癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 癌の再発とは » 再発しやすいといわれる期間

再発しやすいといわれる期間

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

癌が再発しやすい箇所や5年生存率は癌の種類によっても異なります。こちらでは代表的な癌の転移しやすい箇所、5年生存率について解説しています。

代表的な癌のステージごとの5年以内の再発率

癌の種類5年後生存率
肺癌Ⅰ期:80.9%
Ⅱ期:47.8%
Ⅲ期:20.9%
Ⅳ期:4.6
乳癌Ⅰ期:99.9%
Ⅱ期:95.4%
Ⅲ期:80.3%
Ⅳ期:33.0%
胃癌Ⅰ期:96.7%
Ⅱ期:64.1%
Ⅲ期:47.0%
Ⅳ期:7.0%
肝臓癌Ⅰ期:64.3%
Ⅱ期:31.2%
Ⅲ期:15.1%
Ⅳ期:0.6%
大腸癌Ⅰ期:約90%
Ⅱ期:約85%
Ⅲ期:約70%
Ⅳ期:10%以下

肺癌

肺癌の5年生存率は、ステージⅠで80.9%、Ⅱで47.8%、Ⅲで20.9%、Ⅳで4.6と言われています。

肺には多くの血管とリンパ管が集まっているため、肺癌は血行性・リンパ行性に転移しやすいのが特徴で、主な箇所としてリンパ節・脳・肝臓・副腎・骨が挙げられます。

特に原発巣近くのリンパ節、次いで縦隔(肺の左右を隔てている組織)のリンパ節への転移が多いと言われています。

乳癌

乳癌の5年生存率は、ステージⅠで99.9%、Ⅱで95.4%、Ⅲで80.3%、Ⅳで33.0%と言われています。

乳癌の転移が最も多いのはリンパ節。乳房から近いためです。次いで肺や骨への転移が多いとされています。肺は毛細血管やリンパ管が豊富にあるため、乳癌が転移しやすいのです。また骨への転移は、特に骨盤・肋骨・腰椎・胸椎・頚椎・胸骨・頭蓋骨など、乳房に近い箇所に多く見られます。

胃癌

胃癌の5年生存率は、ステージⅠでは96.7%、Ⅱでは64.1%、Ⅲでは47.0%、Ⅳでは7.0%で全病期では73.4%とされています。

胃癌の転移先で最も多いとされているのが、胃の周りにあるリンパ節。初期の胃癌でも転移することがあります

次いで腹膜、肝臓への転移が多いとされ、さらに癌細胞が胃壁を破ると腹腔に散らばって「腹膜播種」が起こることもあります。

肝臓癌

肝臓癌の5年生存率は、他の癌と比べて低いのが特徴です。ステージⅠでは64.3%、Ⅱでは31.2%、Ⅲでは15.1%、Ⅳでは0.6%、全体では35.9%となっています。

肝臓は血管が多いため、癌の転移は肝臓内で起こる事が多く、肝臓癌再発のほとんどは肝臓内転移だとされています。

他への転移では肺・骨・リンパ節・副腎などが挙げられます。

大腸癌

大腸癌の5年生存率は、ステージⅠでは約90%、Ⅱでは約85%、Ⅲでは約70%、Ⅳでは10%以下といわれています。

大腸癌は門脈という血管を通じて転移するため、肝臓と肺で起こることが多いとされています。

大腸癌から転移した癌は比較的おとなしく、早期に切除できれば生存率は高いと言われています。

生存率とは

生存率とは、「癌と診断された患者さんのうち、一定期間が経過したのちに生存が確認できた人の割合」のことを言います。癌の種類ごとの生存率の数字は、その癌と診断された人のうち一定期間後に生存している人の割合が、日本人全体の生存割合と比較してどの程度低いかで割り出されます。

実測生存率・補正生存率・相対生存率の違い

生存率には、「実測生存率」と「補正生存率」、「相対生存率」の3つが存在します。まず、「実測生存率」とは、癌以外の疾患や事故、老衰なども含め、あらゆる原因による死亡を含めて算出した生存率です。

次に「補正生存率」とは、癌による死亡のみを集計したものをいいます。ただし、何をもって「癌による死亡」とみなすかの判断が難しいため、医師の主観によって数値が左右されてしまう可能性があります。

そして、実測生存率の数値を、対象となる人と同じ年齢・性別の日本人の期待生存率で割ることにより、癌以外の原因による死亡の数値への影響を補正したものを「相対生存率」といいます。

相対生存率の算出方法は複雑です。しかし、相対生存率には「死因について判断する人の主観が入り込まない」「死因に関する詳しい情報がない場合にも用いることができる」といった、補正生存率にはない利点があります。

生存率から推測できること

予後のよしあし

生存率が高いということは、治療によって患者さんの生命を救える可能性が高いということを意味します。

例えば、国立がん研究センターの全がん協加盟施設の生存率協同調査(※1)によれば、2008~2010年に診断・治療を行った前立腺癌の5年生存率(全症例の相対生存率)は100%、乳癌(女性)は93.9%です。その一方で、2008~2010年に診断・治療を行った肝癌の5年生存率は36.4%、膵臓癌の同生存率は9.2%でした。

このことから、前立腺癌や女性の乳癌は、他の部位の癌に比べて比較的予後が良好であることが分かります。反対に、5年生存率が低い肝臓の癌や膵臓癌は、他の部位に比べて難しい癌であると言えるでしょう。

※1…参照元:国立がん研究センター「全がん協加盟施設の生存率協同調査」https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2019/0409/press_release20190409_02.pdf

生存率が高い=再発しにくい?

5年生存率と10年生存率を比較すれば、5年目以降に再発を起こしやすいか否かをある程度推測することは可能です。

例えば、全がん協加盟施設の生存率協同調査(※1)によれば、肝臓癌の5年生存率は35.3%、10年生存率は14.6%です。5年生存率と10年生存率の数値(※2)に大きな差があることから、肝臓癌の場合は診断後5年を、経過したあとも再発・転移してしまう患者さんが多いと考えられます。

ただし、生存率が高いことは、必ずしも再発しにくいことを指すわけではありません。生存率は「癌が完治した人」の割合ではなく、あくまでも「生存している人」の割合であり、再発・転移を起こして治療中の人も、存命であればカウントされるのです。

生存率が高いとされる癌で再発・転移を起こすこともあれば、生存率が低い癌と診断されても、治療が奏功し、良好な予後を過ごせることもあります。生存率の数値はあくまでも目安ととらえて、参考にすることが大切です。

※1…参照元:国立がん研究センター「全がん協加盟施設の生存率協同調査」https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2019/0409/press_release20190409_02.pdf
※2…5年生存率は2007-2009年初発治療症例、10年生存率は2001-2004年初発治療症例のデータを参照しています。