癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 成田病院
  

成田病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページでは、千葉県・成田市にある「国際医療福祉大学 成田病院」について、在籍している医師の経歴や強み、受けられるがん治療の特徴などについて紹介しています。治療を受ける病院を選ぶ際の参考にしてみてください。

成田病院の医師

樋口肇 腫瘍内科部長

樋口肇腫瘍内科部長の目指す医療

成田病院で腫瘍内科部長を務める樋口 肇医師は、消化器臓器を中心とした悪性腫瘍(がん)に対する薬物治療を専門としているドクターです。

日進月歩で進歩していくがん治療の世界においては情報があふれており、場合によっては多すぎる情報が判断を迷わせてしまうようなことがあります。樋口医師のような腫瘍内科医は、そうした情報を専門的な見地から分析し、一人ひとりの症状や体調などにあった形で治療方針を示してくれる医師です。

また、膵疾患・胆道疾患といった診断や治療が難しいとされる症状に対しても、内視鏡技術(ERCP、超音波内視鏡など)を用いた最新の治療・診療で対応してくれます。

樋口肇腫瘍内科部長の経歴

成田病院の代表的な治療法

成田病院では、がん治療に対してさまざまな手法を用意しています。高い専門性に基づき、知識と経験を豊富に持つ医師、医療スタッフが症状に応じてやり方を選んでくれるのが魅力です。

放射線治療「インターベンショナルラジオロジー」

「インターベンショナルラジオロジー」は「画像下治療」という意味の言葉で、X線、CT、超音波で画像診断装置を使用して体の中の状態を確認しながらカテーテルを入れて行うがんの治療方法。手術をせずに臓器や血管のがん治療ができ、医療器具を入れる穴も数mm程度と小さいので、傷口を縫う必要もなく、体への負担が小さいのが特徴です。

インターベンショナルラジオロジーの治療では、がんが骨に転移した患者に対し、骨セメントを注入して痛みの原因を取り除くという施術も可能。また、「腹水」の場合には、首から食道にチューブを入れる事で、鼻からの辛いチューブを外すこともできます。インターベンショナルラジオロジーはがんの治療や症状の緩和に対し、さまざまな形で役立つ技術となっているのです。現状ではがんの種類によって健康保険が使えるかどうかに差がありますが、幅広く保険対応がきくようになれば、より多くの人を救えると期待されています。

免疫療法「免疫制御法」

免疫制御法は、悪性黒色腫などのがんを患った人に対する数年の延命効果やがんによる痛みなどの緩和を可能とし、生活改善が期待できる治療法です。成田大学では、免疫療法の第一人者でも前慶應義塾大学医学部先端医科学研究所所長「河上 裕」本学医学部長が、免疫療法の診断、治療、研究のすべてをリードし、治療に取り組んでいます。

悪性黒色腫、非小細胞肺がん、肝細胞がん、ホジキンリンパ腫、胃がん、頭顎部がん、悪性胸膜中皮腫などに対し、人間の体が免疫反応を抑制する仕組みを利用して「免疫チェックポイント阻害薬」を開発しました。がんの種類に応じて使い分けることで、免疫療法が期待できます。

ただ、がんの種類や症状によって施術のやり方は違っていくため、専門医の判断の下に治療を行っていくことが大切となってきます。

治療の流れ

成田病院で行う「インターベンショナルラジオロジー」は、「診断」→「核医学」→「放射線治療」という流れで進んでいきます。

まずはCTやMRIなどを使用して疾患の診断を行い、各科の専門医が治療計画を立案。CTで撮影した画像ガイドを元にして、必要に応じてカテーテルなどの器具を利用し、インターベンショナルラジオロジーによる治療を行います。そこから生理・生化学的機能を画像化し、病態診断を行いながら、患者の体力や疾患を考慮した上で最も効果的な放射性核種を選択して治療を進行。さらに、高精度な強度変調放射線治療と定位照射で放射線治療も行っていきます。

がんの周りの健康な臓器に影響を与えないようにしながらの照射ができるため、副作用の低減が可能です。

成田病院の特徴

成田病院は、千葉県成田市、成田国際空港の近くにある広大な敷地面積を誇る病院。母体となる国際医療福祉大学は、これまで約26,500人の卒業生を医療福祉の現場に輩出してきた、由緒正しい大学です。そうした見地や実績をより直接的に発揮し、人々の健康に貢献していける場として、成田病院が設立されました。

病床の数は642床。さまざまな疾患、病気に対応しており、特にがんに関しては、ゲノム解析に基づく遺伝子診断センターや先進的な診断・治療を行うがん放射線治療センターを備えています。

他にも、最新鋭の医療機器を駆使しながら1日最大200人を受け入れる日本最大級の予防医学センター、ベトナムに開設したドック健診センターなど海外の施設と繋ぐ国際遠隔診断センター、空港至近の病原体対策として水際を守る国際臨床感染症センターといった施設の開設も進んでいます。

もちろん地元に対しても、千葉県内での導入実績が極めて少ないトモセラピーをはじめとする医療機器や、充実した設備・アメニティを完備して、地域住人に貢献。成田という立地を含めた他言語対応も含め、多くの人たちをさまざまな病から救える体制を充実させているのです。

成田病院の基本情報