癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 遠隔転移した再発癌 » その他の治療:代替療法

その他の治療:代替療法

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

癌治療における代替治療とは?

代替療法とはこれまで挙げてきた手術、抗がん剤治療、放射線治療、免疫療法などの代わりに行われる治療の事を指します。近年色々な代替療法が生まれていますが、国立補完代替医療センター(米国)では「一般的に従来の通常医療とみなされていない、様々な医学、ヘルスケアシステム、施術、生成物質など」と定義されています。

癌治療における代替療法の種類

健康補助食品の摂取

サプリメントなどの健康補助食品を摂取することで癌を治療するものです。

しかし、サプリメントは基本的に病気の治癒や予防を目的とする、有効かどうかの表示をする事は認められていません。つまり薬物ではないのです。

また過剰摂取によって返って癌の治療を妨げる事もあるので注意が必要です。

マッサージ・徒手整復術

マッサージは世界中で手軽に行われており、怪我や病気のリハビリなどにも用いられ身体的な効果が得られる事は広く知られています。筋肉をほぐしたり、リラクゼーション効果が得られたり、怪我の回復を促進したり、血流を改善したりする効果が期待できます。

しかし、癌に対しての医学的な効果を示すものは確立されていないのが現状です。癌のターミナルケアなどでのリラクゼーション効果を狙って施行される場合もあります。

リラクゼーション

アロマセラピー、音楽療法、ヨガ、催眠療法、瞑想、呼吸療法などがこれに当たります。基本的には精神を落ち着かせリラクゼーション効果が得られるものが多く、ストレスの軽減などの効果を期待できます。

運動療法

ピラティスやロルフィングなどがこれに当たります。運動により、全身的な体力や免疫力などを高める効果は期待できます。

代替療法における問題点

代替療法は近年種類が増え、様々な場所で受けられるものとなってきており多くの癌患者が治療を受けているのが現状です。

2005年に発表された、日本の癌の医療現場における代替療法を利用している人の割合を見ると、44.6%の患者が代替療法を利用しているとのデータも出ています。その中でもサプリメントや健康食品を用いたものが最も多いと言われ、96.2%もの人が利用しているとの結果が出ました。

現代は新聞やテレビ、またインターネットの普及に伴い非常に多くの情報が飛び交っています。代替療法に関する情報も例外ではなく、しかも医学的、科学的に根拠のない情報があたかも正しい情報として伝わっているのが現状です。

癌に効く治療法!と謳われている代替療法も散見されますが、代替療法は医学的には根拠のない治療のため、全て鵜呑みにするのは危険です。サプリメントによる過剰摂取が癌の治療の効果を妨げてしまう事もあるため、摂取する場合は医師へ相談する事が望ましいです。

またマッサージなども、手術後の臓器やリンパ節にとっては好ましい刺激ではない場合もあります。特にリンパ管への強いマッサージは返って流れを悪くする事もあるため注意が必要です。代替療法は医学的、科学的な根拠が確立されていないという事を十分に認識していく事が大切です。

合わせて行いたい放射線治療

代替療法はまだその効果が確立されているない部分も多く、やはり癌の基本治療をベースにおく必要があります。近年優れた機器も開発され、癌の第一選択肢として標準治療の柱となっているのが放射線治療です。放射線には細胞の遺伝子に直接作用して細胞が分裂する能力をなくしたり、細胞自ら死んでいく現象(アポトーシス)を増強させて細胞を破壊させたりする力があります。放射線治療と手術は、局所にある癌細胞を集中的に治療するという点で共通の利点があります。しかし手術の場合、癌細胞を取り除く際に周辺の正常組織も一緒に取り除かなければなりません。放射線治療の場合、照射を受けることで正常細胞も影響を受けますが、正常細胞は回復力があるため臓器の機能不全を引き起こす事は極めて少なく、その機能を維持する事ができます。

ただし、放射線治療は少なからず副作用が生じます。その症状は、吐き気・食欲不振・下痢・腹痛・だるさ・脱毛・皮膚炎など。照射した部位や個人の体質などで差はありますが、治療中や直後など比較的早期に副作用が生じる場合と、半年から数年後に副作用が生じる場合があります。外科手術とどちらが患者さん自身の治療に適しているかは、医師との相談が必要となります。