癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 三次予防の方法 » 術後補助療法

術後補助療法

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

癌を再発させない方法として術後補助療法が有効といわれています。なぜ術後補助療法が有効なのか、具体的な種類について解説していきます。

癌の再発予防に有効な術後補助療法とは?

術後補助療法とは、手術後に補助的な治療をすることによって癌の再発を予防する方法です。主に抗がん剤治療、放射線治療、免疫療法などが上げられます。

手術によって一見、癌を全て綺麗に取り除いたように思っても、実は目に見えない程の小さな癌が残っており、それが再発や転移を起こす可能性が。このような危険性を減らす目的で、主に抗がん剤治療、放射線治療、免役療法などが行われます。癌の種類や医師の判断によってこれらを組み合わせて治療を行っていきます。

術後補助療法が必要な患者とは?

誰もが必ず受けなければならない治療ではありません。

ただ、手術後に再発や転移に繋がりかねない癌が残っていることを不安に思うようであれば、治療を受ければ心の安定も図れます。

術後補助療法として行われる治療法

抗がん剤治療

抗がん剤を使って全身の癌細胞を攻撃、破壊して、癌の増殖を抑える治療法です。手術や放射線治療が局所的な癌の治療であるのに対して、抗がん剤治療は全身的なより広い範囲の治療になります。

現在抗がん剤は100種類近くあり、飲み薬と点滴(注射)の2種類に分けられ、作用によってさらに複数の分類が行われます。

抗がん剤治療は血液の変化──白血球の減少・貧血、指先・足先のしびれ・ほてり、脱毛、食欲低下、疲労感といった強い副作用が懸念されてきました。最近は抗がん剤そのものの進歩や副作用を緩和する薬の開発などにより、比較的軽減されています。

放射線治療

放射線治療は、X線やγ線などの放射線を癌細胞に照射して破壊や縮小させる治療法。

放射線には細胞の遺伝子に直接作用して細胞が分裂する能力をなくしたり、細胞自ら死んでいく現象(アポトーシス)を増強させたりする力があり、そのはたらきにより癌細胞を破壊します。手術によって取り除ききれなかったと思われる癌細胞に対して、治療が行われます。

放射線治療には身体の外から放射線を当てる「外部照射」と、身体の内側から放射線を当てる「内部照射」とに分けられ、両方を組み合わせて行われることも。

放射線のメリットとしては、手術のように臓器を切除しないで治療が可能なこと、臓器の働きを癌になる前と変わらず残しておけることです。

一方デメリットとしては、放射線治療は正常な細胞にも照射するため、副作用が生じる場合があります。脱毛、口内炎・口腔乾燥、咽頭・食道炎、吐き気・嘔吐、下痢といった症状が現れる場合もあります。

免疫療法

免疫は体内に侵入してくるウイルスや細菌、体内で発生する異常細胞などを攻撃して排除する働きを持っています。その力を高めることで癌細胞を攻撃し、再発を防ぐのが免疫療法です。

患者自身が持っている免疫力を医学の力で強めるので、身体への負担が少なく、副作用もあまり見られないのが特徴です。

ただ、比較的新しい研究段階の治療法のため、科学的根拠に乏しいのが難点でしょうか。医学的に確立された治療ではないのです。

また、長い時間をかけて効果が発揮されていく療法のため、即効性はありません。他の治療法と組み合わせて行われることにより、より再発防止が期待できます。