癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 部位別に見る再発癌 » 胃癌

胃癌

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

胃癌の5年生存率と10年生存率

5年生存率

10年生存率

胃癌が転移しやすい箇所

胃癌

胃癌は胃の周りにあるリンパ節への転移が最も多く、早期の胃癌でも生じる場合があります。また腹膜播種という癌細胞が種を蒔いたように生じる転移や血行性転移で肝臓に転移しやすいといわれています。

胃癌はどのような癌か

胃癌は胃の粘膜の細胞がなんらかの原因で癌化し、増殖を繰り返すことで発症します。

特殊な胃癌として胃壁の中で癌が広がって表面に現れない「スキルス胃癌」というものもあります。スキルス胃癌は表面に現れないため見つけにくく、見つかった時には60%の患者さんで転移がみられています。

胃癌の主な症状

胃癌の症状は早期では全くといっていいほど症状がなく、進行をしても無症状の場合があります。合併して生じる胃潰瘍や慢性胃炎の症状によって現れる事が多いです。

みられるものとして食欲不振、悪心・嘔吐、全身倦怠感、吐血・下血、腹痛、腹部膨満感、胸焼けといった症状があります。

胃癌が再発しやすい理由

胃癌の再発後の転移で多いとされているのが腹膜播種で、胃に残っていた癌細胞が腹膜へ散らばるように転移します。

他には胃癌細胞が血液に乗って肝臓に転移したり、リンパ節に転移したりして再発する場合があります。

胃癌に用いられる治療法

再発した胃癌の治療では再発した癌細胞が胃にとどまっている場合には外科手術を行いますが、転移がある場合は外科手術は行いません

転移がある場合は抗がん剤治療、放射線治療を行い、進行を遅らせる、増殖を抑える治療を行います。場合によっては免疫療法も行います。

胃癌を再発させないための予防法

胃癌は生活習慣によって予防する事が大事です。特に塩分の過剰な摂取は胃癌のリスクを高めるといわれており、食生活の改善をする事が胃癌の予防に有効となります。ストレスを溜めない事、適度な運動をする事も胃癌再発のリスクを抑えるためには重要です。

また手術後の術後補助療法は再発のリスクを大幅に減らす事が出来る治療方法です。癌が再発した場合は、癌治療専門病院へ行き、早めに適切な治療を行う事が重要です。