癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 日本医科大学武蔵小杉病院

日本医科大学武蔵小杉病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

日本医科大学が運営する日本医科大学武蔵小杉病院は、神奈川県中原区にある総合病院であり、救命救急センターを持つ災害医療拠点病院でもあります。標準治療をベースに癌治療を行う日本医科大学武蔵小杉病院について解説します。

日本医科大学武蔵小杉病院の医師

腫瘍内科教授・部長/外来化学療法室 室長:勝俣範之

勝俣教授の経歴

勝俣範之医師は、日本医科大学武蔵小杉病院の腫瘍内科教授や外来化学療法室室長を務める医師であり、抗癌剤などを用いた癌全般の化学療法のエキスパートとしても知られている、腫瘍内科治療の専門医です。

内科的アプローチによって癌治療を行うスペシャリストであり、腫瘍内科学・癌化学療法・抗癌剤支持療法といった分野を専門領域としています。また、日本内科学会や日本臨床腫瘍学会、日本癌治療学会などから、癌治療の認定医や専門医、指導医として資格を取得しており、手術適応でない癌の治療や再発癌の治療に対して実力を発揮しています。

勝俣教授の所属学会・資格・役職など

日本医科大学武蔵小杉病院の代表的な治療法

日本医科大学武蔵小杉病院では、癌治療として奇をてらった方法を採用するのでなく、あくまでも世界で医療効果が正しく認められている治療法をベースとした上で、医療従事者間の優れた連携によって、それぞれの患者をチームで支える、テーラーメイド型のチーム医療が実践されています。

また、癌の化学療法を専門に取り扱う腫瘍内科を開設しており、手術や放射線による治療が難しい患者に対しても、総合的な観点から適切な治療プランを提案している点も特徴です。

グローバルスタンダードの標準治療

癌の「標準治療」は、現時点で最良の治療法として、医学的根拠にもとづいて治療効果や安全性が認められている治療法であり、日本医科大学武蔵小杉病院では世界水準の標準治療を実践しています。

そのため、治療効果にばらつきのある治療法や、そもそも医学的根拠の認められない民間療法などに不安を抱いている人は、改めて相談してみると良いでしょう。

チーム医療による相乗効果

最善と思われる標準治療であったとしても、それを実践する環境に不備があれば意味がありません。そこで、外科医や婦人科医、放射線治療医といった一般的な癌治療に関わる医師はもちろん、緩和ケア医/チームや精神科医、さらに癌治療に関する様々な認定資格を取得した看護師といった、あらゆる分野の医療従事者が一丸となって患者の治療へ当たる、チーム医療が実践されています。

また、日本医科大学武蔵小杉病院の癌治療チームには薬剤師やソーシャルワーカー、栄養士といったスタッフも所属しており、腫瘍内科が全スタッフの能力を最大限に発揮させるためのかけ橋として機能しながら、最適な治療プランを計画していきます。

薬物療法

あらゆる癌に対して、化学療法・ホルモン療法・分子標的治療薬といった薬物療法を実践している点が特徴です。その上、日本では専門医が少ないとされる婦人科癌や原発不明癌、胚細胞腫瘍などに対する抗癌剤治療も積極的に実施されています。

また、抗癌剤の副作用に対するケアも重視されており、個々の患者の状態を見ながら、適切な支持療法が行われることも重要です。

緩和ケア

場合によっては初期の段階から、患者が癌治療において感じる痛みや苦しみ、また不安を取り除けるよう、腫瘍内科が緩和ケアチームやその他の医療チームと連携しながら、緩和ケアを行います。

なお、緩和ケアでは必要に応じて外科手術が用いられることもあります。

低侵襲手術

手術適応の患者に対しては、可能な限り患者への肉体的・精神的負担を抑えた低侵襲癌手術が実践されていることもポイントです。

具体的には、例えば呼吸器外科では診療方針として、肺癌を含むあらゆる症例において胸腔鏡下手術(VATS)を採用しており、2019年に肺癌手術を受けた患者の平均入院日数が3.9日という点は見逃せません。特に、縦隔腫瘍患者での胸腔鏡下腫瘍摘出術では術後平均在院日数2.0日という結果を出しており、少しでも早く患者が元のライフスタイルへ戻れるように院内チーム全体でサポートしています。

日本医科大学武蔵小杉病院の特徴

神奈川県中原区の基幹病院として機能している日本医科大学武蔵小杉病院では、それぞれの診療科でも独自の取り組みが行われており、地域医療の土台としてより良い医療の提供が目指されています。

日本麻酔学会認定の麻酔指導病院

麻酔科には9名の麻酔科医が所属しており、さらに9名中4名は日本麻酔学会から指導医として認定されている、麻酔のスペシャリストです。一般的な外科手術やペインクリニック外来における治療だけでなく、癌性疼痛を緩和させる治療にも力が入れられており、腫瘍内科と連携して癌患者の痛みケアを実践しています。

放射線科の全医師が放射線科専門医

放射線科では、放射線治療に当たるドクターの3名中3名が放射線科専門医の資格を取得しており、癌化学療法と並行して医学的根拠にもとづいた放射線標準治療を受けることが可能です。

また、その他にも総勢20名の放射線技師が所属しており、研究機関でもある大学病院としての性質も活かしながら、癌の早期発見を支援しています。

ただし、2020年時点では放射線治療業務やRI検査などが一時的に休止されており、再開は2021年秋の新病院開院となっているので、注意してください。

日本医科大学武蔵小杉病院での初診受付から診療への流れ

他の医療機関からの紹介状を持っている場合、「紹介患者専用受付(医療連携室)」が用意されており、そこで初診や再診の受付を行います。

そして受付後は紹介状の内容に従って各診療科へと進み、さらに中央検査室や放射線科でより詳細な検査を受けるという流れです。

なお、初診の患者で紹介状がない場合、保険外併用療養費として4,400円が別途必要です。

2021年秋から新病院が開院予定

日本医科大学のグランド跡地に、2021年秋から新病院が開院され、癌治療の拠点施設として最先端装置や検査機器を導入した癌治療が実践されます。

また、新病院の開院と同時に休止していた放射線治療業務なども再開されます。

日本医科大学武蔵小杉病院の基本情報