癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » QST病院(旧:放射線医学総合研究所病院)

QST病院(旧:放射線医学総合研究所病院)

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページではQST病院(旧:放射線医学総合研究所病院)が行なっている、がん再発の治療法についてまとめています。

QST病院は、がんの放射線診療、特に最先端の重粒子線がん治療を中心に行なっている医療機関です。1994年以降11,000件以上の重粒子線治療臨床の実績があるQST病院の治療法や特徴をまとめました。

QST病院の医師紹介

院長:辻 比呂志医師

辻院長の経歴

辻院長の所属学会・資格・役職など

QST病院の代表的な治療法

放射線医療技術に特化

2019年4月に放射線医学総合研究所病院から、名称変更したばかりのQST病院。千葉市稲毛区にある「国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構」の一部門で、がん治療に特化した重粒子線がん治療をメインに行なっている医療機関です。

QSTとは「Quantum and Radiological Science and Technology(量子・放射線医学技術)」のこと。QST病院では、世界で初めて医療用として開発された「重粒子線治療装置(HIMAC)」を使っています。25年以上培われてきた研究と臨床実績をもとに、レベルの高い重粒子線治療を提供したいと考えているのです。

従来の放射線治療との相違点

従来のX線の放射治療は、体の奥へ向かうほどエネルギーが弱くなってしまう性質があること、さらに患部に届くまでの正常な細胞までも死滅させて体のダメージを大きくさせてしまうというデメリットがあります。

重粒子線治療の場合は、体の奥深くまでエネルギーを集中させることが可能で、がん細胞を標的にピンポイントで照射できます。正常な細胞への影響を最小限に抑えられるため、副作用が少なく、体の回復や精神的ダメージが軽減されます。

従来のX線放射線治療は、損傷したがん細胞が再度回復してしまうケースが見られることに対して、重粒子線の場合は、損傷を与えたがん細胞は治りにくいことがわかっています。つまり、同じ部位のがんの再発の可能性が少なくなるということです。

治療のデメリットについて

がんの部位によっては、重粒子線治療の技術料314万円(2019年5月現在)が高額診療ということで、全額自己負担になってしまいます。肺がん・大腸がん・婦人科がん・肝臓がんなどが対象です。

2018年4月以降も、前立腺や頭頸部などのがんを対象に、重粒子線治療の保険が適用になりました。また、臨床試験で行なわれる部位の技術料は、患者さんの負担はありません。詳しい部位や内容は問い合わせてください。

QST病院の病院情報