癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 亀田総合病院

公開日: |更新日:

亀田総合病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページでは、千葉県南部の基幹病院として癌患者や難病患者の治療を行っている「亀田総合病院」について、癌治療への取り組みや病院の特徴、医師の情報などをまとめて解説しています。

亀田総合病院の医師

がんサポート外来、疼痛・緩和ケア科部長:関根 龍一

関根龍一医師の経歴

関根龍一医師は国内外の医療機関で経験を積んだグローバルドクターであり、さらに日本内科学会総合内科専門医や日本緩和医療学会専門医といった専門医資格を有するプロフェッショナルです。また、亀田総合病院のがんサポート外来を牽引するリーダーでもあり、癌などの疾患による痛みのコントロールを行いつつ、適切な癌治療に向けたプランニングを行ってくれることが強みです。その他、癌患者だけでなく、癌患者の家族へのサポートにも尽力しています。

関根龍一医師の所属学会・資格・役職など

亀田総合病院の代表的な治療法

亀田総合病院には内科系・外科系・その他と複数の診療分野が分けられており、さらにそれぞれは各専門科によって細分化されています。また、各科には専門医や認定医、指導医といった癌治療の専門家がそれぞれ所属しており、標準治療や手術だけでなく様々な選択肢を提供してくれていることが特徴です。

凍結治療(2cm以下の肺癌・転移性肺腫瘍)

亀田総合病院呼吸器外科で実施されている治療法であり、手術以外の選択肢として提供されています。

具体的には、局所麻酔を使って患者の体へ針を刺し、腫瘍を凍らせることで癌細胞を死滅させるといったシステムです。開腹手術のように患者の体へ与えるダメージを抑えられる上、肺機能の低下も防げるため、従来の肺癌治療よりも低侵襲治療として認められています。

疼痛緩和医療

癌による慢性疼痛や術後の合併症によって生じる激しい痛み・不快感などに対して、内科的な方法を含めたあらゆるアプローチを検討して、ペインコントロールを実施しています。

癌の治療によって十分な効果を認められず、緩和ケアが必要になった患者や、激しい痛みのせいで癌治療をあきらめなければならない人などに対して、適切な緩和医療を提供することで改めて前向きなプランを考えられるようサポートすることが強みです。

がんゲノム医療

亀田総合病院の腫瘍内科では2018年9月から、癌患者の遺伝子を解析して、遺伝的に癌治療の有効性やプランを検討するがんゲノム医療が提供されています。

標準治療を終えている人であっても改めて治療法を発見できる可能性もあり、まずは担当医へ相談してみると良いでしょう。

亀田総合病院の特徴

多分野・複数科の学会認定専門医

亀田総合病院には日本外科学会専門医や日本ペインクリニック学会専門医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医といった、多分野の専門医・認定医・指導医が所属しています。

様々な科目や部位についてそれぞれ資格を有するスペシャリストが相談に乗ってくれる他、複数科が連携しながら患者にとって適切な治療プランを検討するチーム医療が実践されていることも強みです。

慢性疾患児家族宿泊施設「ハレ オハナ」

亀田総合病院では癌患者に対する医療設備を拡充するだけでなく、癌患者の家族に対するサポートにも積極的に取り組んでおり、総合的な医療環境を整えていることが特徴です。

慢性疾患児家族宿泊施設「ハレ オハナ」は亀田総合病院の診療姿勢を象徴する施設の1つであり、小児癌や難病の治療のために自宅を離れて療養しなければならない小児患者と、その家族のためが利用できる専門施設となっています。

亀田総合病院での癌治療の流れ

亀田総合病院では入院患者への集中ケアが行われており、一般外来についてはまず関連医療機関である「亀田クリニック」で診察を受けることが必要です。

そのため、亀田総合病院で癌治療や入院治療を受けるためには、まず亀田クリニックや地域の医療機関で診療を受けて、入院の必要性などを相談するようにしてください。

亀田総合病院の基本情報

関連ページ