癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療トモセラピー » 乳癌へのトモセラピー治療

乳癌へのトモセラピー治療

このページでは、乳癌や花咲き乳癌の治療にトモセラピーが有効なのかどうか、乳癌治療におけるトモセラピーの活用法や、従来の放射線治療と比較した際のメリット・デメリットなどを解説しています。

乳癌にトモセラピー治療は効果を期待できるのか?

乳癌の特徴

乳癌は乳房の乳腺に癌が生じる病気です。通常、他の臓器からの癌転移ではなく、乳癌を原発とするケースが主とされます。しかし、一方で乳癌から他の臓器などへの転移リスクは高く、リンパ節や骨、さらに肝臓や肺への癌転移にも注意しなければなりません。

乳癌は乳腺の中でも、母乳を乳頭へ運ぶ「乳管」という管状の組織に発生しやすく、乳癌のおよそ95%は乳管に生じる癌とされています。また、残りの5%では、母乳を生成する「小葉」という組織に癌が発生します。

乳癌の治療は、癌が局所的に発生していて他臓器への転移もない場合、基本的には外科手術による癌細胞の除去が一般的です。しかし、乳癌が進行して「花咲き乳癌」と呼ばれる状態へ進行した場合、すでに癌細胞が他の部位へ転移している可能性も高く、外科手術だけによる治療ではなく、放射線治療や抗がん剤治療といった複数の治療が併用されます。

花咲き乳癌(皮膚浸潤)

「花咲き癌」とは、癌細胞が増殖して皮膚の外側まで露出してしまった状態を指し、癌性皮膚創傷や癌性皮膚潰瘍とも呼ばれる病気です。そして「花咲き乳癌」とは文字通り、乳癌が乳房の皮膚にまで浸潤して、肉の花が咲いているように見えている癌です。

花咲き乳癌ではうっ血や充血によって皮膚が赤くなり、やがて皮膚表面が壊死することで血や体液がにじみ出し、痛みや悪臭が発生します。

乳癌にトモセラピーが期待できる理由

乳癌は、早期発見できれば手術によって癌細胞を除去することが期待できます。そのため、定期的な検診などによって、乳癌の発生の有無を確認することが大切です。

一方、乳癌からの転移がすでに認められる場合、外科手術だけでなく、放射線や抗がん剤を併用した治療も必要になります。また、外科手術によって癌細胞を完全に取り切ってしまえれば良いものの、目に見えない癌細胞が残ってしまっては乳癌が再発するリスクもあるので、早期の乳癌であっても放射線治療が効果を発揮することもあるでしょう。

トモセラピーでは的確に癌細胞の位置を把握した上で、目的の癌細胞へピンポイントの放射線照射を可能にします。そのため、乳癌の治療をサポートする放射線治療として、トモセラピーには効果が期待できます。

加えて、トモセラピーでは複数の部位へ一度に放射線を照射できる上、それぞれの放射線強度を変更することが可能です。乳癌治療では癌の進行度や患者の状態に応じて、癌細胞の位置やサイズなども異なることから、トモセラピーのように応用性の高い放射線治療は適していると考えられるでしょう。

乳癌治療におけるトモセラピーのメリット・デメリット

メリット

高精度照射で副作用のリスクを抑える

一般的な放射線治療では、乳房の前方と後方から放射線を照射して、癌細胞を治療します。しかし、トモセラピーでは360度方向から放射線を照射できるため、従来の放射線治療よりもさらに放射線量を調整して、体への負担を抑えやすく、治療効果を高めながら副作用リスクの軽減を目指すことが可能です。

治療期間を短縮できる

トモセラピーは一度に照射できる病変部位の数が多く、各所へ転移した癌にも同時に放射線治療を行うことができます。そのため、一回の治療で照射できる範囲が限られていた従来の放射線治療と比較すると、治療回数を減らせることもメリットです。

他臓器への転移にも対応

乳癌は進行度によって他の部位へ転移しやすい癌ですが、トモセラピーでは全身への転移にも対応できる上、難症例にも対応することが可能です。つまり、発見が遅れてしまった乳癌でも治療の可能性があることは見逃せないメリットといえるでしょう。

デメリット

副作用の可能性

従来の放射線治療と比較して副作用が少ないとされるトモセラピーですが、場合によっては照射部位に皮膚炎が生じたり、放射線の影響で倦怠感が生じたりする可能性もあります。特に、抗がん剤治療と併用する場合、副作用が強くなる恐れもあります。

花咲き乳癌はトモセラピーだけで対応困難

乳癌が花咲き乳癌にまで発展してしまえば、化学的に腫瘍表面を凝固させたり、外科手術が必要になったりと、トモセラピーだけで治療を進めることは困難です。

いずれにしても、まずは詳細な検査を行った上で担当医や専門医としっかりと相談し、適切な治療プランを検討するようにしてください。