癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 三次予防の方法 » ストレスとの付き合い方

ストレスとの付き合い方

ストレスが癌の再発に及ぼす影響や、ストレスとの上手な付き合い方の例などを解説していきます。

ストレスが癌に良くない理由

人間には「自律神経」という身体の機能を司っている神経が存在します。自律神経は次の2つに分けられます。

ストレスを感じると、身体をストレスから守るために交感神経が優位に働き、痛みや不安などを和らげるホルモンが分泌されることが知られています。そのため、常にストレスにさらされていると交感神経ばかり優位に働いてしまい、身体を守るホルモンの防御力も限界に達してしまいます。そのため免疫力が低下し、不調を招き、癌と戦える身体の状態を保てなくなってしまうのです。

また、ストレスは胃や腸の不調を招く、ストレス解消のために暴飲暴食を誘発することもあると知られています。その結果、過剰なアルコール摂取や塩分の多い食事を摂取するようになることが懸念されます。

アルコールの過剰摂取は肝臓癌、大腸癌、乳癌、肺癌、食道癌のリスクを高める事が、塩分の過剰摂取は胃癌のリスクが高まる事が知られていますが、ストレスは結果的に癌のリスクを高めてしまうのです。

癌の再発予防に適したストレス解消法

癌のリスクを上げるような喫煙や暴飲暴食などの生活習慣を避け、健康的な解消法を行う事が大切です。

ストレス解消法は人によって様々なので、いろいろ試して自分にぴったりのものを見つけてみてください。また、ストレス解消は自分だけでは行えない場合もあるため、周囲にも理解を求めてみましょう。

運動をする

ウォーキングや軽いストレッチや体操、カラオケで大きな声を出すことなどは、ストレス解消するのに効果的な運動です。気持ちよく行える程度の運動を継続的に行うことで、心身ともにリラックスでき、ストレス解消に繋がります。

周りとの交流を持つ

癌という病気がある以上、常に不安を抱えてしまいがちになります。それを1人で抱え込むのは余計不安を煽ってしまいますし、それがストレスとなり身体に悪影響を及ぼします。その不安について医師に相談したり、同じような病気を抱えた人との交流会などに参加して打ち明ける事も、不安やストレスの解消に効果的です。新たな情報を仕入れる事や共感を得られるだけでも不安やストレスは和らいでいきます。

趣味を持つ

自分の好きな事に没頭していると、不安を忘れ、心身ともに良い状態を保てます。また充実感も得られ、ストレスの解消にも繋がります。