癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » JR東京総合病院

公開日: |更新日:

JR東京総合病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページでは、JR東京総合病院が提供している癌治療・再発癌治療について、特徴や病院としての取り組みなどを紹介しています。JR東京総合病院で再発癌患者の治療に従事する医師の情報などもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

JR東京総合病院の医師

青柳 裕 特任医師の目指す医療

青柳裕医師は、JR東京総合病院の放射線治療外来の特任医師として、放射線治療全般を専門分野としています。

青柳医師は日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会共同認定放射線治療専門医や日本専門医機構認定放射線科専門医といった専門資格を複数取得しており、癌患者を始めとした様々な患者への放射線治療の実施や治療計画の立案に携わっています。

また、癌治療と就労・就学など日常生活の両立をサポートできるように、乳癌と前立腺癌については通常医療の対応時間を朝8時からとし、通勤・通学前に放射線治療を済ませられるような体制を構築していることも特徴です。

青柳 裕 特任医師の経歴

青柳裕特任医師の経歴について公式サイトに記載がありませんでした。

所属学会・資格・役職など

JR東京総合病院の代表的な治療法

高精度放射線治療

JR東京総合病院の放射線治療外来では、2016年に放射線治療装置「TrueBeam」を導入しており、様々な癌患者への高精度放射線治療を実施しています。

具体的に実施可能な治療内容としては、画像診断結果にもとづいて癌病巣を狙う「強度変調放射線治療(IMRT)/強度変調回転放射線治療(VMAT)」や、癌病巣に対してピンポイントで放射線を照射する「定位的放射線治療(SRS・SRT)/頭部・頭蓋内定位放射線治療(STI)」、さらに両者のメリットを組み合わせて肺や肝臓の小サイズ癌を狙う「体幹部定位放射線治療(VMAT-SBRT)」といったものが用意されています。

画像誘導放射線治療(IGRT)

画像誘導放射線治療(IGRT)は、高精度放射線治療を支えるための画像活用システムであり、より正確に放射線治療を実践するためのサポート治療方法です。

IGRTでは、複数方向の2次元画像、もしくは3次元画像をリアルタイムで取得しながら、放射線治療装置が狙うべき癌の場所やサイズなどを補正し、治療の精度を向上させます。また、さらにJR東京総合病院では、赤外線カメラとX線撮影装置も併用した6軸自動補正可能な寝台が導入されており、迅速かつ精密な位置合わせ「ExacTracシステム」を実践していることもポイントです。

JR東京総合病院の特徴

各診療科が連携して様々な癌患者の治療を検討・実施

日本国民における5大がん(肺がん、胃がん、大腸がん、肝がん、乳がん)はもちろん、全身のあらゆる部位に発生した癌・再発癌に対して、化学療法や放射線治療、手術、緩和医療など様々なアプローチによって治療や医療サービスを提供しています。

どのような治療プランやケア・サポート方法が患者にとって適切と思われるのか、各診療科の専門医や医療チームが連携しながらディスカッションを繰り返し、院内全体でチーム医療が実践されていることもポイントです。

なお、JR東京総合病院では「セカンドオピニオン外来」が開設されており、かかりつけ医や主治医ではない専門医から癌治療に関する話も聞けます。

外来化学療法室で日帰り抗がん剤治療を提供

普段の生活を送りながら化学療法を行っていけるように、JR東京総合病院には病棟7階に「外来化学療法室」を開設して、点滴などを使った日帰り抗がん剤治療を提供しています。

外来化学療法室にはリクライニングチェアやベッドが複数用意されており、リラックスした状態で治療を受けられることも魅力です。

体と心の両面からのサポート

癌治療に伴う身体的な悩みや苦痛、さらに精神的な問題や悩みについて、専門医や臨床心理士、栄養士などがサポートを行う「緩和ケア外来」も特徴です。

加えて、口の中の健康も癌治療や癌リスクへ影響していると考えられており、外来棟5階にある「歯科口腔外科」の歯科医師なども連携して患者の癌治療をサポートしています。

JR東京総合病院の診察の流れ

JR東京総合病院では原則として、他の医療機関からの紹介状が初診に必要であり、紹介状のない場合は「初診時保険外併用療養費5,500円(税込)」が別途必要です。

なお、事前予約制が採用されており、当日の空き状況によっては予約なしでも診察を受けられる可能性があるものの、基本的に予約者優先となるため、可能な限り事前に予約するようにしてください。また予約がない場合、当日の受付時間は「8:40~11:00」に制限されます。

事前予約から診察までの流れは以下の通りです。

  1. 事前予約(30分単位・当日予約は不可)
  2. 来院・受付(予約している人の受付時間は8:00~17:00)
  3. 外待合もしくは各診療科での受付・待機
  4. 診察・診療
  5. 会計(外来棟1階会計窓口)
  6. 薬の受け渡し(外来棟1階お薬渡し口)

JR東京総合病院の病院情報

関連ページ