癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 国保旭中央病院

公開日: |更新日:

国保旭中央病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページでは、千葉県旭市にある「国保旭中央病院」について、癌治療の特徴や癌患者のサポートに関する取り組み、所属医師の情報などをまとめて紹介しています。癌の再発や予防と上手に付き合っていく病院を探している方は、ぜひ情報の参考にしてください。

国保旭中央病院の医師

放射線科(治療部門)部長:太田 さや子

太田さや子部長の経歴

国保旭中央病院の放射線科において、治療部門の部長を務めている女性ドクターです。日本医学放射線学会治療専門医や日本医学放射線学会放射線科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医など放射線治療に関する複数の専門医・認定医資格を取得しており、医学的根拠にもとづいて治療効果を期待できるプランニングをサポートしています。また、医学博士としても活躍しており、研究者として積極的な治療法やシステムの検討に力を入れていることも重要です。なお、同科には他にも複数の認定医や専門医、認定指導者などが所属しており、それぞれのプロフェッショナルが連携して患者の治療に当たります。

太田さや子部長の所属学会・資格・役職など

国保旭中央病院の代表的な治療法

国保旭中央病院は癌患者の治療に対して複数のアプローチを用意しており、CTやMRIといった診断装置の他にも手術支援ロボットやPET-CT、低被曝乳房撮影装置などを導入しながら、適切な治療プランを検討しています。

ダヴィンチ(ロボット支援腹腔鏡下手術)

手術支援ロボット「ダヴィンチ」を活用したロボット手術です。手術部位の周辺に小さい穴を開けて、直径12mm程度の器具を挿入して手術を行います。手術はドクターが高解像度モニターを見ながら、4本のロボットアームを遠隔コントロールして実施することが特徴です。

ダヴィンチには執刀医をサポートする機能が複数搭載されており、適性のある癌に対してであれば、人が直接に患者の体をメスで切り開いて行う開腹手術よりも有効性があるとされています。また、傷口が小さいため患者へのダメージを抑えられる低侵襲治療であることもポイントです。

IMRT(強度変調放射線治療)

国保旭中央病院では、腫瘍部位へ最大限の放射線をピンポイント照射する高精度放射線治療が行われており、「Vero4DRT」という照射装置によって「IMRT(強度変調放射線治療)」が実践されています。

IMRTでは照射野内の放射線の強度を適切に調整することで、複雑な臓器や癌の形状に合わせて照射治療を進められることがメリットです。これにより、健康な臓器へのダメージを抑えながら、目的の癌細胞へ放射線を集中させることができます。

国保旭中央病院の特徴

およそ70年にわたって地域医療を支える地方独立行政法人

千葉県にある国保旭中央病院は、1953年に当時の旭町ほか8ヶ町村(現旭市)によって開院されました。その後、増改築や設備改修を重ねて、2004年にはPET画像診断センターを新築し、2009年には放射線科治療棟を設立、2021年6月には東京にも附属病理診断科診療所を開設しています。

また、臨床研修支援センターでは癌に関する臨床研究や治験も進めており、新しい治療法の開発や有効性の確認にも力を入れています。

癌治療に関する専門資格者が複数所属

様々な癌患者へ専門治療を提供できるよう、診療科ごとに癌治療の医師が所属していることは強みです。加えて、日本看護協会が認定する「がん看護専門看護師」や「がん性疼痛看護認定看護師」、日本病院薬剤師会が認定する「がん薬物療法認定薬剤師」など、ドクターの他にも癌治療を支える医療従事者が複数所属している点は見逃せません。

国保旭中央病院での癌治療の流れ

国保旭中央病院では診療科によって予約の有無や紹介状の必要性が分けられており、放射線科などに関しては紹介元からの電話予約が必要です。

また、基本的な初診外来受付時間は「7:45~11:00」となっていますが、受付時間も診療科によって個別に設定されているため、詳細は事前に病院へ問い合わせるようにしてください。

国保旭中央病院の基本情報

関連ページ