癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 東京慈恵医科大学附属病院

公開日: |更新日:

東京慈恵医科大学附属病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

このページでは、東京慈恵医科大学附属病院の専門センターとして、癌治療をメインに扱う腫瘍センターや、東京慈恵医科大学附属病院で提供する癌治療の特徴などをまとめました。

東京慈恵医科大学附属病院の医師

宇和川匡 腫瘍センター長の目指す医療

宇和川匡医師は、東京慈恵医科大学附属病院の腫瘍センターのセンター長として、癌の標準治療はもちろん、がんゲノム医療といった先端医療や、患者のQOLを重視したサポーティブケアなどを幅広く提供し、癌患者の治療に対する満足度向上に努めています。また、国内ではまだまだ癌治療の専門医が不足しているという考えから、癌治療や癌を対象とした医療を専門とする医療従事者の育成にも尽力していることが特徴です。

専門医だけでなく多職種の医療従事者を連携させて、チーム体制で癌患者や家族のサポートを行っています。

宇和川匡 腫瘍センター長の経歴

宇和川匡 腫瘍センター長の所属学会・資格・役職など

東京慈恵医科大学附属病院の代表的な治療法

東京慈恵医科大学附属病院の腫瘍センターでは、様々な癌患者に対して多角的な治療やサポートを実施しています。化学療法やがんゲノム医療、薬物療法による副作用対策として治療をバックアップするサポーティブケア、さらに癌患者の食生活や生活習慣を根本的に見直す「がん栄養リハビリテーション治療室」など、幅広い部門や領域で連携して治療を提供していることが特徴です。

なお、妊娠を計画している人や、将来的な妊娠を希望している人のために、妊孕性温存外来を設置し、妊孕性温存方法に関する専門医の治療を提供していることもポイントです。

がんゲノム医療

がんゲノム医療では、主として患者の癌組織や細胞から遺伝子を採取し、さらに遺伝子の変異を明らかにすることで、それぞれの癌患者の体質や病状、既往歴に適した治療法を提供します。

癌が発生する原因は遺伝子の変異によるところが大きいと考えられており、がんゲノム医療は根本的な癌の原因を追及し、患者や癌ごとに特化した治療プランを策定することが目的です。

がんゲノム医療を適正に実行するには遺伝子パネル検査やコンパニオン診断、分子標的薬といった技術も重視されており、東京慈恵医科大学附属病院では新たながんゲノム医療の研究も進めています。

妊孕性温存方法

卵巣や精巣といった組織や機能を保護して、癌治療を行いながらも、将来的に妊娠できる可能性を残していく方法を検討します。

妊孕性温存方法は女性癌患者だけでなく男性の癌患者においても重要なポイントであり、将来的に妊娠を計画したり希望したりしている人は、妊孕性温存外来で専門医と相談しつつ全体的な治療プランを検証可能です。

東京慈恵医科大学附属病院の特徴

東京慈恵医科大学附属病院は行政が指定する「がん診療連携拠点病院」であり、さらに「小児がん診療協力病院」としても東京都から指定されています。

小児がんチームによる専門治療

東京慈恵医科大学附属病院の小児がんチームは、日本小児がん研究グループ(JCCG)が実施する多施設共同臨床試験の参加チームであり、日本国内における小児癌治療研究を積極的にリードしています。また、小児外科系の診療科とも連携して、白血病や脳腫瘍、小児固形腫瘍など様々な病気の集学的治療にも積極的な点が特徴です。

小児がんチームでは患者や家族のメンタルケアにも取り組んでおり、コメディカルスタッフとも協働しながら専門サービスを提供しています。

癌治療に関する無料相談

腫瘍センターには、がん相談支援センター「がんサロンソレイユ」が設置されており、癌治療や治療中の生活に関して、癌患者や家族からの相談に無料で対応しています。

相談時間は平日だけでなく土曜日も設定されており、忙しい人でも相談しやすい環境が整えられていることも魅力です。

院内がん登録室と全国ネットワーク

東京慈恵医科大学附属病院は、「がん診療連携拠点病院院内がん登録標準登録様式」にもとづいて、院内で治療を受けた全ての癌患者の情報を管理しています。また、各患者の個人情報については専門の研修を受けたスタッフのみが対応しており、院内での治療をスムーズに支援しているだけでなく、国内の癌治療の発展や研究にも寄与しています。

東京慈恵医科大学附属病院の治療の流れ

東京慈恵医科大学附属病院はがん診療連携拠点病院に指定されており、初診にはすでに治療を受けているかかりつけ医療機関からの紹介状が必要です。

ただし、癌の相談については診断や治療に関する具体的な話をしないため紹介状も必要ありません。

東京慈恵医科大学附属病院で診療を受ける場合、大きく以下のような流れになります。

  1. 診療予約(かかりつけ医療機関からのFAX予約)
  2. 来院・受付(初診窓口)
  3. 診察室での診察・検査
  4. 再診予約・会計

東京慈恵医科大学附属病院の基本情報

関連ページ