癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » がん研有明病院

がん研有明病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

こちらのページでは、がん研有明病院の特徴や治療法についてまとめています。

がん研有明病院は、1908年に設立された国内初のがん専門の研究所「癌研究会」を母体とした、がん専門の医療機関です。2005年に大塚から臨海副都心の有明へ移転して、現在20室の手術室を持つがんに特化した病院。低浸襲の内視鏡手術やロボット支援手術、放射線療法、化学療法などの専門的な治療を提供しています。

医師紹介

がん研有明病院 院長:佐野 武医師

佐野院長の経歴

佐野院長の所属学会・資格・役職など

がん研有明病院の代表的な治療法

消化器系がんは低侵襲手術法でダメージを軽減

がん研有明病院は、他の病院より先駆けて腹腔鏡手術法を取り入れた医療機関です。体にメスを入れる外科手術では、手術後の傷や体力の回復に時間がかかります。そんな体の負担を軽減するために、がん研有明病院の消化器外科では、可能な限り小さな傷で手術が行える「低侵襲手術」という方法を採用しています。

低侵襲手術とは、小さな早期がんを胃カメラなどの内視鏡を用いて切除したり、胸腔鏡や腹腔鏡というカメラを使って手術を行ったりする方法です。

患者さんの体への負担を軽くして、がんを切除する方法を積極的に行っています。

横のつながりを強化して患者を中心とした治療に取り組む

各診療科がそれぞれ専門の診断と治療を行いますが、各科が縦割りで動くのではなく、患者さんを中心に各科の医療専門家がチームとなって集まり、治療方針を組み立てて治療に当たります。そのため患者さんは各科を渡り歩く、という手間がなく、最適の治療法を選べるのです。

がん治療ができる部位

がん研有明病院は、消化器系の胃がんや大腸がん、婦人科系の子宮がん、乳がん、呼吸器系の肺がん、泌尿器科系の膀胱がん、前立腺がん、そして悪性リンパ腫、白血病などの血液腫瘍などほとんどの部位のがんをカバーしています。しかし、脳外科と小児科はないため、他の医療機関との連携になります。

治療の副作用について

がん研有明病院の治療は外科手術・放射線治療・化学療法を柱にして行われています。抗がん剤による化学療法は、近年、吐き気や嘔吐を予防する薬が進歩して、だいぶ抑えられるようになりました。それでもアドリアマシンやエピルビシンなど、抗がん剤によっては吐き気が伴います。

また、投与後しばらくすると髪の毛が抜ける、免疫力が低下するといった副作用もあります。放射線治療も、照射後しばらくして赤みやヒリヒリした痛みが出ることがあります。

がん研有明病院の基本情報