癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 遠隔転移した再発癌 » 抗がん剤治療

抗がん剤治療

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

再発した癌に行える抗がん剤治療とは?

抗がん剤治療は、薬物を点滴や内服で身体の中に入れる事によって、全身的に効果を期待できる治療法です。癌が再発した場合、他の部位への転移が考えられるため、抗がん剤治療は有効な方法となります。

抗がん剤治療の優れている点

抗がん剤治療とは薬物を使用して癌の増殖や成長を抑えたり、転移や再発を予防したりする治療法。基本的には放射線治療や外科手術とセットで行われる方法です。投薬後、血液によって全身に巡るため、手術や放射線では治療困難だった箇所にも効果を発揮します。全身の癌に対して効果があるため、再発や転移後の進行を抑えることが望めるでしょう。

抗がん剤治療のデメリット

抗がん剤は癌細胞を標的にして攻撃しますが、その際どうしても正常な細胞にも影響が及びます

抗がん剤は、活発に分裂して早いスピードで増殖する癌細胞の増殖を抑制する働きを持っています。そのため正常細胞の中でも活発分裂するような骨髄細胞、口腔や腸の粘膜細胞、卵巣や精巣にある生殖細胞などは、特に抗がん剤の影響を受けやすく、その結果、白血球の減少や胃腸障害、生殖能力の低下、脱毛といった副作用が現れます。

正常細胞はやがて回復をしますが、副作用による体へのダメージが軽くなったときを見計らって次の投与が行われるので、身体に大きな負担がかかり続けるのです。

抗がん剤治療のもう1つのデメリットとして、治療を続けているうちに癌細胞が薬剤耐性を示すようになり、治療効果が低下してしまう事が挙げられます。

そのため、現在でも副作用を弱める、薬剤耐性を克服するための研究が盛んに行われています。

抗がん剤治療の種類

化学療法

抗がん剤(化学物質)を使って癌細胞の増殖を抑えたり、細胞を死滅させる治療法です。

抗がん剤には多くの種類があり、癌の種類や進行度によって使い分けられます。

分子標的薬

分子標的薬は癌細胞に多く存在したり増殖に関与したりする遺伝子やタンパク質などの分子に標的を定めた薬剤療法です。

正常な細胞には影響がないため、抗がん剤のような副作用の出現は少なく済みます。次のような癌に対して特に有効な手段とされています。

ホルモン療法

ホルモン療法とは、癌細胞が増殖に必要とする特定のホルモンを分泌している部分を手術で除去したり、内服薬や注射によってそのホルモンと反対の作用を持つホルモンを投与したりして、癌細胞の増殖を抑える治療法です。

ホルモン治療の種類

ホルモン治療の治療薬は男性と女性で違います。がんの種類も、乳がんや子宮がんといった女性特有のものや、前立腺がんといった男性特有のものがあるのと同じで、男性と女性で出ているホルモンが異なるためです。

女性ホルモンであるエストロゲン、男性ホルモンであるアンドロゲンなどの働きを阻害する薬剤を投薬するのがホルモン治療です。転移・再発がんの進行を抑えるためにホルモン治療を行うことも多いようです。

また、化学療法の副作用を抑える薬剤もあり、化学療法・ホルモン治療を並行して行うケースもあります。

ホルモン治療のメカニズム

ホルモンと結合して増殖しやすくなる特徴を持つがん細胞に対して、ホルモン自体が分泌されないようにするか、ホルモンを受け取る器官であるホルモン受容体を働かないようにするか、あるいはその両方を行なうような機能を持つ薬剤を投薬するのがホルモン治療です。

ホルモン治療の副作用

ホルモン治療の副作用としては、頭痛やめまい、月経不順、吐き気や嘔吐、関節痛、抑うつ状態、睡眠障害、視覚障害、血圧低下、肝機能障害などさまざまなものが挙げられます。

副作用は投薬する薬剤によって異なるため、医師へ事前に確認したうえで、体に合った薬剤を選択する必要があります。

また、副作用は比較的軽く一過性のものが多いようです。一方で、長期使用による弊害が生じるケースもまれにあるようなので、相談しておきましょう。

ホルモン治療のデメリット

ホルモン治療は比較的副作用が強くないというメリットがある一方で、デメリットも存在します。それは、投薬治療を開始してから効果が現れるまでに時間を要することです。

ちなみに効果がどの程度あるかという確認は、CTやMRIといった手法を用いるのが一般的です。以前撮影している画像と比較して効果を測ります。

また、薬剤の長期使用によって体に耐性がついてしまい、以前のような効果が得られないという可能性があることもホルモン治療のデメリットです。ホルモン治療によってどの程度の効果を期待し、どの程度投薬を続けるかは専門医と相談のうえで、判断する必要があるでしょう。

抗がん剤治療を行うまでの流れ

癌の再発の場合、治療の流れは再発の状態によって異なります。

局所再発の場合はまず根治を目指して癌を取り除く手術が行われます。その後、放射線治療か抗がん剤治療、もしくは両方併用しての治療か、医師と患者で検討がなされます。

合わせて行いたい放射線治療

近年優れた機器も開発され、癌の第一選択肢として標準治療の柱となっているのが放射線治療です。放射線には細胞の遺伝子に直接作用して細胞が分裂する能力をなくしたり、細胞自ら死んでいく現象(アポトーシス)を増強させて細胞を破壊させたりする力があります。放射線治療と手術は、局所にある癌細胞を集中的に治療するという点で共通の利点があります。しかし手術の場合、癌細胞を取り除く際に周辺の正常組織も一緒に取り除かなければなりません。放射線治療の場合、照射を受けることで正常細胞も影響を受けますが、正常細胞は回復力があるため臓器の機能不全を引き起こす事は極めて少なく、その機能を維持する事ができます。

放射線治療にて病巣を排除し、その上で抗がん剤治療を行うことで、再発癌の根治を目指すのが一般的です。

ただし、放射線治療は少なからず副作用が生じます。その症状は、吐き気・食欲不振・下痢・腹痛・だるさ・脱毛・皮膚炎など。照射した部位や個人の体質などで差はありますが、治療中や直後など比較的早期に副作用が生じる場合と、半年から数年後に副作用が生じる場合があります。外科手術とどちらが患者さん自身の治療に適しているかは、医師との相談が必要となります。