癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 部位別に見る再発癌 » 膵臓癌

公開日: |更新日:

膵臓癌

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

膵臓癌の5年生存率と10年生存率

5年生存率

10年生存率

膵臓癌が転移しやすい箇所

膵臓癌

膵臓癌は消化器系の臓器や重要な動脈やリンパ管に囲まれているため、血液の流れにのる血行性転移で肝臓や骨に転移しやすい傾向があります。癌が小さいうちから周辺の臓器に広がりやすいのが特徴です。

また腹腔内に種を蒔いたようになって広がる腹膜播種も多いとされています。

膵臓癌はどのような癌か

膵臓には外分泌機能(膵液を生成する)と内分泌機能(ホルモンを生成する)の2つの機能があります。

外分泌機能にて作られた膵液は膵管という管を通って運ばれます。膵臓癌はこの膵管に発生した癌の事をいいます。内分泌組織にも癌が発生する事がありますが、その場合は膵臓癌とは違った名称で呼ばれます。

膵臓癌の主な症状

膵臓癌は自覚症状がなく、進行のスピードが速いため他の癌と比べても手強いという特徴があります。

膵臓癌は初期の段階では自覚症状はほとんどありません。進行してくると、腹痛、背中や腰の痛み、食欲不振、腹部膨満感、体重減少、黄疸といった症状が現れます。その他糖尿病を発症する事もあります。

膵臓癌が再発しやすい理由

膵臓癌は進行のスピードが速く、自覚症状も乏しい事から再発が見つかった時には他の部位へ転移している事が非常に多いです。

膵臓癌に用いられる治療法

膵臓癌の治療として用いられる方法には、外科手術や薬物療法、放射線治療といったものの他にも、免疫療法や緩和ケア/支持療法などがあり、時には複数の治療法を併用した複合治療が行われることもあります。

手術(外科治療)

膵臓癌の患者において、手術による治療は癌組織が「切除可能」であると診断される場合に採用されます。また、膵臓癌が周辺臓器や血管を巻き込んでいるような場合など、手術によって癌を切除できるかどうか即断できない「切除可能境界」においては、ひとまず薬物療法や放射線治療などを行い、癌のサイズを縮小させてから改めて手術の可能性を検討することもあります。

膵臓癌で検討される外科治療の種類としては、「幽門輪温存膵頭十二指腸切除術/亜全胃温存膵頭十二指腸切除術」、「膵体尾部切除術」、そして「膵全摘術」があります。

幽門輪温存膵頭十二指腸切除術(PPPD)・亜全胃温存膵頭十二指腸切除術(SSPPD)

癌細胞が膵頭部を中心に生じている場合、膵頭部だけでなく十二指腸や胆管、胆嚢といった周辺臓器も含めて切除しなければなりません。また、胃の近くまで癌が広がっている場合や、血管を巻き込んでいる場合、癌細胞を残さないようそれらもまとめて切除します。

ただし、胃の切除範囲については医療技術の進歩によって変化が生まれており、術後に可能な限り患者のQOLを高められるよう工夫されていることも重要です。

これまでは、胃の2/3の切除を伴う膵頭十二指腸切除術(PD)が広く行われていました。最近では、できるだけ切除する範囲を少なくする、胃のすべてを残すPPPDや胃の大部分を残すSSPPDに変わりつつあります

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 膵臓がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/pancreas/treatment.html)

必要な臓器や組織を切除した後は、残っている膵臓と小腸をつなぐことで、膵液が小腸へ流れるように調整する再建手術が実施されます。また、胆管や胃についても再建手術が行われることも必然です。

膵体尾部切除術

膵臓の体部と尾部(膵体尾部)に癌がある場合、それぞれを切除し、さらに通常は秘蔵についても摘出します。ただし、消化管へのアプローチは不要であり、再建手術の必要はありません。

膵全摘術

癌が膵臓全体に広がっている場合は、膵臓をまるごと摘出しなければなりません。しかし、膵臓を失うことで消化酵素やインスリンの分泌機能も喪失してしまうため、術後は膵臓の機能を補填する治療を続けることが必要です。

術後の合併症リスク

一般的に切除範囲が大きかったり、再建部分が多かったりすると、術後の合併症リスクも高まります。特に膵頭十二指腸切除術の合併症としては、再建手術によってつながれた部分から膵液や胆汁が漏れてしまい、周辺臓器へダメージを与えるリスクがあります。

また、胃が正常に機能しなくなり、食欲不振や嘔吐感が強まることも。その他、膵体尾部切除術で秘蔵を摘出した場合、細菌などに対する抵抗力が低下するため、肺炎球菌ワクチンの予防接種などを行わなければなりません。

なお、膵臓全体を摘出した場合、インスリンの分泌機能の喪失による糖尿病や、膵液の分泌機能の喪失による消化吸収障害、脂肪肝といった合併症が起こりやすくなります。

放射線治療

膵臓癌では、根治的治療としての化学放射線治療と、根治は目指さず症状の緩和を主目的とした放射線治療が行われます。

化学放射線療法

化学療法(細胞障害性抗がん剤治療)と放射線照射による複合治療です。化学放射線治療は膵臓癌の標準治療の1つであり、遠隔転移は認められないものの、膵臓周辺の血管を巻き込んでいるような場合に適用となります。

緩和ケア目的の放射線治療

他臓器への転移や骨転移などが認められ、根治が難しいと判断された場合、骨痛など癌による痛みや他の症状を和らげる目的で放射線治療を行うこともあります。

薬物療法

膵臓癌では薬物療法として、細胞障害性抗がん剤や免疫チェックポイント阻害剤、分子標的薬などが用いられますが、どれを選択するかはメリットとデメリットを比較検討した上で主治医と相談しなければなりません。

手術が可能な場合の化学療法・薬物療法

手術可能な膵臓癌では、手術の前後に一定期間の化学療法を行うことで、術後の生存率が高まったり再発リスクが低下したりといった効果が認められています。そのため、手術の前と後で薬剤の投与を行うことも少なくありません。

術前補助化学療法・術後補助化学療法で用いられる薬としては、以下のようなものがあります。

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(TS-1:ティーエスワン)

ゲムシタビン

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 膵臓がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/pancreas/treatment.html)

※薬の名称は一般的に使用されている商品名が使用されています。

手術が不可能な場合の化学療法・薬物療法

手術が困難な膵臓癌患者や再発癌に対しては、症状の緩和や延命を目的とした化学療法・薬物療法が選ばれることもあります。一般的には、以下のような治療から選択されます。(2021年3月時点)

ゲムシタビン単剤治療

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤

FOLFIRINOX療法 (フルオロウラシル[5-FU]+レボホリナートカルシウム+イリノテカン+オキサリプラチン)

ゲムシタビン+ナブパクリタキセル(アブラキサン)併用療法

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 膵臓がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/pancreas/treatment.html)

化学療法で効果が薄かった場合

特定の化学療法で効果を期待できなかったり、癌が再発したりした場合、その他の薬物療法へ移行することも。また、特定の癌遺伝子検査で遺伝子変異が認められた場合、以下のような薬が使われることもあります。

ぺムブロリズマブ(キイトルーダ)※1(免疫チェックポイント阻害薬)

エヌトレクチニブ※2※3(分子標的薬)

※1:がん遺伝子検査でMSI検査高度陽性(MSI-High:遺伝子に入った傷を修復する機能が働きにくい状態)の場合にのみ使用します。

※2:がん遺伝子検査で、NTRK融合遺伝子陽性(正常なNTRK遺伝子の一部が他の遺伝子と何らかの原因で融合した異常な遺伝子)の場合にのみ使用します。

※3:承認されて間もない薬のため、副作用について特に慎重に検討がなされています。(2020年9月現在)

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 膵臓がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/pancreas/treatment.html)

免疫療法

化学療法・薬物療法の一種である免疫療法は、免疫システムの機構を利用して癌細胞を攻撃する治療です。ただし、膵臓癌に関して医学的に治療効果が認められている免疫療法は限定的であり、免疫療法を受ける場合は主治医としっかり相談することが必要です。(2021年3月時点)

免疫療法は、免疫の力を利用してがんを攻撃する治療法です。2020年9月現在、一部の膵臓がん※の治療に効果があると科学的に証明されているものは、免疫チェックポイント阻害薬であるペムブロリズマブを使用する治療法のみです。
その他の免疫療法で、膵臓がんに対して効果が証明されたものはありません。

※がん遺伝子検査でMSI検査高度陽性の場合にのみ使用します。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 膵臓がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/pancreas/treatment.html)

膵臓癌を再発させないための予防法

膵臓癌を予防するには生活習慣を見直す事が大切です。食事では脂質や糖質を過剰に摂取にすると膵臓癌のリスクが高まるといわれています。またアルコールや喫煙も膵臓癌のリスクを高めるため注意が必要です。

再発予防には術後補助療法が有効で、薬物治療や放射線治療を行う事で残っている可能性のある癌細胞に対して治療をする事は再発のリスクを大幅に減らす事ができます。

癌が再発した場合は、癌治療専門病院へ行き、早めに適切な治療を行う事が重要です。

膵臓癌のステージ

ここではステージごとの膵臓癌の状態について解説します。

ステージ分類

0期 すい臓がんが膵管の上皮内に留まっている(非浸潤癌)状態。
Ⅰa期 癌細胞が膵管上皮を超えて広がっている(浸潤癌)が、膵臓内に留まっている状態。腫瘍の大きさは2cm以下。
Ⅰb期 膵臓内に留まっている浸潤癌で、大きさが2cm以上。
Ⅱa期 癌が膵臓の外にまで進展しているが、腹腔動脈や上腸間膜動脈にまでは至っていない状態。
Ⅱb期 癌の大きさには関係なく、がんがリンパ節へ転移している状態。
Ⅲ期 癌の大きさやリンパ節への転移の有無に関わりなく、癌が腹腔動脈、上腸間膜動脈、総肝動脈にまで移転している状態。
Ⅳ期 癌が離れた臓器にまで移転している状態。

ステージの分類方法

膵臓癌に限らず、がんの進行度を示すステージは「TNM」分類法によって表されます。

T因子=「primary Tumor」原発腫瘍の大きさ

T因子は癌の大きさや広がりを指します。

N因子=「regional Iymph Nodes」リンパ節への転移の有無

N因子はリンパ節への転移を指します。

M因子=「destant Metastasis」他の臓器への遠隔転移の有無

M因子は離れているその他臓器への転移を指しています。

ただし同じTNM分類でも、日本膵臓学会の定める「膵臓取扱規約」と国際規約である「UICC分類」で多少分類の仕方に違いがあります。日本で膵臓癌を扱う際には「膵臓取扱規約」で記録するのが一般的であるため、このページでもこちらを「ステージ分類」としてご紹介しています。

ステージごとの治療方針

0~Ⅰ期

腫瘍の切除が可能であるため、手術療法により患部を摘出し、補助療法で再発を防ぎます。

Ⅱ期

癌の広がりや浸潤程度によって、切除可能な場合と、遠隔転移は見られないものの癌が膵臓の主要な血管にまで達している「切除可能境界」の場合とがあります。切除可能と判断されれば0~Ⅰ期と同様の治療をとることができますが、切除可能境界であれば手術だけでは癌が残ってしまう可能性が高いため、放射線療法や化学療法(薬物療法)と組み合わせて行なわれます。

Ⅲ期

切除可能境界にある癌であれば、Ⅱ期と同様の治療法がとられますが、切除不能と判断された場合には、放射線療法か化学療法のどちらかを選択します。

Ⅳ期

切除不能であり局所療法である放射線療法も不可と判断されるため、化学療法で進行を遅らせます。

また、膵臓癌の場合、浸潤のために胆管閉塞が併発することがあります。そのような場合には人工管を消化管に留置する「ステント療法」や、手術により消化管をつなぐ「バイパス療法」が実施されます。