癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » セレンクリニック東京

セレンクリニック東京

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページは有楽町駅から徒歩1分の場所にあるセレンクリニック東京のがん再発治療についてまとめています。

有楽町にあるセレンクリニック東京は、がんに対する「免疫療法」を提供している医療機関です。樹状細胞ワクチン療法をメインとした免疫療法でがん治療にあたっています。今回はその治療法を調べました。

セレンクリニック東京の医師紹介

院長:大亀 浩久医師

大亀院長の目指す医療

大亀院長が率いているセレンクリニックでは、患者とそのご家族に対して病院として何ができるのかを考え、安全性の高い治療を提供できるようにすることや、がん患者とそのご家族に対して革新的な治療・サービスを提供することを理念としています。

がんと診断された患者は身体な苦痛だけでなく、ストレスや不安な気持ちなど、精神的にも苦痛を受けることとなり、多くの患者が身体と精神の両面からもともとの生活を送ることができていないのが現状です。セレンクリニック東京は患者に寄り添い、そして力を合わせてがん治療を行っています。

数多くあるがん治療の中でも、樹状細胞ワクチン療法の実績に関しては国内最多を誇っており、力を入れて取り組んでいる療法でもあるため、より多くの患者に提供していきたいと考えているのが特徴です。

大亀院長の経歴

大亀院長の所属学会・資格・役職など

セレンクリニック東京の代表的な治療法

免疫療法でがん細胞を攻撃

がんの治療法といえば、外科手術、化学療法(抗がん剤)、放射線治療の3つがよく知られています。近年では、そこにさらなる選択肢として加わったのが「免疫療法」です。セレンクリニック東京では、この第4の治療法である免疫療法をメインにした治療を提供しています。

樹状細胞ワクチン療法

免疫療法の中でも、がん治療を目的にした免疫療法を「がん免疫療法」と言います。その中でもセレンクリニック東京では、樹状細胞ワクチン療法をメインにした免疫医療を行なっているのが特徴です。樹状細胞とは、体内にあるがんの存在を免疫細胞(T細胞)に知らせて、その免疫細胞を活性化させる細胞になります。

クリニックでは、この樹状細胞を一度体内から抽出してがん抗体と結合させ、人工的に培養させてから再度体内に戻します。そうすることで、がんを攻撃する能力をもつT細胞を活性化させるのが「樹状細胞ワクチン療法」。セレンクリニック東京では、東京大学医科学研究所の培養技術と大阪大学の特許技術「WT1ペプチド」を採用して、体内でがんに対する免疫反応を確実に起こす技術を提供します。

NK(ナチュラルキラー)細胞療法

ナチュラルキラーの名の通り、生まれながらにして異常な細胞を攻撃する役割を持ったリンパ球の一種である、NK細胞。それを用いて、がん治療を行う手法がNK細胞療法です。

がん細胞は、免疫細胞が攻撃対象を決めるために必要なMHC分子を自身の中に隠し、免疫細胞からの攻撃を逃れています。樹状細胞ワクチン療法により、自身の持つ免疫細胞を体内から取り出し、どの細胞を攻撃すべきかを教育したとしても、がん細胞は攻撃を避ける可能性があるのです。

しかしながら、NK細胞はMHC分子を自身の中に隠したがん細胞を見つけ出し、攻撃します。樹状細胞ワクチン療法とNK細胞療法を併用することにより、これまでよりも効率的かつ正確にがん細胞を減らすことができるのです。

活性化リンパ球療法

リンパ球はがん細胞を攻撃しますが、そもそもリンパ球の数が少ないことがあります。その場合は、リンパ球を培養して体内に戻すことにより攻撃力を上げることが可能です。

樹状細胞ワクチン療法と併用することができ、より攻撃力を高めることができます。

標準治療と組み合わせることも

セレンクリニック東京は、免疫療法と標準治療(手術・放射線・化学療法)を組み合わせて治療を行なう「アイマックスがん治療」も提供しています。その場合は、標準治療を行なうほかの医療機関と連携プレーをしっかりとり、患者さんに合う治療プランを提唱します。

免疫療法のデメリット

樹状細胞ワクチン療法の治療は、ヒトが本来持っている免疫力を活かす治療法のため、つらい副作用はほとんど報告されていません。しかし樹状細胞を投与したときに、体内の免疫反応の結果、発熱がみられることがあります。

さらに治療は全て自由診療となるため全額自己負担となり、高額な医療費がかかってしまうので要注意です。

セレンクリニック東京の特徴

JR有楽町駅から徒歩1分、または東京メトロ丸ノ内線銀座駅から徒歩5分の場所にあるセレンクリニック東京は、完全予約制を採用しているため、受診には予約が必要です。

モダンでキレイな外観は駅から近いこともあり非常に目立つため、見つけるのも簡単。治療費用や期間といった詳細情報に関しても、同院が定期的に開催する「がん免疫細胞療法に関する説明会」にて確認することができるため、初診の患者も安心して訪れられるでしょう。

セレンクリニック東京での免疫療法の流れ

セレンクリニック東京での免疫療法は6つのステップから成ります。

  1. 医師とのカウンセリング
    まずは、医師への相談からスタート。患者の健康状態などを医師に伝えたうえで、同クリニックの提供する樹状細胞ワクチン療法などのがん治療の方法と方針について医師から説明を受けます。
  2. 検査
    次に治療前の検査です。血液検査や画像検査などで健康状態を詳細に確認します。
  3. 成分採血
    その後、採血で必要な成分だけを血液から取り出します。
  4. 培養
    成分採血が終わった後は、樹状細胞ワクチンの培養へ。品質検査もあるため、このステップには3週間程度かかります。
  5. ワクチンの投与
    そして、培養が完了した免疫細胞を患者に投与します。投与は数回に分けて行われ、3~4か月程度かかります。
  6. 医療後の効果を評価
    最後に治療の効果がどの程度あったのかを確認し、同方法を続けるのか他の方法を試すのかといった次の治療方針を検討します。

セレンクリニック東京の病院情報