癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 局所・領域再発 » 血管内治療

血管内治療

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

再発後どのような状態なら血管内治療を受けられるか

血管内治療は再発した癌細胞が局所にとどまり、他の臓器に転移がない場合に、根治を目指す治療として有効になります。

血管内治療は外科手術と同じように局所治療であるため、再発した癌が局所に留まらず、血管やリンパ管の流れに乗って他の部位に転移した場合は、この方法では治癒を望むのが難しいと言えるでしょう。

再発した場合の多くは、他の部位に転移している可能性が高いため、血管内治療が適応とならない事が多いのが現状です。

血管内治療の優れている点

血管内治療とはカテーテルという細い管を使い、治療を行う方法です。癌における血管内治療は、主に次の方法に分けられます。

癌の中でも血管が豊富にある臓器、例えば肝臓や腎臓で発生した癌などの治療に用いられる場合が多くあります。

血管内治療のメリット

第一には、身体への負担の負担が少ないことが挙げられます。外科手術のように切開したり臓器を切除したりする必要がありません。物理的なダメージによる副作用も少ないと言われています。

また、局所での再発の場合には、根治を目標に選択できる治療です。転移が見られる場合は、局所のみの対処療法としての適応となります。

血管内治療デメリットと副作用

身体に刃物が入る意味での副作用は少ないのですが、薬物による副作用は生じる場合があります

血管内治療を行うまでの流れ

血管内治療が決まった場合、CTやMRI検査などから三次元画像を観察し、治療の方針を立てて、カテーテルを入れる血管の選択・使用するカテーテルなどを決めます。

血管内治療が始まる1~2日前に患者は入院し、必要に応じて更なる検査も受けながら細かな準備を進めます。

治療後はベッドの上で数時間~1日は安静に。カテーテルを入れた血管を圧迫して止血するためです。

入院期間は1~2週間ほど。その後退院となり、外来通院にて経過を確認することになるようです。

放射線治療という選択肢も

近年優れた機器も開発され、癌の第一選択肢として標準治療の柱となっているのが放射線治療です。放射線には細胞の遺伝子に直接作用して細胞が分裂する能力をなくしたり、細胞自ら死んでいく現象(アポトーシス)を増強させて細胞を破壊させたりする力があります。放射線治療と血管内治療は、局所にある癌細胞を集中的に治療するという点で共通の利点があります。その上で、放射線治療は機器によっては広範囲への照射が可能なため、転移が懸念される場合は有効であるといえます。

ただし、放射線治療は少なからず副作用が生じます。その症状は、吐き気・食欲不振・下痢・腹痛・だるさ・脱毛・皮膚炎など。照射した部位や個人の体質などで差はありますが、治療中や直後など比較的早期に副作用が生じる場合と、半年から数年後に副作用が生じる場合があります。外科手術とどちらが患者さん自身の治療に適しているかは、医師との相談が必要となります。