癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 虎の門病院

虎の門病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

虎の門病院は厚生労働省より、地域がん診療連携拠点病院として指定されている病院です。がんサポートチームを組織しており、緩和ケアを専門としている医師やさまざまな分野の専門医、がん専門の看護士、薬剤師、ソーシャルワーカーからなる他職種で組織されたチームです。チーム医療を中心に、最適な治療をすすめてくれるでしょう。

虎の門病院の医師

院長:大内 尉義

大内院長の目指す医療

国家公務員共済組合連合会の中核病院施設である虎の門病院。「あなたにも私たちにも満足度の高い医療を提供します」をモットーに、各専門診療科の協調で高水準の医療環境を実現しています。

がん治療の分野では「この時代になしうる最良のがん医療を提供する」をスローガンに積極的治療を提唱。がん診療連携拠点病院として患者さんのニーズに応えるため、2019年4月にがん総合診療部を設立されました。がん総合診療部は、がん治療の緩和ケアセンター、がん相談支援センター、遺伝診療センターを統括した機関。

とくに医師だけではなくさまざまな医療職が集まるキャンサーボードでは、多面的な意見を活発にやり取りします。このように複数の診療科と院内のスタッフを横でつなぎ、総合的ながん治療で患者さんをサポートしてくれるでしょう。がんの併発や合併症などで悩んでいる方にとって心強いクリニックです。

ほかにも、薬物療法扱う腫瘍内科と緩和ケアのチームからなる「臨床腫瘍科」が発足。内分泌外科や消化器外科、泌尿器科などの診療科と連携を行ない、がん医療の発展と向上を目指されています。大内院長をはじめ全スタッフが患者さん自身の価値観に寄り添う治療提案をすること。そして、患者さん自身ががん治療の選択肢を広げて最良の治療を選べるような体制づくりを実現しています。

大内院長の経歴

大内院長の所属学会・資格・役職など

虎の門病院の代表的な治療法

虎ノ門病院では抗がん剤治療や手術療法、免疫療法などさまざまな治療を行なってくれます。そのため、状況に合わせて最適な治療を選べるように相談してください。最適な治療を行なうことによって、癌治療をすすめることができるでしょう。

さらに虎ノ門病院では家族のケアも大切にしています。がん治療をすすめるにあたって、精神的に不安定になるケースが多くあるでしょう。そのため、癌の相談窓口にて悩みや不安点などを気軽に相談するようにしてください。もちろん本人への精神的ケアにも力を入れています。担当医だけでなく、治療に関わるスタッフに相談しながら、最適な治療を行なうようにしましょう。

ラディザクトによる放射線治療

虎の門病院が行なう強度変調放射線治療という治療法は、がんに放射線を集中してアプローチできる治療装置のラディザクトを活用しています。ラディザクトを用いてがんに放射線を集中的に照射できるので、がん周辺にある臓器への放射線量を減らせるといった特徴があります。

つまり従来の放射線治療と比較すると、治療効果が高くなっているにもかかわらず副作用は少ないという点がメリットです。放射線治療の分野において、ラディザクトが使用出来る適応疾患が広がっています。そのため治療実績も徐々に増えてきていると言えるでしょう。

機械の使い分けで精度の高い治療

ポイントとして放射線での高精度の治療を行なうためには「放射線の強弱を調整する」「照射するスピードをコントロールする」といった2点が重要です。この2点とも優れている機器は、ほとんどありません。ラディザクトは放射線の強弱を調整できる点が優れていると言われています。

虎ノ門病院ではラディザクトの他にも、放射線の照射スピードをコントロールする点に優れている機器があります。そのため症状に応じて、それらの機器を使い分けて最適な放射線治療を実施できるでしょう。

また、ラディザクトは治療時にCT撮影ができます。CTによって、がんの正確な位置を把握して照射できるので精度の高い放射線治療を行なえるのです。ラディザクトを使用した治療は、1回あたり15~20分程度。状況にもよりますが、基本的に毎日行ないます。平均すると5~7週程度が治療に必要な期間です。

薬物療法

虎の門病院では、全国に先駆けてすべての病棟に病棟薬剤師を配置。診療科の医師との連携を行なったうえで、薬物療法の有効性と安全性のサポートをしてくれます。

さらに緩和ケアと併用した治療を行なう腫瘍内科では、総合的な治療方針のもとで抗がん剤治療分子や標的治療を処方。外来で薬物療法を受けたいという患者さん向けに、外来化学療法室の専属スタッフが対応してくれます。

副作用について

一般的な薬物療法の副作用は、吐き気・嘔吐、脱毛、骨髄抑制など。EGFRを標的とする分子標的薬では皮膚障害など特徴的な副作用も見られます。

副作用のリスクは服用する薬物の成分やがんの進行状態、体の免疫力などによって個人差が。副作用のリスクを詳しく知りたい場合は、担当医師に確認をとりましょう。

虎の門病院の特徴

東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩6分。2019年5月に開院した新しい虎の門病院は、地下3階から地上19階、車でもアクセスできる機械式駐車場(240台分)が完備された大型クラスの総合病院。

院内にはコンビニ、各病棟にはデイルームと屋上にくつろぎスペースもあり、患者さんやご家族の利用も便利でしょう。専従の医療コーディネーター(英語対応)と医療通訳(中国語対応)もいるため、外国の方もスムーズに治療が受けられる体制です。

虎の門病院の基本情報