癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 部位別に見る再発癌 » 甲状腺癌

甲状腺癌

甲状腺癌について解説していきます。

甲状腺癌の5年生存率・10年生存率

5年生存率

10年生存率

甲状腺癌が転移しやすい箇所

甲状腺癌は局所の再発や甲状腺周囲のリンパ節への転移が多くみられる一方、肺や骨、肝臓など他の臓器への転移は稀といわれています。

甲状腺癌はどのような癌か

甲状腺とは、喉にある重さ10〜20g程度の小さな臓器で甲状腺ホルモンという全身の新陳代謝や成長の促進に関わるホルモンを分泌している臓器。

甲状腺癌はその甲状腺に発生する癌です。病理組織診断から主に「乳頭癌」「濾胞癌」「髄様癌」未分化癌の4つに分けることができます。

甲状腺癌の主な症状

甲状腺癌では初期ではほとんど症状はみられません。

最初の症候として、甲状腺部にしこりが出現して気づくことが多いようです。

他には喉の違和感・痛み・飲み込みにくさ・声のかすれ・血痰などの症状がみられます。

甲状腺癌が再発しやすい理由・しにくい理由

甲状腺癌は最初の治療で癌細胞が完全に取り除かれた場合は再発する事はありません。

しかし目に見えない僅かな癌細胞が残っていたり、他の部位への転移があった場合には、その癌細胞が増殖して再発を起こします。

甲状腺癌は10年生存率も比較的高く、再発や転移はしにくいといわれています。

甲状腺癌に用いられる治療法

甲状腺癌が再発した場合、局所の再発で切除可能であれば根治を目指し、外科手術にて癌細胞を取り除きます。

外科手術は進行度によって甲状腺を半分切除する半葉切除、甲状腺癌を全て切除する全摘出術か選択されます。

外科手術では根治が望めない場合や他の部位に遠隔転移が見られる場合は放射線治療や抗がん剤治療が選択されます。

再発しないための予防法

甲状腺癌の再発を予防するためには生活習慣の改善が有効といわれています。禁煙や適度な運動、塩分・アルコールを過剰摂取しない事、ストレスを溜めないことは、癌の予防に重要です。

また術後補助療法は癌再発のリスクを大幅に減少できます。

癌が再発した場合は、癌治療専門病院へ行き、早めに適切な治療を行う事が重要です。