癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 江戸川病院

公開日: |更新日:

江戸川病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

江戸川病院は1932年に結核治療の専門病院として開院。現在は癌患者を含めた幅広い患者や病気の治療へ取り組んでいます。また、2013年には外来部門を独立させて、「メディカルプラザ江戸川」との2本柱で癌患者の医療サポートへ努めている病院です。

このページでは、江戸川病院の癌治療への取り組みや特徴について解説しています。

江戸川病院の医師

放射線治療科部長:黒﨑 弘正

黒﨑弘正部長の経歴

江戸川病院の放射線治療科の部長として、他の診療科と連携しながら癌患者の意思や希望へ寄り添った癌治療の提供を重視しているドクターです。日本医学放射線学会 日本専門医機構認定放射線専門医や日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医、日本核医学会専門医といった専門医資格を複数取得しており、放射線治療のプロフェッショナルとしてオーダーメイドのIMRT(強度変調放射線治療)特化治療を提供しています。また、学士号を取得しており、医学博士として最新治療の研究や開発へ取り組んでいることもポイントです。

黒﨑弘正部長の所属学会・資格・役職など

江戸川病院の代表的な治療法

江戸川病院では低侵襲手術を基本とした外科治療や、低被曝を追求した放射線治療、その他にも化学療法や緩和ケアなどを総合的に検討した上で、包括的な癌治療を提供しています。

IMRT(強度変調放射線治療)

江戸川病院の関連施設である「東京江戸川がんセンター」では、癌患者の体質や癌のサイズ、部位などを事前に診断した上で、オーダーメイド型のIMRT(強度変調放射線治療)とIGRT(画像誘導放射線治療)に特化した放射線治療を実践しています。

従来型の放射線照射治療と比較して、ピンポイントで癌を狙えるために放射線の被曝量を低減し、治療効果を高めていることが強みです。

具体的には専用機として複数台のトモセラピーやCTガイド下のらせん型IMRTなどを導入。低磁場装置(MRidian:メリディアン)や高磁場装置(Unity:ユニティ)などの選択肢が用意されています。

ロボット支援手術

胸腔鏡や腹腔鏡などを活用して、患者への肉体的ダメージを軽減した低侵襲治療を実践しており、さらに泌尿器科と外科手術において手術支援ロボットを活用したロボット手術も提供しています。

ロボット支援によって精密な手術を行えるロボット手術は、開腹手術レベルの治療効果と、内視鏡などによる低侵襲治療のメリットを同時に得られる治療法であり、医学的根拠が認められる治療法を実践しつつ早期の社会復帰を目指すことが可能です。

江戸川病院の特徴

通院が難しい患者は入院させて放射線治療が可能

江戸川病院の放射線治療は全て患者の体質に合わせたIMRTとIGRTによってまかなわれており、そもそも患者への負担を抑えやすいことが前提です。その上で、江戸川病院は全国の病院から、癌患者に対する放射線治療の依頼を請け負っており、遠方の患者で通院が困難であったり、入院した上での治療が必要であったりする患者についても、入院治療が提供されています。

また、夜10時まで放射線治療が実践されていることも特徴です。

90年以上の歴史を有する病院

1932年に開院して以来、その時代と地域のニーズに合わせた医療を提供し続けてきました。現代では様々な病気について専門的なドクターや設備を導入して医療体制を確立している他、大学病院などとも連携して、臨床面でも研究面でも積極的な取り組みを行っています。

緩和ケアチームや外来化学療法室、東京江戸川がんセンターなど癌患者のケアを重点的に行うチームや施設、体制が整えられていることもポイントです。

江戸川病院での癌治療の流れ

江戸川病院では治療の専門性や有効性を高めるために、外来部門を分離独立させて外来棟「メディカルプラザ江戸川」を開設しました。そのため、外来診療はメディカルプラザ江戸川を利用してください。なお、放射線科の受診については初診から事前予約が必要となっています。

受付の流れは以下の通りです。

  1. 初診受付
  2. ブロック受付
  3. 診察・検査
  4. 治療プランの検討

江戸川病院の基本情報

関連ページ