癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 東京都立多摩総合医療センター
  

東京都立多摩総合医療センター

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

東京都立多摩総合医療センターは平成23年に「地域がん診療連携拠点病院」として指定されて以来、総合病院として全診療科を設置しながら、5大癌から希少癌まであらゆる領域の悪性腫瘍治療/癌治療を多角的に行っています。

東京都立多摩総合医療センターの医師

外科(消化器・一般)部長:森田 泰弘

森田泰弘外科部長の経歴

外科部門の診療科責任医師として活躍する森田医師は、日本外科学会認定専門医・指導医、日本消化器外科学会認定専門医・指導医といった専門医資格などだけでなく、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医や日本がん治療認定医機構がん治療認定医といった、癌治療に特化した認定医資格も取得しています。また、消化器領域ではおよそ8割のケースで腹腔鏡手術を採用しつつ、さらに放射線療法や化学療法といったトータルのアプローチによって治療効果を目指していることも特徴です。

森田泰弘外科部長の所属学会・資格・役職など

診療放射線科責任医師:泉 佐知子

泉佐知子医師の経歴

東京都立多摩総合医療センターの診療放射線科では、放射線診断部門と放射線治療部門をそれぞれ備え、泉医師は診療放射線科の責任医師として活躍しているドクターです。放射線治療専門医やがん治療認定医といった資格を持ち、治療部門としては小児癌から成人癌まで幅広い癌の治療に当たっています。また、若手医師の研修も指導しながら、地域医療の安定と発展を下支えする人物の1人として活躍しています。

泉佐知子医師の所属学会・資格・役職など

東京都立多摩総合医療センターの代表的な治療法

東京都立多摩総合医療センターではほぼ全ての領域に関する癌治療を行っており、治療法も外科手術や放射線治療、化学療法など、様々な分野で専門医資格を持つドクターがチーム体制で患者のケアに当たっています。また、地域がん診療連携拠点病院として医療環境の充実にも取り組んでおり、令和3年3月には診療放射線科へ新しい外照射装置が導入される予定もあるなど、高精度の癌治療の提供を目指していることも重要です。

手術療法/内視鏡治療

癌治療としての外科手術件数も公開されており、例えば大腸癌の手術件数は平成22年から26年までの間で平均300件/年ほど、さらにその80%ほどが腹腔鏡を用いた非開腹手術となっている点も見逃せません。また、他領域の専門医と連携しながら、患者への肉体的・精神的・社会的負担を抑えつつ、治療効果を高められる方法が検討されていることも魅力です。

その他、外科分野はさらに治療領域・部位ごとに細分化されており、専門医・認定医・指導医などの資格を有するドクターが十数名も在籍している点は見逃せません。

化学療法/輸液・輸血療法

外来化学療法センターが設置されており、地域の医療機関から紹介されてきた癌患者に対して、化学療法(27床)と関連する輸液・輸血療法(4床)による治療が実施されています。センターでは精密診療が要求される化学療法を安全に提供できるよう、患者へのケアについてヒューマンエラーを防止するためのコンピューター管理が導入されており、さらにメンタル面のケアを行えるようインテリアや空間演出、医療スタッフの接遇応対などにも細かな配慮がされています。

東京都立多摩総合医療センターの公式ホームページでは、センターの利用実績が公開されており、地域がん診療連携拠点病院として平成23年に指定されて以降、平成24年~26年の全ての年において年間7千件以上の利用実績となっていることもポイントです。

放射線療法

放射線治療の専門医や癌治療の認定医によって、診断から治療まで総合的な癌ケアを実施している点が特徴です。また、診断部門では多種多様な診断装置を併用しながら低侵襲治療・診断が行われており、治療部門では強度変調放射線治療(IMRT)や定位放射線治療(SBRT)、腔内照射(組織内照射併用照射含)といった機器を活用した、高精度放射線治療も提供されています。

総合患者支援センター(がん相談)

癌患者や家族、地域住民の不安や疑問へ対処し、悩みの解決・解消をサポートできるよう、総合患者支援センターでは「がん相談」を受け付けられています。センターでは医療ソーシャルワーカーや臨床心理士、緩和ケア認定看護師といった専門家が、癌治療や術後の生活、費用面の問題や在宅ケア・緩和ケアについてなど、幅広い情報提供を行っており、費用が無料という点も重要でしょう。

東京都立多摩総合医療センターの特徴

東京都立多摩総合医療センターは癌先進治療に必要な環境を備えた総合病院として、全診療科を対象としながら、5大癌から希少癌まで幅広い癌への治療を実施しています。また、地域の癌医療の拠点として癌治療の認定医・指導医が複数所属しており、若手の指導や地域医療の発展に貢献している点も特徴です。

全ての治療を医学的根拠にもとづいて行っていることはもちろん、転移性腫瘍に対しては脳外科や整形外科といった多分野連携による専門治療も実施しており、突発的なトラブルや合併症を有する患者に対しても、ERと協力して24時間365日の受入れ態勢を整えています。

東京都立多摩総合医療センターでの癌治療の流れ

治療は救急患者を除いて紹介予約制が採用されており、初診患者はまず地域のかかりつけ医などから紹介を受けた上で、診療予約を行わなければなりません。

初診予約の流れは以下のようになります。

  1. 地域の医療機関で紹介状を書いてもらう。
  2. 予約センターへ電話して希望の診療科を予約する。
  3. 総合受付(1階1番窓口)で手続きする。
  4. 患者フォルダと呼出機、受付票を受け取る。
  5. 外来診療受付で患者フォルダを提示。
  6. 呼出機の案内に従って診察室で診療を受ける。
  7. 診療後は外来診療受付で手続きを行う。
  8. 会計は自動精算機で行う。

来院して受付を完了した後は、呼出機にメッセージが表示されるため、その内容に従って行動します。なお、当日予約は不可となっており、受診日の前日15時までに予約するようにしてください。

東京都立多摩総合医療センターの基本情報