癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 武蔵野赤十字病院

武蔵野赤十字病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

武蔵野赤十字病院は、厚生労働大臣により「がん診療連携拠点病院」に指定されている病院です。

専門知識や技術が必要とされる高度のがん治療を提供するだけでなく、それぞれの症状や病態に必要とされる医療を病院全体で支援していくことを心がけてくれています。

武蔵野赤十字病院の医師

院長:泉 並木

泉院長の目指す医療

泉院長は、小さな病院だと対応が難しい疾患の検査・治療・手術などを提供する医療機関を目指している医師です。慢性疾患の治療や健康維持などの対応は開業医(かかりつけ医)に任せるべきだと考えており、武蔵野赤十字病院では専門的な専門的な検査ができる設備の導入や救急医療対応等に力を入れています。

泉院長の経歴

所属学会・資格・役職など

武蔵野赤十字病院の代表的な治療法

手術療法

武蔵野赤十字病院はさまざまながんに対して手術療法を行っていますが、それぞれの部位や状態によって手術内容は異なります。そのため手術療法を行う場合には、どのような術式なのか、しっかり確認するようにしてください。

化学療法

武蔵野赤十字病院は外来化学療法室、無菌室、安全キャビネットなどの設備があります。これらの設備が整っていることで、化学療法もスムーズに行える環境といえるでしょう。

さらに、がん治療を専門にした腫瘍内科を開設。がんの治療に関する資格を保有している医師や看護師が薬剤師とも連携を図り、治療にあたります。がんに関して専門的な知識を持った方が集まっているので、患者に適した化学療法を提案してくれるでしょう。

また武蔵野赤十字病院なら、ほとんどのがん治療を行うことができます。万が一、治療が難しい場合でも、治療が可能な病院への紹介状を書いてくれるのでまずは相談してみてください。

化学療法の進歩によって、入院せずとも外来での治療もできます。主治医と相談しながら仕事や家庭の都合に合わせて治療を進めることも可能です。

放射線療法

放射線療法は臓器を温存しながら、がんを消滅させることができる点が最大の特徴です。

放射線治療技術の進歩によって、現在は複雑な形の腫瘍に対しても放射線を照射できることができます。がん周囲にある正常な組織への放射線の影響を限りなく減らせるため、放射線療法の適応疾患も徐々に増加傾向にあるのです。

武蔵野赤十字病院では、放射線治療装置としてリニアックを採用しています。脳や肺、肝臓など高い精度での照射が必要な臓器に対して、定位放射線治療が可能です。

放射線療法であれば、高齢者や合併症のある方でも受けられる可能性があります。

患者と家族をサポートする多彩な取り組み

武蔵野赤十字病院は他にも、緩和ケアや栄養サポート、看護師によるがん看護外来などの取り組みが行われています。

また、定期的に向日葵会も開催。向日葵会は、武蔵野赤十字病院の産婦人科・乳腺科で診療を受けている、がん体験者により結成された会です。同じような境遇の方の体験談を聞き、コミュニケーションが図れます。1人だけでは抱えきれないモヤモヤした気分をスッキリさせられるかもしれません。

患者と家族が必要としているサポートを受けられる点が、武蔵野赤十字病院の強みといえるでしょう。

部位別にみる武蔵野赤十字病院のがん治療

胃がん

胃がんと疑われる場合は詳しい検査をする必要があるため、内視鏡検査とCT検査を実施。検査結果から判断できるがんの転移の可能性によって、その後の治療方法が変わります。

大腸がん

大腸がんと疑われる場合は、腫瘍がある場所やがんの深さ、転移の可能性などを詳しく知るために、内視鏡検査と大腸バリウム検査を行います。大腸がんの治療もステージ(がんの進行度を表す数値)ごとに変わってきます。

肝臓がん

肝臓がんと疑われる場合は、詳細な症状を把握するために造影CTやMRI検査、造影超音波検査などの画像診断を実施します。検査後は、肝機能の状態や腫瘍の大きさに合わせて、いくつかの治療法の中から適した方法を医師が判断してくれます。

肺がん

肺がんと疑われる場合は、化学療法や放射線治療、手術といった複合的な治療を進めます。また、患者さんに合わせた薬物治療も行われるために、細胞組織の採取・診断も必要です。さらに肺がんの場合は、息苦しさや呼吸による痛みが伴うことが多いため、緩和チームが症状緩和のために対処してくれます。

乳がん

乳がんと疑われている場合は、生体検査と画像検査で症状を細かく分析します。治療方法は、化学療法や放射線治療、手術などを複合的に実施。

また乳がんの場合、形成外科の協力のもとチーム医療による形成手術(保険適用)を提供してくれます。そのほか、専門スタッフによる食事指導やカウンセリング、就労サポートなど、多岐にわたる支援を受けることが可能です。

前立腺がん

前立腺がんと疑われる場合は、基本的にMRI検査でがんの状態を分析して、治療方法を策定します。必要とされる場合のみ、針生体検査も行われます。治療方法は患者さんの状態に合わせて、放射線治療や開腹手術などから主治医が判断する流れです。

子宮・卵巣がん

子宮・卵巣がんが疑われる場合は、女性のライフスタイルを優先した治療方法を受けられるのが特徴。

日常診療に関しては、複数の診療科・医師(婦人科医、腫瘍内科医、放射線診断・治療医、病理医、緩和ケア医)がチームとなって取り組んでいるそうです。

血液がん

血液がんと診断された、または血液がんの疑いがある場合は血液検査を行います。白血病や多発性骨髄腫・悪性リンパ腫など、血液に由来するがんか分析。血液がんだった場合、自家末梢血幹細胞移植と化学療法で対応しています。

耳鼻科・頭頸部がん

耳鼻科・頭頚部がんにあてはまるのは、咽頭がん、喉頭がん、甲状腺がんなど。いずれかのがんだと診断された場合、以下の治療方法を選択しながら回復を目指します。

脳腫瘍

脳細胞から発生する脳原発の悪性腫瘍(神経膠腫)の場合は、手術による完全な切除が難しいため、術後に化学療法と放射線治療を行います。また、他の箇所で発生したがんが脳に転移した「転移性脳腫瘍」の場合も、患者さんの状態に合わせて手術や放射線治療、化学療法を実施します。

病院の特徴

東京都武蔵野市境南町にある武蔵野赤十字病院。

電車でアクセスする場合、JR中央線が乗り入れる「武蔵境駅」の南口から歩いて10分ほどで到着します。比較的駅から近い立地です。また、バスを利用する場合は、ムーバス(境南東循環)に乗るのがおすすめ。武蔵野赤十字病院前まで直接アクセスできますよ。

施設は5つの病棟(1番館から5番館)と高度放射線治療センターの合計6棟に分かれています。1番館の1階には、売店やATM、理容室や美容室といった設備が入っているので便利です。総合窓口や会計窓口は5番館に密集しているため、受付しやすいでしょう。

また、武蔵野赤十字病院はナチュラルで過ごしやすい雰囲気が特徴。観葉植物を増やしたり、アトリウムを設置したりして、心落ち着く空間を演出しています。

武蔵野赤十字病院の治療(放射線治療・免疫療法など)の流れ

武蔵野赤十字病院は、救急医療と入院診療を中心とした医療機関のため、初診の場合は紹介状が必要です。もし、紹介状無しで受付を行った場合は、他の連携医療機関へ案内されます。大まかな流れをまとめているので参考いしてみてください。

初診の場合

  1. かかりつけの病院にて紹介状の作成と予約を行う
  2. 予約日時に初診の受付
  3. 診察

再診の場合

  1. 自動再来受付機、または11番の受付窓口へ向かう
  2. 診察

再診の場合は事前に予約を行った上で、予約日時に診察を受けます。予約日時に遅れないよう、事前にスケジュールの調整を行うことも大切です。会計については、院内の自動精算機(もしくは会計窓口)にてお支払いください。

武蔵野赤十字病院の病院情報