癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » セレンクリニック東京

セレンクリニック東京

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページは有楽町駅から徒歩1分の場所にあるセレンクリニック東京のがん再発治療についてまとめています。

有楽町にあるセレンクリニック東京は、がんに対する「免疫療法」を提供している医療機関です。樹状細胞ワクチン療法をメインとした免疫療法でがん治療にあたっています。今回はその治療法を調べました。

セレンクリニック東京の医師紹介

院長 :大亀 浩久医師

大亀院長の経歴

大亀院長の所属学会・資格・役職など

セレンクリニック東京の代表的な治療法

免疫療法でがん細胞を攻撃

がんの治療法といえば、外科手術、化学療法(抗がん剤)、放射線治療の3つがよく知られています。近年では、そこにさらなる選択肢として加わったのが「免疫療法」です。セレンクリニック東京では、この第4の治療法である免疫療法をメインにした治療を提供しています。

樹状細胞ワクチン療法

免疫療法の中でも、がん治療を目的にした免疫療法を「がん免疫療法」と言います。その中でもセレンクリニック東京では、樹状細胞ワクチン療法をメインにした免疫医療を行なっているのが特徴です。樹状細胞とは、体内にあるがんの存在を免疫細胞(T細胞)に知らせて、その免疫細胞を活性化させる細胞になります。

クリニックでは、この樹状細胞を一度体内から抽出してがん抗体と結合させ、人工的に培養させてから再度体内に戻します。そうすることで、がんを攻撃する能力をもつT細胞を活性化させるのが「樹状細胞ワクチン療法」。セレンクリニック東京では、東京大学医科学研究所の培養技術と大阪大学の特許技術「WT1ペプチド」を採用して、体内でがんに対する免疫反応を確実に起こす技術を提供します。

標準治療と組み合わせることも

セレンクリニック東京は、免疫療法と標準治療(手術・放射線・化学療法)を組み合わせて治療を行なう「アイマックスがん治療」も提供しています。その場合は、標準治療を行なうほかの医療機関と連携プレーをしっかりとり、患者さんに合う治療プランを提唱します。

免疫療法のデメリット

樹状細胞ワクチン療法の治療は、ヒトが本来持っている免疫力を活かす治療法のため、つらい副作用はほとんど報告されていません。しかし樹状細胞を投与したときに、体内の免疫反応の結果、発熱がみられることがあります。

さらに治療は全て自由診療となるため全額自己負担となり、高額な医療費がかかってしまうので要注意です。

セレンクリニック東京の病院情報