癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 文京クリニック

文京クリニック

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

文京クリニックは2003年に開業しているクリニックです。一般内科、呼吸器科、アレルギー科の診療、および免疫関連疾患への免疫療法を行っています。

がんの再発にかんする治療では免疫療法を主に行っており、なかでも自家がんワクチン療法に力を入れているのが特徴です。

文京クリニックの医師

院長:倉根 修二

倉根院長の経歴

倉根院長の所属学会・資格・役職など

文京クリニックの代表的な治療法

文京クリニックはがんの再発に対して、主にがん免疫療法を行っています。

がん治療において、ほとんどが外科手術での対応になるものの、転移や再発といった場合は外科手術は対応できないことが。そこで、転移や再発に対応するために免疫力を高め、がんの再発を抑え込むという手法が取られています。

がん免疫療法とは

がんは他の病気と違い、がん細胞が転移して他の臓器までがんに侵されてしまうのが特徴です。がんの主な治療方法としては、外科手術にて病変を取り除いてしまうこと、薬によってがん細胞を殺してしまうことなどが挙げられますが、一番は外科手術でがんを細胞ごと取り除いてしまうのが効果のある治療法とされています。

手術が困難なほどがんが進行してしまった場合や、手術で取り除き切れなかった病変については、抗がん剤や放射線治療が行われます。外科手術は患者の身体に負担がかかるため、すべての患者に適用できないこともあり、抗がん剤や放射線治療に至っては副作用によって患者本来の生活を損なってしまう可能性も高いでしょう。

そこで、本来人間の持っている、異物を体から排除する力である「免疫」を活用してがん細胞を抑え込む方法が開発されました。これをがん免疫療法と呼びます。この療法によってがんの再発を抑え、患者の生活の質をキープすることが期待できるのです。

自家がんワクチン療法

自家がんワクチン療法はセルメディシン社が開発した特異的免疫療法で、がん細胞を攻撃するキラーT細胞を活性化させる方法です。

がん細胞は人によってそれぞれ形や性質が異なり、自分の身体の中でも異なることが多いといわれています。

キラーT細胞はどの細胞を攻撃すべきか識別できていない状態です。攻撃対象となるがん細胞を患者から採取し、培養したがん細胞を使ってキラーT細胞に攻撃対象を示す作業を行います。これを、キラーT細胞を「誘導する」といいます。

自家がんワクチン療法の利点は、培養に使うがん細胞は手術で採取され、ホルマリン漬けになった状態のものでも使うことができる点です。患者の負担を減らし、効率良く培養が可能なのです。

副作用・デメリットについて

がん免疫療法はがん細胞の培養が必要となり、通常より多くの時間を要することから実施している医療機関は多くありません。

また、がんの治療法として使われる抗がん剤や放射線はキラーT細胞の力を弱めるように作用してしまうため、タイミングを合わせなければ効果がなくなってしまうのがデメリットです。

自分自身の本来の力を使った療法であるため、大きな副作用が出にくいのがメリットといえます。

一方で自家がんワクチン療法は、キラーT細胞にがん細胞を異物として認識させる手法であるため、ワクチンの接種箇所の周辺が腫れたり、かゆくなったり、熱を持ったりする可能性があります。

病院情報