能ですが、別途8,800円必要になります。

国立がん研究センター中央病院では放射線治療科があり、ほかの病院などとも連携して治療を行っているとのこと。ほかの治療と併せることでより治療効果が認められますが、ほかの先進国と比べて日本では放射線治療が少ない状況です。

放射線治療は種類が多く、代表的なX線や電子線以外にも、外部照射や小線源治療などもあります。放射線治療は日々進歩しているといえるでしょう。放射線を使ってどんな治療計画を練るか、治療終了後の経過観察など、必要な検討事項はさまざまです。全身照射や適格な病巣への照射などの方法があります。

国立がん研究センター中央病院では放射線腫瘍医や専門技師、放射線治療科、放射線診断科など、専門スタッフや部門などの存在が細やかです。がんの治療を行いたい、という方はご検討ください。

国立がん研究センター中央病院の病院情報