癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 銀座並木通りクリニック

銀座並木通りクリニック

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

がん休眠療法や自家がんワクチン療法に取り組んでいる医療機関です。がん休眠療法は保険診療での治療が可能で、副作用も少ないと言われています。がんの電話相談も実施しており、療養生活で感じる不安や相談などを医療コーディネーターが対応してくれますよ。

銀座並木通りクリニックの医師

理事長:三好 立

三好理事長の経歴

三好理事長の所属学会・資格・役職など

銀座並木通りクリニックの代表的な治療法

がん休眠療法

銀座並木通りクリニックで行われている「がん休眠療法」とは、標準的な抗がん剤治療よりも抗がん剤の量を少なく調整する方法です。そのため治療に継続性があることや、副作用がほとんど認められないという特徴があると言われています。

患者の体力や病状などに応じて、調整した抗がん剤の量を服用。その際、副作用がほとんどなく、日常生活に支障をきたさない状態かどうかが大切です。

基本的には外来通院での治療が可能になるため、忙しい方にとって負担が少ない状態で治療を継続できるでしょう。また原則、保険診療での対応が可能です。そのため経済的負担も抑えられるといったメリットがあります。

がん休眠療法適用となる人

上記のような方が対象になると言われています。もちろん、症状によって異なるので医師との相談が必要です。

がん休眠療法の副作用

抗がん剤の場合、副作用が強く現れる方が多いと言われています。

がん休眠療法も抗がん剤を用いた治療法です。しかし用量が少ないため、比較的副作用の少ない治療法と言われています。たとえ副作用が起こったとしても、軽度の症状で治まる場合がほとんどのようです。

自家がんワクチン療法

銀座並木通りクリニックは、がん休眠療法だけでなく自家がんワクチン療法にも取り組んでいます。自家がんワクチン療法とは免疫療法の一つで、がんと闘うリンパ球を活性化することにより、がん制御を試みる治療法です。

副作用も少なく、発熱や悪寒、倦怠感などが表れる可能性がありますが、基本的には軽度の症状です。

自家がんワクチン療法は、自由診療に当てはまります。そのため、治療にかかる費用は大きくなるのがデメリットです。

がんの治療はさまざまな選択肢があります。一度の説明では不安に思う点もあるでしょう。

銀座並木通りクリニックなら電話相談も対応可能です。電話相談は、医療コーディネーターが対応しているため、医師に聞きにくい質問や相談、メンタルのサポートなどを実施してくれます。

がん治療は患者だけの問題ではなく、家族にとっても不安が大きいもの。家族相談も可能なので、気になる点があれば、気軽に相談してください。

銀座並木通りクリニックの病院情報