癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 部位別に見る再発癌 » 乳癌
  

乳癌

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

乳癌の5年生存率と10年生存率

乳癌の5年生存率

乳癌の10年生存率

乳癌が転移しやすい箇所

乳癌

他の臓器の癌細胞が乳房に転移することはごくまれですが、乳癌から他の部位に転移するケースが多い傾向にあります。特に多いのは乳房の周辺のリンパ節、中でも癌と同じ側のわきの下のリンパ節に最初に転移するパターンが多く見られます。次いで多いのが骨や皮膚への転移、進行すると肺や肝臓、脳などの離れた臓器への転移もみられます。

(以下引用)

乳がんは乳腺の組織にできるがんで、多くは乳管から発生しますが、一部は乳腺小葉から発生します。男性にも発生することがあります。男性も、多くは女性と同様に乳管からがんが発生します。

乳がんは、乳房の周りのリンパ節や、遠くの臓器(骨、肺など)に転移することがあります。

引用:国立がん研究センター がん情報サービス 乳がん 基礎知識( https://ganjoho.jp/public/cancer/breast/index.html)

(以上)

このように乳癌は転移しやすいので、転移した癌がもともとの乳癌より先に見つかることも珍しくありません。ただ、乳癌が転移していてもまったく症状が現れない場合もあるため注意が必要です。

乳癌と診断された場合は、常に転移の有無を把握し、確実な治療を受ける必要があります。

乳癌に用いられる治療法

乳癌が再発した場合は、局所再発か遠隔転移かによって治療法が異なります。

局所再発の場合は手術で癌を取り除き、必要に応じて薬物療法や放射線治療を行なって根治を目指します。遠隔転移の場合は手術が困難なため、薬物療法や放射線治療を行なって癌の進行を抑制。必要に応じて免疫療法を併せて実施することもあります。

花咲き乳癌

花咲き癌とは、がん性皮膚創傷、またはがん性皮膚潰瘍という病気の俗称です。

「花咲き乳癌」は、乳房にできるものを指します。がん組織が増殖し、皮膚を突き破って出てくることがありますが、その見た目は花が咲いたように見えることから、花咲き乳癌と呼ばれているそう。

次のように進行することが多い種類の癌です。

まず皮膚に赤みが出てきて、うっ血や充血が出てきます。がん細胞が増殖し、腫瘍が大きくなると、皮膚表面の一部が壊死していきます。この時点で傷から血液や滲出液が出てくるため、痛みだけでなく臭いも出てくるようになるのです。

この状態がさらに進行すると患部が欠損または陥没し、がん性皮膚潰瘍と呼ばれるように。菌の感染によってきつい臭いをともなうのが特徴で、患部には痛みが生じることから、患者にとって大きな負担となります。

では、治療方法はどのようなものがあるのでしょうか。

花咲き乳癌が生じた時点で、がんの完治は難しいと言われています。というのも、がん性皮膚創傷が生じるのはがんのステージがすでに進行し、他の部位への転移が起きている状態であることが多いためです。

そのため、花咲き乳癌の治療では、皮膚のみへの転移である場合を除いては手術による切除を行わず、放射線治療や化学療法、ホルモン治療を行うことがほとんど。花咲き乳癌は痛みをともなうことが多いため、痛み止めを使い、感染症を広げないための処置を行うのが一般的です。

乳癌の主な症状

乳癌は初期の頃では自覚症状がほとんどなく進行とともに症状が現れてきます。

特徴的な症状は乳房に生じるしこりです。乳癌のしこりは石のように固く、触ってもあまり動かないのが特徴です。

他には乳房にえくぼのようなくぼみが生じたり、皮膚に湿疹や発赤がみられたりします。また乳房に近くのリンパ節が腫れる事があり、わきの下、胸骨近く、鎖骨の上下部分に腫れが生じます。

乳癌が再発しやすい理由・しにくい理由

乳癌は最初に見つかった時に転移がなく、外科手術で完全に取り除いてしまえば再発する事はありませんが、なかなかに困難です。目に見えないわずかな癌細胞が残っていた場合再発を起こします。

再発は乳房、または近くのリンパ節に生じる局所再発と他の臓器に転移してしまっている遠隔転移とにわけられます。

乳癌に用いられる治療法

再発した乳癌の治療は局所再発か遠隔転移かで異なります。局所再発の場合は根治を目指し、手術で癌細胞を取り除き必要に応じて、抗がん剤や放射線治療を行い治療をします。

遠隔転移の場合は手術を行う事はできず、癌の進行や増殖を抑える目的で抗がん剤、放射線治療が行われます。また必要に応じて免疫療法も併用して行われる事もあります。

局所再発の場合の治療法

乳癌の治療は、手術で乳房全体を切除するのが標準治療とされていますが、再発までの期間が短い場合は遠隔転移を起こしている可能性があります。したがって、まずは遠隔転移の有無を調べる検査を実施。その結果に基づいて治療方針を決定していきます。

乳癌は、乳房全体を切除したとしても、残っている皮膚や胸壁、または反対側の乳房に再発する場合があります。もし遠隔転移がみられる場合は全身治療を優先。いずれにしても、再発した癌を切除してその特徴を調べる必要があります。

局所再発のみで遠隔転移がないと判断された場合は、手術で再発した癌を切除します。手術の後は放射線治療を行ない、残っている可能性がある癌細胞を攻撃します。ただし、初回治療で放射線療法を受けている場合は、再発時には放射線療法を受けられません。過去に放射線を照射した部位に再び照射すると、放射線の治療効果よりも副作用のほうが大きくなる可能性が高いためです。

乳癌の手術を受けて2年以内に局所再発を起こした場合は、癌の悪性度が高い傾向にあります。したがって、手術で再発した癌を切除した後に薬物療法を行ない、全身に散らばっている可能性のある癌細胞を攻撃します。

遠隔転移の場合の治療法

遠隔転移が見つかった場合は、そこ以外にも癌細胞が広がっていると判断します。そうした癌細胞を攻撃するために薬物療法を中心とした治療を行ないますが、使用する薬剤は乳癌の性質を表す「サブタイプ」によって決定します。転移の症状に対して手術や放射線療法をすることもありますが、いずれも根治を目的とした治療ではなく、症状を和らげるための対症療法です。

遠隔転移に対する薬物療法は、生活の質を保ちながら可能な限り長く癌と共存することを目的とします。乳癌の初回治療で手術の前後に行なわれる薬物療法は根治を目的としますが、遠隔転移の場合は根治が難しいと言われています。できるだけ癌の進行をとどめ、その人らしい生活を送れるようにすることを目指すのです。

したがって、初回治療の場合は決まった期間に集中して薬物療法を行ないますが、遠隔転移の場合はあらかじめ期間の決めることはありません。なるべく長期間にわたって治療できるようプランを立てます。また、使用する薬剤も初回治療のように複数の薬剤を併用するのではなく、1種類ずつ使用して効果が低下してきたら別の薬剤に切り替えていくという方法を取ります。

再発癌・転移癌がホルモン受容体陽性の場合の治療法

再発癌・転移癌のサブタイプがホルモン受容体陽性の場合は、ホルモン療法から始めるのが一般的です。ただし、生命にかかわるような転移がみられる場合は化学療法が優先されます。

ホルモン療法で効果が期待できる場合は、その効果が続く限り治療を継続。ただし、乳癌にはホルモン療法に耐性を獲得する性質があり、治療を続けていくうちに乳癌の性質が変化して治療が効かなる可能性もゼロではありません。そうなった場合は薬剤を変更し、それを繰り返しても効果が得られなくなったら化学療法に切り替えます。

化学療法もホルモン療法と同じく、効果がないと判断されるまで繰り返し実施。それ以降は積極的な治療をせず、生活の質をできる限り長く維持することを目的とした支持療法を行ないます。

閉経前のホルモン療法

閉経前のホルモン療法ではLH-RHアゴニスト製剤と抗エストロゲン薬タモキシフェンから投与を開始し、その効果がみられる限り治療を続けます。効果がみられなくな際には、LH-RHアゴニスト製剤はそのまま続け、抗エストロゲン薬フルベストラントにサイクリン依存性キナーゼ阻害薬パルボシクリブまたはアベマシクリブを併せて使用します。

これらの療法でもに効果がみられなくなったら、化学療法に移行することになります。

閉経後のホルモン療法

閉経後のホルモン療法では抗エストロゲン薬フルベストラントやアロマターゼ阻害薬を使用。がんの性質や進行の度合いによっては、併せてサイクリン依存性キナーゼ阻害薬パルボシクリブまたはアベマシクリブを使います。

フルベストラントやアロマターゼ阻害薬の効果がみられなくなった場合には、mTOR阻害薬エベロリムスや抗エストロゲン薬タモキシフェン、酢酸メドロキシプロゲステロンなどを使用。また、合成エストロゲン薬エチニルエストラジオールを用いることもあります。

閉経前のホルモン療法と同じく、効果がみられなくなったら化学療法に移行します。

再発癌・転移癌がHER2陽性の場合の治療法

再発癌・転移癌のサブタイプがHER2陽性の場合は、抗癌剤と併せて抗HER2薬のトラスツズマブやペルツズマブを使用するのが基本です。

薬剤に耐性ができて効果がみられなくなったら、抗HER2薬のトラスツズマブエムタンシンやラパチニブと抗癌剤カペシタビンを使用。効果を確認しながら併用する抗癌剤の種類を変えていきます。使用される抗癌剤にはカペシタビンのほか、ビノレルビンやエリブリンがあります。

再発癌・転移癌に対する化学療法

手術後の化学療法は複数の抗癌剤を同時に使用し、再発のリスクを下げることを目指します。

それに対して遠隔転移の場合の化学療法は、抗癌剤を1種類ずつ使用します。薬剤に耐性ができて効果がみられなくなったら別の抗癌剤に切り替え、できる限り長期間にわたって治療を続けることを目指します。

再発癌・転移癌がトリプルネガティブの場合の治療法

ホルモン受容体、HER2ともに陰性の乳がんはトリプルネガティブと呼ばれ、ホルモン療法や抗HER2療法の適応がありません。再発や転移がみられた場合は化学療法しか治療の選択肢がありませんでしたが、2019年、新たに免疫チェックポイント阻害薬アテゾリズマブが登場しました。

人間の身体に備わっている免疫には、細菌などの病原体だけではなく癌細胞も敵とみなして攻撃し、排除する働きがあります。その働きにブレーキをかけるのが免疫チェックポイントと呼ばれているたんぱく質の一種です。免疫の働きが暴走してしまうのを防ぐのが免疫チェックポイントの本来の役割ですが、癌細胞はこの仕組みを逆手にとって増殖していること判明しました。癌細胞が免疫チェックポイントのスイッチを入れ、免疫の攻撃を止めていたのです。

前述の免疫チェックポイント阻害薬アテゾリズマブは、癌細胞がPD-L1という免疫チェックポイントのスイッチを入れるのを邪魔します。そうして免疫が癌細胞を排除する働きを正常に戻し、癌細胞の増殖を抑制するのです。

引用:がんの治療法 乳がんが再発・転移 どんな治療を行うの?( https://www.findme.life/contents/breast-cancer/postoperative/metastasis/

再発の検査

「できるだけ早く再発を見つけられたら根治できるのではないか」と、そう考える人は多くいます。しかし、さまざまな検査を定期的に受けて遠隔転移を早期に発見し、すぐに治療したとしても、乳癌と診断されてからの全体の生存期間に変わりはないのが実情です。

血液だけで簡単に調べられる腫瘍マーカー検査が遠隔転移の発見に役立つと考える向きもありますが、腫瘍マーカーは必ずしも癌で異常値になるわけではないのです。腫瘍マーカーのチェックはあくまでも目安なので、腫瘍マーカーに異常がある場合は画像診断なども実施して再発の有無を調べる必要があります。

身体のどこかが少し痛むだけでも再発ではないかと心配になってしまう、それは無理のないことです。気になる症状があれば遠慮せず主治医に伝えてその判断に従い、必要な検査を受けてください。

とはいえ、神経質になりすぎるのも考えものです。念のため、という気持ちはわかりますが、あまりにも頻繁に検査を受け続けるのは精神的にも体力的にも、そして経済的にもおすすめできません。再発予防の治療は受けているはずですから、そこは自信を持って、心身のバランスを崩さないよう前向きな生活を心がけることが大切です。

ただし、癌が反対側の乳房にできたのであれば、早期発見が根治の可能性を高めます。乳癌の手術を受けた場合は、年1回の検診でマンモグラフィーを受けるようにしましょう。

乳癌を再発させないための予防法

乳癌の再発を予防するためには生活習慣の改善が有効といわれています。塩分、アルコールを過剰摂取しない事や適度運動をを行うこと、ストレスを溜めない事は癌の予防に大切な事です。

また術後補助療法は癌再発のリスクを大幅に減少させる事ができます。癌が再発した場合は、癌治療専門病院へ行き、早めに適切な治療を行う事が重要です。

乳がんのステージ

ここではステージごとの乳癌の状態について解説しています。

ステージ分類

0期 乳液の通る管である「乳管」内に癌が留まっている状態(非浸潤癌)。乳がんの始まりであり、しこりはない。
Ⅰ期 癌が乳管を破って外に飛び出している(浸潤癌)ものの、脇の下のリンパ節にまでは達していない状態。しこりの大きさは2㎝以下。
Ⅱa期 浸潤癌が脇の下のリンパ節にまで達しているが、しこりの大きさは2㎝以下の状態。あるいは浸潤癌がまだ脇の下のリンパ節に達していないが、しこりの大きさが2~5㎝に成長している状態。
Ⅱb期 浸潤癌が脇の下のリンパ節にまで達しており、かつしこりの大きさが2~5㎝に成長している状態。
Ⅲa期 しこりの大きさが5㎝以上で脇の下のリンパ節に転移が見られる状態。あるいはしこりの大きさに関わらず、脇の下のリンパ節に転移が見られ、かつ癌細胞によりリンパ節同士が癒着したり石灰化して周辺組織に固定されたりしている状態。あるいは脇の下のリンパ節転移も見られないが、胸骨の内側のリンパ節に転移が見られる状態。
Ⅲb期 しこりの大きさに関係なくしこりが胸壁に固定されていたり、皮膚の浮腫みや潰瘍が見られる状態。
Ⅲc期 しこりの大きさに関係なく、脇の下と胸骨の内側の両方のリンパ節に転移が見られる状態。あるいは鎖骨の周囲に転移が見られる状態。
Ⅳ期 しこりの大きさやリンパ節の転移状況に関係なく、他の臓器にまで転移している状態。

ステージの分類方法

ステージは、国際基準である「TNM分類」に沿って決められます。

癌の大きさや深さ(T)

乳房内で癌がどれ程広がっているか、また乳管内を飛び出して浸潤癌となっているかどうかによって判断されます。

リンパ節への転移(N)

浸潤癌がリンパの流れに乗ってリンパ節に転移すると、癌が発生した臓器から離れたリンパ節にも広がっていく可能性があります。このリンパ節への転移の度合いが判断基準です。

遠隔転移(M)

遠隔転移は癌がリンパ節や血液に入り込んで他の様々な臓器にまで達すること。TNM分類のMにおいては、この遠隔転移有無がポイントとなります。

ステージごとの治療方針

0期

癌が小さい場合には乳房温存手術も可能です。腫瘍部分を広めに見積もって摘出し、周囲の乳腺や脂肪で乳房の形を整えます。術後の薬物療法は基本的に必要ありません。

Ⅰ~Ⅱ期

腫瘍が小さい場合には乳房温存手術が可能ですが、術後放射線療法が必要です。腫瘍が大きい場合には乳房切除術を行いますが、術前に薬物療法で腫瘍を小さくできれば乳房温存手術を行う場合もあります。

手術の際にはリンパが最初に流れ着く場所である「センチネルリンパ節」への転移がないかを調べ、転移が認められなければ手術は終了です。もし認められればその部分も周囲の脂肪と一緒に切除。術後は再発予防のために薬物療法か化学療法、分子標的治療のいずれか、あるいはそれらを組み合わせた治療が行われます。

Ⅲ~Ⅳ期

癌が他の臓器に広がっている可能性があるため、摘出手術ではなく薬物療法がとられます。しかし、薬物療法の効果によっては摘出手術が可能になる場合も。そのケースでは乳房切除術の後に再発防止のために放射線治療が行われます。