癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 順天堂大学医学部附属浦安病院

順天堂大学医学部附属浦安病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

がん治療センター内の薬物療養センターで通院での抗がん剤治療、がんの遺伝子センターでがんゲノム医療、緩和ケアセンターで緩和ケアを提供しています。また、セカンドオピニオンにも対応しています。

順天堂大学医学部附属浦安病院の医師

がん治療センター センター長:吉川 征一郎

吉川センター長の経歴

吉川センター長は、緩和医療、消化器外科、内視鏡外科を専門とされています。順天堂大学医学部附属浦安病院に設置されたがん治療センターのセンター長であると同時に、准教授という側面も持っています。

吉川センター長の所属学会・資格・役職など

順天堂大学医学部附属浦安病院の代表的な治療法

順天堂大学医学部附属浦安病院内のがん治療センターには、薬物療養センター、がんの遺伝子センター、緩和ケアセンター、がん相談支援センターなどが設置されています。薬物療養センターでは通院での抗がん剤治療、がんの遺伝子センターではがんゲノム医療、緩和ケアセンターでは緩和ケアをそれぞれ提供しています。

がん相談支援センターは、全国のがん診療連携拠点病院に設置されているがんに関する相談窓口で、誰でも無料で相談することができます。国指定の研修を修了し認定バッチをつけたがん専門相談員が面談または電話で受け付けており、相談内容によっては専門スタッフと連携して相談に乗っています。

薬物療法

薬物療法センターでは、外来患者を対象に抗がん剤の点滴・注射を行って治療にあたっています。日常生活を送りながら通院で治療が継続して行えるようサポートしているのが特徴です。専任の医師・看護師・薬剤師が常駐し、常に安全に治療を受けられるよう体制を整えられています。

センターには、ベッド3台、リクライニングチェア11台、ベッドサイドにテレビを完備。長い時間の点滴でも快適に過ごせるような環境を整備するようにしています。

また、がん化学療法看護認定看護師を中心とした看護師が、治療の副作用や心身の症状の聞き取りを行い、主治医と連携しつつ、治療中の苦痛が少しでも和らぐように援助しています。

緩和ケア

緩和ケアセンターでは、痛み・吐き気・だるさなどの身体的な痛み、気持ちの落ち込みや不安などの心理的な痛み、仕事や家族の心配などの社会的な痛みを和らげるためのケア、緩和ケアを行っています。

診断初期から通常の治療と並行して緩和ケアを受けると、治療中のさまざまな「痛み」や「つらさ」が緩和されるため、治療に取り組む力も高まる傾向に。患者が「自分らしい生活」を送れるよう、専門のスタッフ・緩和ケアチームがサポートしています。

医師・薬剤師・看護師、栄養士・リハビリテーション職、社会福祉士・心理士等の各専門の医療スタッフがチームとなり、あらゆる相談を受け付けています。患者と患者家族の身体的・心理的・社会的な痛みを緩和することで、人生を大切に過ごしてもらうことを目的に対応しています。

がんゲノム医療

がんの遺伝子センターでは、がんゲノム医療を提供しています。

がんは細胞内の遺伝子に変化することで発症しますが、患者それぞれによって、がんの遺伝子変化や成り立ちは異なると言われています。また、がん患者の中には、両親から「がんになりやすい遺伝子」を引き継いでいる人もいて、「がん」と「遺伝子」には深いかかわりがあります。

近年は、治療薬や検査技術の進歩によって、がん細胞の遺伝子変化に対応した「がんの個別化医療」が普及しつつある状況です。一度に多くの遺伝子を調べる検査法も登場したことで、一部では「がんゲノム医療」が保険適用にもなりました。

がんの遺伝子センターでは、主治医と連携しつつ、がん遺伝子パネル検査の意義や、検査の結果による治療選択についてのアドバイス、選択までの意思決定のサポートをしています。

遺伝性のがんを疑われた患者やそのご家族に対しては、正しい知識と最新の情報を提供し、特徴的な多発がんや重複がんの予防や早期発見・早期治療の重要性についての理解徹底を行うことで、今後の生活が納得のいくものになるよう、専門の医師、看護師、臨床心理士が一丸となってサポートしています。

順天堂大学医学部附属浦安病院の特徴

順天堂大学には高度の医療施設があり、たくさんの優れた臨床医も働いていますが、いわゆる「学閥(がくばつ)」がないことも特徴の一つです。全国から優秀な人材が順天堂で学び、そして秀れた医療技術を習得して全国に飛び立っていく。それが順天堂が目指す教育の精神のようです。

また、順天堂大学医学部附属浦安病院では、高齢者の医療、小児の医療、そして高度な救急医療に対してとくに力を注いでいるようです。地域の開業医を中心とする医療施設とも協力・協調しているのも見逃せないポイントです。

順天堂大学医学部附属浦安病院での薬物療法治療の流れ

順天堂大学医学部附属浦安病院のがん治療センター内の薬物療法センターでは、外来患者を対象に、抗がん剤の点滴・注射を行っています。以下が治療当日の流れです。

  1. 受付
    自動再来受付機で受付を行います。
  2. 検査(採血・レントゲンなど)
    検査結果が出るまで1時間かかるため、予約の1時間~1時間半前に来院します。
  3. 診察
    採血の結果が出た後に診察を受けます。
  4. 薬剤の準備
    診察後、医師が薬物療養センターへ連絡し、薬剤を準備します。
  5. 血管穿刺
    点滴のための血管穿刺を行います。
  6. 治療
    薬物療養センターで治療を開始します。
  7. 止血・会計
    止血を確認した後、会計へ案内されます。

がん治療センターには、セカンドオピニオン外来も設置されています。順天堂大学医学部附属浦安病院の専門医が、他の医療機関に入院中または通院中の患者を対象にがんの診断内容、治療法などに関してアドバイスを実施。今後の治療に関して、患者自身が納得して、開かれた良い医療を受けるための参考にしてもらうことを目的とする外来です。

セカンドオピニオン外来は完全予約制なので、事前に申し込みが必要です。がん以外の病気についてのセカンドオピニオンを希望される人は、地域医療連携室へ問い合わせてほしいとのことです。

順天堂大学医学部附属浦安病院の基本情報