癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 多摩総合医療センター

多摩総合医療センター

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

多摩総合医療センターは、地域がん診療連携拠点病院に指定されている医療機関です。

がん治療は常に先進的な設備の導入を心がけ、外科手術・内視鏡治療・放射線治療・がん薬物療法・造血器幹細胞移植などの集学的治療を実施しています。

また、緩和ケアチームや栄養サポートチーム、がん相談支援センターなど、あらゆる面で患者をサポートできる体制を整えています。

多摩総合医療センターの医師

院長:近藤 泰児

近藤院長の目指す医療

近藤泰児院長は、脊椎脊髄疾患と股関節疾患を専門にしています。

都立多摩総合医療センターは、平成23年4月「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。全診療科を擁する総合病院として、5大がんをはじめ希少がんまで、ほぼすべての領域にわたる悪性腫瘍の治療に対応しています。

治療には、様々な先進的設備を駆使しながら、手術療法、内視鏡治療、放射線治療、がん薬物療法及び造血器幹細胞移植等の集学的治療を行っています。

がんの診断時点より、患者本人・患者家族の病気の疑問・不安・心配事に対して、各専門スタッフによる包括的ながん診療を提供することで、患者さんをサポートしています。都立多摩総合医療センターの理念である「患者中心のあたたかい医療の提供」を着実に実現しているのです。

近藤院長の経歴

近藤院長の所属学会・資格・役職など

多摩総合医療センターの代表的な治療法

手術療法・内視鏡治療・放射線治療・がん薬物療法・造血器幹細胞移植

手術療法やがん薬物療法、放射線治療をはじめ、内視鏡治療、造血器幹細胞移植などの集学的治療を実施しています。

さらに緩和ケアチームや栄養サポートチーム、がん相談支援センター、総合患者支援センター、がん専門・認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師などの専門的なスタッフによって包括的な治療を実現。それにより、患者とその家族を手厚くサポートしてくれるでしょう。

副作用・リスクについて

薬物療法はとくに副作用が強く現れる可能性が高いでしょう。近年では副作用を抑える薬剤の開発も進んでいますが、副作用がまったく起こらないわけではありません。

がん治療の選択は、がんの状態や年齢、体質などによって決定されます。さまざま治療を併用する場合もあるでしょう。担当医と体の状態について密に話し合いながら、どのような治療を行うか選択してください。その際、副作用やリスクについてもしっかりと把握しておきましょう。

緩和チームケア

緩和ケアとは、重い病気を患った患者やその家族に対し身体だけでなく、精神面などのストレスをやわらげ、よりQOLを保った人生を過ごすことができるよう支えていくケアのことです。

とくに、がん治療の場合は長期的な視野で治療を行う必要があります。そのため安心して治療が行えるように、緩和チームによる丁寧なサポートが受けられるでしょう。

多摩総合医療センターの緩和ケアでは、さまざまな取り組みを行っています。

1つ目が緩和ケアチームとしての活動です。医師以外にも、緩和ケア認定看護師や緩和薬物療法認定薬剤師、管理栄養士、MSW、臨床心理士などによって緩和ケアチームを結成しています。それぞれのスタッフが密に連絡・相談することによってよりきめ細やかなサポートが期待できるでしょう。

2つ目が教育活動です。2次保健医療圏の医療者および在宅療養介護者に対して、緩和ケアの方法や意義などについて教育を実施しています。医療従事者だけでなく、一般市民に対しても普及啓発活動を実施しているようです。

クリニックの特徴

都立多摩総合医療センターは、平成22年3月に都立府中病院から全面移転した病院です。同時に、同じ建物内に都立小児総合医療センターが開設され、両病院を合わせて1,350床を備える大規模な病院として新たに出発しています。

都立多摩総合医療センターは、救急医療、がん医療、周産期医療はもちろん、それらを支える総合診療も強化し、ほぼすべての診療を網羅しています。

救急医療としては、救命救急センター、東京ER多摩総合を有し、365日24時間救急医療を提供。脳卒中、心筋梗塞、心不全等に関しては都内有数の実績を誇っています。

がん医療に関しては、がん診療拠点病院として、通常の治療のほか緩和医療やがん相談支援にも積極的に取り組んでいます。

総合的医療機能を有する高度急性期病院として、地域医療機関と連携。多摩地域約400万人の健康に貢献できるよう、職員一丸となって取り組んでいます。

多摩総合医療センターでの化学療法の流れ

多摩総合医療センターでは、化学療法の提供を行う外来化学療法センターを設置しています。

  1. 受付
    再来受付機で受付します。
  2. 治療前検査
    血液検査やレントゲンなどの検査が行われます。
  3. 問診票記入
    緑の問診票に体調を記入してください。血圧を測定して受付に提出します。
  4. 看護師・医師による問診、診察
    看護師が体調のチェック、医師が診察を行い、治療の最終決定を行います。
  5. 外来化学療法センター受付
    医師から渡されたファイルを提出してください。
  6. 治療
    点滴を実施。治療中の日常生活の相談もできます。
  7. 会計・お薬受け取り
    薬剤師の薬剤説明の後、帰宅になります。

多摩総合医療センターでは、化学療法(27床)及び関連する輸液療法、輸血療法(4床)で治療を行っています。化学療法のレジメンは、がん化学療法検討部会において安全性・有効性が確認・登録されています。

がん化学療法は危険性をともなう治療ということもあり、レジメンの種類・患者確認・薬剤の種類・量・投与順等をコンピューターで管理し、ヒューマンエラーに備えたシステムを構築しているのです。

治療室は、電動式リクライニングベッド、観葉植物、BGM等の設備もそろっていて、リラックスしながら治療を受けられるような環境づくりに配慮しています。治療上の不安に関しては、医師、看護師、薬剤師がそれぞれの視点を基にサポートしています。夜間の副作用に対しても、ERを窓口に担当診療科が対応していますよ。

多摩総合医療センターの病院情報