癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 東京都立駒込病院

東京都立駒込病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページではがんの専門病院で、レベルの高い医療を提供しようと取り組んでいる「東京都立駒込病院」について調べています。

がんと感染症を対象に医療を提供している「東京都立駒込病院」。都道府県がん診療連携拠点病院として認められています。さまざまな部位のがんに対応できるだけでなく、がんと他の疾病を抱えている患者さんに対して、ケアの行き届いた治療を行える総合医療病院です。

東京都立駒込病院の医師

院長:神澤輝実

神澤院長の経歴

神澤院長の所属学会・資格・役職など

東京都立駒込病院の代表的な治療法

がん再発の治療について

都立駒込病院では、がんの再発についても部位や症状に適した最適な治療を提供しています。例えば大腸がんの場合、肝臓に再発するケースが多くみられます。このケースについては、肝機能や腫瘍マーカーなどを知るために採血検査を実施。

その他にも超音波検査・CT検査・MRI検査・PET検査などを必要に応じて行います。そこで大腸がん肝転移と診断された場合、効果的な治療法として肝切除手術が選択可能です。都立駒込病院は、腹腔鏡による肝切除を国内でも早期に導入した病院なので、数多くの治療経験があります。

もし手術が適さない場合は、抗がん剤(化学療法)で治療します。これにより肝転移の縮小を試みるのです。当初は手術できないと判断した病変が、抗がん剤の治療によって、手術ができるようになる可能性もあります。大腸外科・肝臓外科・腫瘍内科・病理医・放射線科という多くの科が協力して、より正確な診断と患者さんに最適な治療に当たってくれるようです。

抗がん剤(化学療法)の副作用について

化学療法は悪性腫瘍を縮小する効果がある反面、吐き気・だるさ・味覚障害などの副作用があります。また、肝機能障害を引き起こす可能性もあるため、もし手術できるタイミングと医師が判断したら、それを逃さないことが大切です。

がん患者が同時に抱える疾病にも対応できる

もともとは感染症医療のための診療所として明治に開設された駒込病院。その後は日本人の死亡原因で増加したがんの対応のために「がんと感染症」の専門医療施設に生まれ変わりました。

近年ではがん疾患に加えて、高血圧・糖尿病・心疾患などの併存疾患をもつ患者さんが増えています。

都立駒込病院はその点に注目して、がん・感染症の専門医療部門に加えて総合的診療ができる部門も充実させました。これらの診療基盤を活用して、がん患者さんが抱えるさまざまな疾病に、幅広い医療を提供できるのが特徴です。

院内各科の連携も確立されているので、患者さん1人ひとりに合う最適の治療を選択できます。

東京都立駒込病院の病院情報