癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 遠隔転移した再発癌 » 放射線治療

放射線治療

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

そもそも放射線治療とは?

放射線とは、空間や物質中の波の形や粒子でエネルギーを伝播するものを総称するもの。「X線」や「γ線」などがあり、癌の放射線治療で使われるのは主にX線・γ線・電磁線です。

放射線には、細胞の遺伝子に直接作用して細胞が分裂する能力をなくしたり、細胞自ら死んでいく現象(アポトーシス)を増強させて細胞を破壊させたりする力があります。

正常な細胞は、修復力があるため回復が早く、少量の放射線であれば短い時間で自力で回復する力を持っています。一方癌細胞は回復が遅いため、回復を待たずに放射線照射を繰り返すと修復不能となりやがて死滅します(そのため、放射線治療は何度も繰り返し続ける必要があります)。放射線治療は、この正常細胞と癌細胞の回復力の違いを利用した治療法なのです。

放射線治療は癌の根治治療として行われたり、術後に取りきれなかった癌細胞を攻撃して死滅させ再発を予防したり、再発後も癌の緩和目的で行われたりします。

放射線治療のメリットとデメリット

放射線治療は近年優れた機器も開発され、癌の第一選択肢として標準治療の柱となっている非常に有効な治療法です。その反面、デメリットも生じます。

放射線治療のメリット

身体の機能を維持できる

放射線治療と手術は、局所にある癌細胞を集中的に治療するという点で共通の利点があります。しかし手術の場合、癌細胞を取り除く際に周辺の正常組織も一緒に取り除かなければなりません。

例:胃の癌細胞を取り除く際に、正常な細胞も取り除く事により胃が縮小した。または咽頭癌で咽頭の一部である声帯を切除し声を失った、など。

放射線治療の場合、照射を受けることで正常細胞も影響を受けますが、正常細胞は回復力があるため臓器の機能不全を引き起こす事は極めて少なく、その機能を維持する事ができます。

身体への負担が少ない

手術の場合は体にメスが入る分、痛みやダメージを伴うことも多くあります。

一方、放射線治療の場合は痛みもほとんどなく、身体を物理的に傷つけることもないので、外見上にも変化はありません。

また、一度の治療時間も短いため通院での治療が可能で、生活への負担も少なく済みます。

放射線治療のデメリット

照射した部位以外に存在する癌細胞には影響がない

照射した局所の癌細胞には治療効果が望めますが、血管やリンパ管の流れに乗って他の部位に流れてしまった可能性のある癌には対処できません。
また、手術の場合は周辺組織への取りこぼしが無いように余裕を持って切除できますが、放射線治療の場合は照射していない部分には効果がないため、他の癌細胞は取りこぼす可能性もあります。

他にも癌細胞があることが疑われる場合は、全身治療ができる抗がん剤との併用などが選択肢となります。また、広範囲への照射が可能な放射線治療も開発されています。

副作用が生じる

放射線治療は少なからず副作用が生じます。照射した部位や個人の体質などで差はありますが、治療中や直後など比較的早期に副作用が生じる場合と、半年から数年後に副作用が生じる場合があります。主な副作用は以下の通りです。

局所再発の場合、治療を受けられない可能性がある

癌が再発した場合、再発した箇所が過去に放射線治療を受けた箇所と全く同じだった場合は、残念ながら新たな放射線治療を受けることができません。転移して違う臓器に再発した癌細胞なら、放射線治療が可能です。

代表的な高性度放射線治療器

近年では高精度な放射線治療装置が開発されています。

トモセラピー

癌病巣の形状に合わせて360°全方向から包み込みように放射線を照射します。トモセラピー本体でCT撮影を行い、治療計画用CTとの画像照合・位置補正を行う画像誘導をしながら、正確な放射線治療を行うためです。

正常組織への線量を軽減できるため、癌に厳しく身体に優しい治療が可能な放射線治療システムです。複雑な形状の細胞にも的確な照射ができるため、標準的な放射線治療に加え、複雑な症例にも対応可能。また、複数の癌細胞や全身を一度に連続して治療できます。

サイバーナイフ

サイバーナイフは、ロボットアームの先に取り付けられた放射線装置が身体の周りを自由自在に動き、集中的に放射線を癌細胞に照射する「定位放射線治療(ピンポイント照射)」専用の装置です。従来のガンマーナイフは脳腫瘍の治療の際、頭蓋骨に金属製ネジを固定する必要がありましたが、サイバーナイフはX線透視システムによる精密な位置補正を行うため、苦痛を伴う頭蓋骨の固定を必要としません。

分割照射ができるので、正常臓器の副作用を軽減し、ガンマーナイフでは治療困難だった大きめの腫瘍に対しても治療することが可能です。また体幹部腫瘍にも治療適応があります。

トゥルービーム

正常な組織を守りながら治療効果をあげる「強度変調放射線治療(IMRT)」と、呼吸の動きを補正する機能を組み合わせた癌治療システムです。1回あたりの治療時間も短く、体に優しい放射線治療が受けられます。

呼吸や体動補正対策も行われており、呼吸の動作が影響する肺や肝臓などの臓器にも的確に照射することが可能です。

放射線治療を行うまでの流れ

放射線治療は多くの場面で選択されます。

そのため、放射線治療の流れは一概に言えません。それぞれに最適なパターンが複数あります。

都内近郊で放射線治療を中心に行う病院リスト

【短期間/通院による治療】Clinic C4

Clinic C4の病院情報

Clinic C4の治療方法

高精度放射線治療であるトモセラピーに特化した癌治療専門の病院です。2008年5月~2015年8月の7年間で1335症例に照射、うち80%は局所制御に成功し、46%は病巣が完全に消失したというデータがあります。

Clinic C4の医師:青木幸昌

癌治療に携わること30年以上、1997年には放射線技術学会学術奨励賞を受賞している医師です。研究領域は放射線治療工学で、患者の動きを考慮し、すべての治療で標的が同じ位置なるよう調整する技術「IGRT」や、多方向から放射線を照射する定位放射線治療「SRS/T」の開発に80年代前半から携わっています。

【中期~長期間/通院による治療】東京放射線クリニック

東京放射線クリニックの病院情報

東京放射線クリニックの治療方法

高精度放射線治療を用いて再発・転移した癌に対して局所放射線治療(モグラ叩き療法)を行います。

東京放射線クリニックの医師:柏原賢一

米・ワシントン大学やハーバード大学でも研鑽を積んだ日本医学放射線学会 放射線治療専門医です。 保険診療だけでなく、増感剤を併用したコータック(KORTUC)治療や、痛みケアとしての応用など、放射線治療の可能性を活かした治療法を取り入れ、提案しています。

【中期~長期間/入院による治療】国立がん研究センター中央病院

国立がん研究センター中央病院の病院情報

国立がん研究センター中央病院の治療方法

各癌種において、国内最大規模の診療実績を持ち、手術療法・化学療法・放射線療法による集学的治療、精神心理的ケアを含めた緩和ケアを実施。治験の実績も日本トップクラスです。

国立がん研究センター中央病院の医師:西田俊朗

大阪大学医学部附属病院教授、大阪警察病院の副院長・外科系統括部長、国立がん研究センター東病院院長などを歴任し、現在は国立がん研究センター中央病院の院長を務める医師です。病院をあげて、希少がんの克服やがんの支持療法の確立、正確ながんデータの集約のための電子カルテ開発に取り組んでいます。

【中期~長期間/通院による治療】東京ベイ先端医療・幕張クリニック

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの病院情報

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの治療方法

最新のPET-CTや内視鏡、MRIなどによる癌早期診断と定位照射、高精度放射線治療を民間レベルで行う医療施設です。CTシュミレーターなどを用いた放射線治療にて早期発見、早期治療を目的とした先端医療に取り組んでいます。

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの医師:幡野和男

国立病院医療センター(現:国立国際医療研究センター病院厚生技官)や千葉県がんセンター放射線治療部部長などの経歴を持つ医師。癌の早期発見による身体の負担の少ない治療を目指しています。