癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 東京慈恵会医科大学附属 柏病院

東京慈恵会医科大学附属 柏病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

東京慈恵会医科大学附属柏病院は、千葉県柏市にある総合病院です。早期胃がんの先進医療でもある腹腔鏡下センチネルリンパ節生検を行なっています。平成21年より緩和ケア専門外来を開設。患者本人だけでなく、患者の家族のサポートも実施しています。

東京慈恵会医科大学附属 柏病院の医師

院長:秋葉 直志

秋葉院長の目指す医療

東京慈恵会医科大学附属柏病院の院長を務める秋葉先生は、千葉県柏市にある医療機関と連携して、地域密着型の良質な医療を届けることを目指している医師です。医療の連携やネットワーク構築を大切にしている秋葉先生は、東京慈恵会医科大学附属柏病院においても全員で力を合わせることを大切にしてチーム力を発揮。先進医療を追求するだけにとどまらず、地域に貢献する姿勢が評価されているのかもしれません。

秋葉院長の経歴

秋葉院長の所属学会・資格・役職など

がん診療センター長:西脇 嘉一

西脇医師の目指す医療

東京慈恵会医科大学附属柏病院のがん診療センター長と腫瘍・血液内科の神慮部長を務めている西脇医師もまた、連携医療を大切にしている医師の一人です。患者さんに最適な治療方法を提供するという目的を果たすためには、診療の枠を超えて連携を強化することが大事だと考えているそう。

そんな西脇医師がセンター長を務めている東京慈恵会医科大学附属柏病院のがん診療センターは、千葉県東葛北部医療圏で地域がん診療連携拠点病院に指定されています。

西脇医師の経歴

所属学会・資格・役職など

東京慈恵会医科大学附属 柏病院の代表的な治療法

腹腔鏡下センチネルリンパ節生検

術前のCT検査などでリンパ節転移がない、長径4cmまでの早期胃がんの方が対象になります。

アイソトープと緑色色素および赤外線腹腔鏡を用いて、センチネルリンパ節を発見。センチネルリンパ節にがんの転移を確認できた場合には標準治療をメインに行ないます。一方、センチネルリンパ節にがんの転移を認めない場合では、リンパ節郭清範囲を縮小します。さらに胃切除範囲も小さくして、胃の容量を温存する縮小手術を選択。

そもそもセンチネルリンパ節とは

がんの病巣から直接リンパの流れを受けるリンパ節のこと。つまりがんのリンパ節転移が最初に起こる場所といわれています。センチネルリンパ節にがん細胞の転移がなければ、他のリンパ節には転移していないといえるでしょう。その結果、余分なリンパ節を切らなくても問題ないということになります。

この論理は、乳がんでは保険医療になっています。生存率といった治療成績を損なうことはありません。手術後遺症でもあるリンパ浮腫などの症状を軽減することが証明されています。

腹腔鏡下センチネルリンパ節生検は先進医療の一つ

保険適応ではなく、料金が75,000円程度かかります。そのため治療を受ける際は、費用面なども考慮して検討するようにしてください。

慈恵医大において総計350症例以上の実績があります。腹腔鏡下センチネルリンパ節生検で不安な点があれば、相談しやすい環境です。

副作用・リスクについて

標準的治療と比較して、腹腔鏡下センチネルリンパ節生検は縮小手術に導くことができる点がメリットといえます。標準治療であれば、胃を大きく切除してしまい過大手術になる恐れがあります。過大手術を行えば、術後の負担が大きくなってしまうはず。

うまく食事が食べられない、下痢をしやすい、量が食べられないなどのデメリットが出てきます。そのため少しでも胃を温存できる縮小手術に導くことができれば、術後の予後が大きく変わってくるでしょう。

他にも東京慈恵会医科大学附属柏病院は、さまざまながん治療が行なわれています。どのような治療を選択するかは、担当医と相談しながら決定するようにしましょう。少しでも身体に負担がかかりにくい治療を行なってくださいね。薬物療法や手術療法などを併用して治療を進めていきましょう。

東京慈恵会医科大学附属柏病院の抗がん剤治療の流れ

外来化学療法室にて実施

外来化学療法室は、抗がん薬治療を行う部屋です。患者さん1人ひとりに合った治療を提供するべく、専門的な知識・技術を持ったチームが担当します。患者さんがリラックスして治療が受けられるよう、テレビ視聴も可能。

治療前

各診療科の受付を終え、化学療法を行うことが決まったら外来化学療法室(B4)へ移動します。

外来化学療法室へ到着したら、ベッドまたはりクライングチェアへ案内されるまで待機しましょう。治療薬が届くまでの時間は1時間前後になります。

治療開始

治療薬が届いたら、いよいよ治療開始です。点滴用のチューブを挿入して点滴治療を実施。治療の間になんらかの違和感を覚えた場合は看護師に報告しましょう。

また、治療中でも、看護師に声をかけさえすれば食事をとったり、お手洗いに行ったりするとも可能です。

治療終了後

点滴治療が完了したら、血圧と脈拍、体温を測定してから点滴のチューブを外して止血。会計を終えたら帰宅して問題ありません。

まんがいち、帰宅した後に副作用があらわれた場合は、救命救急センターにお問い合わせください(平日受付時間は8時から17時となっています)。

東京慈恵会医科大学附属柏病院の特徴

千葉県がん診療連携協力病院に指定されている

東京慈恵会医科大学附属柏病院は「千葉県がん診療連携協力病院」に指定されている病院です。千葉県がん診療連携協力病院は、がん患者が身近な場所で質の高いがん治療を受けられるように地域のかかりつけ医と連携を取っているため、頼りになることでしょう。

さまざまな「つらさ」を支える緩和ケア室を用意

がんやがん治療におけるつらさを緩和する目的で結成されたのは、東京慈恵会医科大学附属柏病院の緩和ケアチーム。医師や看護師のほか、心理士や理学療法士、栄養士や薬剤師などで構成されています。体の痛みや息苦しさ、精神的症状など、一人ひとりの症状にあった緩和方法を見つけ出すよう努めているそうです。

アクセス・利便性が良い

JR常磐線が乗り入れる北柏駅の南口から歩いて10分ほどの場所にある東京慈恵会医科大学附属柏病院。病院の前に駐車場があるため、車でも通いやすい環境です。また、クリニック内にはレストラン、ATM、理容室、コンビニエンスストアなどがあるため、もち混雑時に長時間待つことがあっても待ち時間に用事を済ませられるでしょう。

東京慈恵会医科大学附属 柏病院の基本情報